スポンサーリンク
カテゴリー

『あの夢をなぞって』(YOASOBI)の音域

こんにちは。今回はYOASOBIの『あの夢をなぞって』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。YOASOBIについては、以前『夜に駆ける』を取り上げて以来、2回目となります。


『あの夢をなぞって』(YOASOBI)、Ano Yume wo Nazotte

『あの夢をなぞって』(YOASOBI)










【地声最低音】mid1D#(D#3) ※曲全体で1回だけ

★思わず目を逸らしてしまっm1D#[た]のは

※落としても違和感はほぼ無いです。ここ以外ではmid1Fが最低音


【地声最高音】hiE(E5)  ※転調(+1)サビで登場

★たhiC#[ど]hiB[り]C#[着]hiD[い]hiE[た]C#[み]B[ら]いで
★あの日見たhiB[ゆ]hiC#[め]B[の]C#[さ]hiD[き]hiE[へ]

※3回登場します

【補足】mid2G#(一部略)hiD辺りの

m2G#[どう]やったって わhiA#[す]れられないき[み]hiA[の](Bメロ)
★ことG#[ば] 今も]ずっ[と][い]G#[る]hiC[か]hiA#[ら]

★夏の空に未来m2G#[と]hiC[い]hiA#[ま](Cメロ) 
hiA#[繋]hiC[が]A#[る]G#[様]に開くはA#[な]hiA[び]
★あG#[の]A#[ゆ]hiC[め]G#[な]C[ぞ]A#[る]

hiC#[Ah] hiA[よ]hiD[る]C#[の]hiB[な]C#[かで] (転調サビ)
★大hiC#[丈夫]hiD[お]C#[もい]hiB[は]hiA[きっ]と 大hiB[丈夫]A[わる]
hiB[ほら]hiA[さ]B[い]C#[ご]B{の]A[は]なびが
★いA[ま] hiD[ふ]hiC#[た]hiA[りをつ]B[つ]A[む]



 まず、『あの夢をなぞって』についてです。この楽曲は、2020年に音楽ユニットYOASOBIによりリリースされたシングル作品です。配信限定作品です。この楽曲は、いしき蒼太さんの小説『夢の雫と星の花』をモチーフに書かれた楽曲です。

 『あの夢をなぞって』はピアノを基調とした疾走感のあるポップナンバーです。以前レビューした『夜に駆ける』と比べて、エバーグリーンかつ爽やかな作品です。10代の恋愛を思わせるような歌詞内容も非常に甘酸っぱくて良いです。私自身は、少し前にレビューしたsupercellの『君の知らない物語』などが想起させられました。アニメの主題歌などに起用されても違和感が無いように感じます。

 『あの夢をなぞって』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、音域が広めであり、キーの調整などは行いにくいです。また、サビのキーも高めであります。ラストのサビでは転調し、キーが1つ上がります。ある程度歌が得意な人向けの作品なのではないかと思います。




 さて、『あの夢をなぞって』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて高く、そして広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。この辺りは女性ボーカルの曲としてはかなり低いです。ただ、曲全体で1回だけで、mid1Fなどに置き換わっても違和感は少ないです(カラオケの機種によってもmid1Fで判定しているものもあるようです)。あまり気にしなくてよいと思います

 一方、地声最高音hiEについては、ラストのサビで3回登場します。同曲はラストのサビで転調するので、通常のサビではhiD#が最高音になります。この辺りの音階は一般的な女性の音域よりも高いです。キーを下げることも選択肢として考えてください。ただ、同曲は音域が広めですので、キーを下げる余地は少ないです。

 『あの夢をなぞって』は音域が広めであり、低音にも高音にも余地が少ないです。よって、キーの調整などは行いにくい作品といえます。歌い慣れた人が、少し調整するといった形でのキー調整が自然なのではないかと思います。
 よって、普段歌い慣れていない人にはあまり向かない作品といえます。練習曲などにも使いづらいと私は考えております。難易度としては滅茶苦茶に高いわけではないですので、別の曲で歌い慣れた上で、この楽曲にチャレンジした方が良いと思います。

 『あの夢をなぞって』は難しめの作品ですが、爽やかで疾走感もあり、若い人を中心にカラオケなどでも歌いやすいのではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。多くの人に届きうる普遍性のある作品だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする