スポンサーリンク
カテゴリー

『月光』(鬼束ちひろ)の音域

こんにちは。今回は鬼束ちひろの『月光』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は久々に自選曲です。当ブログで鬼束ちひろさんを取り上げるのは今回が初めてです。


『月光』(鬼束ちひろ)、Gekkou(Chihiro Onitsuka)

『月光』(鬼束ちひろ)










【地声最低音】mid1F#(F#3) 

m1F#[How] do I live on such a field?

※ラストで1回だけ登場。ここ以外ではmid2Aが最低音

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★ためhiA#[に]hiB[生]A#[ま]B[れ]hiC#地[た]B[ん]A#[じゃ]ない
★せなhiA#[か]hiB[につ]A#[め]B[あ]hiC#地[と]B[を]
★どこhiA#[に]hiB[も居]A#[場]B[所]hiC#地[な]B[ん]A#[て]B[無い]

※転調サビ(+2)で登場。通常サビではhiBが最高音

【裏声最高音】hiD#(D#5) 

★背中に爪跡をA#[付]けて B[イ]C#[エ]hiD#[エ]

※転調サビで2回登場

【補足】mid2GhiC辺りの注意箇所

m2G[と]hiA[っ]hiA#[ぷうに]A[埋]G[も]れる足取り(Aメロ)
m2G[た]hiA[お]hiA#[れそ]A[う]A#[な]A[る]G[を]ぉぉぉ
★あなhiA[た]A#[のか]A[ん]A#[か]hiC裏[く]A#[だ]A[け]が散らばって

★不愉快に冷たm2G#[ぁい]hiA[とか]G#[ぁ]A[ぁ](Cメロ)
hiA[最後になど]手を伸A[ばさ]m2G#[ない]A[で] 
★わm2G[た]しをG[静寂]hiA[か]hiA#[ら] 時間は痛みを 
★加速させてm2G#[行く] hiA#[uh]G#[uh]

m2G#[I] hiA#[am] hiB[GOD’S] A#[チャ][ァ]ァィルド
G#[せ]hiA#[か]hiB[いに]A#[堕]B{と]A#[さ][た][ぁ]
★I am GOD’S CHILD 哀m2G#[しい]hiB[お]G#[は]

※☆の部分はCHILDだと音域表記が難しいので、カタカナにしてあります。


 まず、鬼束ちひろ(おにつかちひろ)さんについて少し説明します。鬼束ちひろさんは2000年にメジャーデビューした女性シンガーソングライターです。2001年にリリースされたシングル『月光』や『眩暈』(めまい)などがヒットし、1stアルバム『インソムニア』が日本ゴールドディスク大賞の部門賞を受賞しました。
 ボーカルの声質なども非常に特徴的なのですが、同時に作詞が非常に評価されているソングライターでもあり、詞を先に制作した上で作曲する体制を取っているそうです。シングル曲の『眩暈』は日本レコード大賞で作詞賞を受賞しております。鬼束ちひろさん自身は体調不良などもあり、休業に悩まされましたが、現在も活動を継続しております。私自身は『流星群』という楽曲が非常に気に入っております。
____

 さて、『月光』についてです。この楽曲は、2000年にシンガーソングライターの鬼束ちひろさんによりリリースされたシングル作品です。『トリック』の主題歌として起用され、大きなヒットを記録しました。鬼束ちひろさんの代表的な作品の1つです。鬼束ちひろさんのYouTube公式チャンネルではMVが公開されており、2020年5月現在、6000万回以上の再生回数を記録しています。

 『月光』はピアノを基調としたバラード作品です。サウンドアレンジとしては鬼束さんのボーカルが活きるようにシンプルなものになっております。ラストのサビでは転調が行われ、キーが通常のサビよりも2つ上がります。通常のサビではhiBが、ラストのサビではhiC#が地声最高音となります。
 



 さて、『月光』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#についてです。この音階は、楽曲のラストに1回だけ登場します。女性の声域から考えるとやや低めの音であります。慣れないうちは、別の音に置き換えてもよいのではないかと思います。この場面を除くと、Cメロ登場するmid2Aが最低音になります。キーを調整する際はmid2A辺りを低音部分の基準に考えるとよいと思います。

 さて、地声最高音hiC#はラストのサビで登場します。『月光』はラストのサビで転調が行われ、通常のサビと比べてキーが2つ上がります。よって、通常のサビではhiBが地声最高音になります。普段歌い慣れない人が原曲キーで練習する際は、まず通常サビを上手く歌いこなせることを意識するとよいと思います。
 ラストのサビのhiC#は一般転機な女性の音域の範囲内といえます。ただ、高音域が苦手な女性などは場合によってはキーを下げてもよいのではないかと思います。
 
 『月光』は、一般的な女性の音域をいっぱいに使って歌唱されております。よって、図などを見る限り、キーの調整は行いにくいように見えます。ただ、。先にも述べましたように、地声最低音はラストに瞬間的に1回登場するだけでありますので、キーを調整する際は2番目の低音であるmid2A辺りを基準に考えるとよいのではないかと私は考えております。
 よって、『月光』はmid2A辺りを低音部の起点に考えますと、キーを下げる余地が少しあります。高音域が苦手な人や、歌い慣れない人もキーを下げることが可能なのではないかと思います。
 ただ、練習曲に向いている楽曲は、他にもあると思います。キー調整で歌いにくい場合は、別の曲で練習した上で再チャレンジするのもアリだと考えております。

 『月光』はバラードなので、盛り上がる類の曲ではありません。ただ、のど自慢コンテストやカラオケバトルなどをテレビで拝見していると、よく選曲に上がる作品の一つでもあります。歌いこなせると非常に気持ちよく、またボーカルの良さが映える作品だと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする