スポンサーリンク
カテゴリー

『us』(milet)の音域 /ドラマ『偽装不倫』主題歌

こんにちは。今回はmilet(ミレイ)の『us』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が一部カットされた形で公開されております。ただ、カットされている部分はアウトロの数十秒ですので、今回はほとんど影響がありません。

『us』(milet[ミレイ])の音域

『us』(milet)










【地声最低音】mid1F#(F#3) 

m1F#[Don’t let] me go 1秒先もわかm1F#[ら]ない(Aメロ)
m1F#[こ]のキスでどうか終わりにしないm2F#[で] (Bメロ)
★全部嘘でm1F#[も]あなたに触れていm2F#[たい]

★わかってるでしょ m1F#[I] want you(2番サビ)
★残さず見ててほしm1F#[いの](Cメロ)

【地声最高音】hiC#(C#5)  ※サビで登場

hiC#地[抱]hiA#[ぁき]m2G#[し][て]よ(頭サビ)
hiD#[き]hiC#[だと]hiA#[言]m2G#[って][まえ]C#地[れ]A#[ば](サビ)

※☆のhiC#は裏声にも聞こえますので、参考程度に。


【裏声最高音】hiD#(D#5) ※サビで登場します

★好hiD#[き]hiC#[だと]hiA#[言]m2G#[って][ま]A#[えば](サビ) 
★ I hiD#[want] hiC#[you]


【補足】mid2G#hiB辺りの注意点

★(何かが)変hiB地[わ]hiA#[る]G#[か]な(サビ)

★この話のつm2G#[づ]hiA#裏[き]を now(Aメロ)
★今F#[だ]m2G#[け]F#[は](Bメロ)
★ I want F#[you] m2G#[now]
hiA#[消えて]hiB[し]A#[まう]m2G#[か]な Will you stay?(1番サビ)

★あなたの前じゃもう何もやm2G#[く]hiA#[に]立たないのぉ(2番Aメロ)
★(間違いだらけ直さないでいて) 今m2F#[だ]m2G#[け]jhiA#[は](2番Bメロ)



 まず、milet(ミレイ)さんについて少し説明します。miletさんは2018年より活動する女性歌手です。2019年にリリースされた『inside you』がドラマの主題歌に起用され、大きな話題を呼びました。また、今回取り上げる『us』も同様にドラマの主題歌として話題を呼び、YouTubeの公式MVは多くの再生回数を記録しています。
 miletさんは自身で作詞作曲も行ったりしますが、他の作家と共作されることも多いです。カナダへの留学経験があり、英語と日本語を使い分ける作詞スタイルです。
 私なりのmiletさんのイメージですが、歌声だけでなく抑揚の付け方が非常に特徴的だと感じました。外国人の歌手が日本の歌謡曲を歌唱しているような、日本人っぽくない発声・抑揚で、良い個性になっています。

_____

 さて、『us』についてです。この楽曲は、2019年に女性シンガーソングライターのmiletさんによりリリースされました。EP作品の『us』に収録されています。

 『us』はテレビドラマ『偽装不倫』のために書き下ろされた作品です。ドラマの主題歌ということもあり、多くの人の耳に届くことになりました。miletさんのYouTube公式チャンネルでは、2020年6月現在、2000万回近い再生回数を記録しています。

 『us』はピアノやアコースティックギター、ストリングスなどを交えたポップナンバーです。デビュー曲の『inside you』などと比べて、ポップ感が強調されています。ドラマなどに合いそうなナンバーです。歌メロについては、冒頭からサビが登場し、AメロBメロサビといった形で作られています。こうした構成も主題歌っぽいです。
 
 『us』の音域的な特徴についてです。図にも示していますが、一般的な女性の音域を覆うように歌メロが作られています。歌い慣れた人であれば、手を付けやすいのではないかと思います。同曲は、最低音域のmid1F#が多く登場しますので、低音が苦手な方は少し歌いにくいかもしれません。



 最後に、『us』音域についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3) ~【地声最高音】hiC#(C#5)、【裏声最高音】hiD#(D#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1F#についてです。同曲では地声最低音mid1F#が比較的多く登場します。低音部分が苦手な方は少し辛いかもしれません。逆に、低音域が魅力的な人には見せ場になります。

 一方、地声最高音hiC#はサビで登場します。回数としては、各サビで1~2回ずつです。その他の高音階としてhiBやhiA#が多く登場します。まずは、hiB,hiA#辺りを安定的に歌唱できることを目指すと良いと思います。サビが少し長めですので、意外と持久力が必要かもしれません。
 この辺りは、一般的な女性の音域の範囲内ですが、高音域が苦手な方はキーを少し下げても良いと思います。

 『us』は音域がやや広めの作品であります。キーの調整は少しは可能ですが、歌い慣れていない人が調整するには少し融通が利かない部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。キーを調整しても難しい場合は、別の難易度の低い曲と並行して練習すると良いと思います。
 一方で、ある程度歌い慣れて、カラオケが得意な方などは手を付けやすいのではないかと思います。

 『us』は音域的には難易度が滅茶苦茶に高い作品ではないと思います。ただ、miletさんの抑揚や発声の仕方などを表現しようとすると、難しい部分が出てくると思います。そうした点も含めて、歌い慣れた人が表現力を向上させるのに良い作品ではないかと私は考えております。





 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする