こんにちは。今回は乃木坂46の『インフルエンサー』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。乃木坂46の楽曲を取り上げるのは今回が初めてとなります。


『インフルエンサー』(乃木坂46)、Influencer(Nogizaka46)
『インフルエンサー』(乃木坂46)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★君がどこで何をしているm1D#[か] (Aメロ)
m1D#[気]になってしまうんだ


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビ2回ずつ登場

hiC#[君を]hiB[さ]hiA#[がし]てばA#[か]り(サビ) 

※裏声で歌唱しているメンバーもいるようです


【補足】mid2G#hiB辺りの注意点

hiA#[ブン]m2G#[ブン]ブン G#[ブン]ブンブン(イントロ)
★いつだって知らないうちに 僕m2G#[は]見まわしている(Aメロ)
★世界から言葉なんか 消m2G#[えてしまえば]hiA#[い](Bメロ)

hiA#[地球と太陽]みたA#[い]m2G#[に] (サビ)
hiB[光と影が]生まB[れ]A#[て]
★距離は縮まらなhiA#[い]


 まず、『インフルエンサー』についてです。この楽曲は、2017年に女性アイドルグループ乃木坂46によりリリースされたシングル作品です。アルバム『生まれてから初めて見た夢』に収録されております。YouTubeの公式チャンネルでは6000万回を超える再生回数を記録しており、カラオケなどでも人気の高い作品です。2020年8月現在、乃木坂の代表的な作品の1つといってもよいと思います。

 『インフルエンサー』はラテン調のアップテンポなポップナンバーです。作詞は秋元康さん、作曲はすみだしんやさん、編曲はAPAZZI(アパッチ)さんによりなされています。すみださんはAKB48の『フライングゲット』の作曲でも知られており、APAZZIさんはAKBグループや坂道シリーズの編曲でもお馴染みのアレンジャーです。作詞も素晴らしいのですが、私自身はとりわけ作曲アレンジが非常に耳に残りました
 



 さて、『インフルエンサー』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内ですが、低音部分が低めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#についてです。Aメロに登場します。当ブログではこれまで何曲も音域調査をしてきたのですが、女性の最低音としては大体mid1D辺りが下限になっています。低音域が苦手な女性はmid1F#等に置き換えても良いと思います。

 一方、最高音についてですが、サビでhiC#が2回ずつ登場します。ここは便宜上地声最高音にしておりますが、よく聴くと裏声で歌唱しているメンバーもいるようです。人によっては裏声で歌唱してもよいです。サビで多く登場するhiB,hiA#辺りを安定的に歌唱できると形になりやすいと思います。

 『インフルエンサー』は音域自体が広めであり、とりわけ低音部分が低いです。よって、キー下げには向きにくいです。高音部分を安定させるために少し下げる程度のキー調整がよいと思います。
 その点で、歌い慣れていない人の練習曲としては少し使いにくいと思います。もしキーを下げて練習するときは、Aメロはあまり気にしなくてもよいです。
 
 ただ、高音域自体はそこまで高くないですので、歌い慣れた人には比較的手を付けやすい一曲なのではないかと思います。複数で歌唱しても良いと思います。

 最近は男性でも声の高い人が増えていますが、高音域が非常に得意な男性が3~4人ほど集まれば、原曲キーで歌唱することも可能ではないかと思います。