スポンサーリンク
カテゴリー

『Fire Arrow』(milet)の音域

こんにちは。今回はmiletさんの『Fire Arrow』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。当ブログでmiletさんについて取り上げえるのは、us(過去記事)以来2回目です。


『Fire Arrow』(milet)
『Fire Arrow』(milet)









【地声最低音】mid1D#(D#3) 
m1F[Let’s start] m1D#[the] F[game], come on【サビ】
m1F[Fight on] m1D#[the] F[ground ]we made F[with fire arrow]

※☆の方のmid1D#は少し曖昧です。


【地声最高音】mid2F(F4)  

★Oh m2D#[I] m2F[see] [you], [flying fi][re][a]rrow【サビ】


【補足】mid1Fを含むフレーズ一覧

m1F[Now I hear the] sound 砕けF[る]【Aメロ】
m1F[でも] yeah [we’re] all [a]lone F[だ]F[らし]がみつく
★Can you m1F[see?] Can you [say?]  【Bメロ】

★ arrow a[rrow]【サビ】
m1F[Just place your cards] face down

m1F[I hear the] sound It’s coming coming【Cメロ】


 まず、『Fire Arrow』(ファイアー・アロー)についてです。この楽曲は、2019年に女性歌手のmilet(ミレイ)さんによりリリースされたEP作品『us』に初収録されました。アルバムとしては、2020年にリリースされたフルアルバム『eyes』に収録されております。
 同曲は、シングル曲ではありませんが、MVが制作されており、再生回数は100万回超を記録しております。

 『Fire Arrow』はダークな雰囲気が特徴的なスローナンバーです。作詞作曲についてはmiletさんの他に、岡嶋かな多さん、Ryosuke “Dr.R” Sakai(サカイ・リョウスケ)さんによりなされております。どちらも多くのアーティストに楽曲提供、アレンジを行っております。岡嶋かな多さんについては、当ブログでは、以前に家入レオさんの『未完成』(過去記事)を取り上げました。サカイ・リョウスケさんは元歯科医からプロデューサーに転身した異色の経歴を持っており、日本のみならずオーストラリアなどでも活躍しております。

 『Fire Arrow』の音域的な特徴についてです。楽曲のダークなイメージとマッチするような低音域が活きた歌唱となっております。図にも示すように、女性キーとしてはかなり低めのレンジで歌メロが作られております。女性が低音域を練習するのに良い楽曲だと思いますし、また男性でも歌唱することは可能だと思います。miletさんのボーカルのニュアンスなども真似してみると良いかもしれません。



 さて、『Fire Arrow』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2F(F4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域よりも低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はサビで登場します。低音が苦手な方はmid1Fで代用しても良いかもしれません。同曲は、女声としては低めのmid1Fが頻出します。低音域を練習するには非常に良い曲なのではないかと思います。

 一方、地声最高音mid2Fはサビで登場します。登場回数としてはそこまで多くなく、男性でも歌唱可能だと思います。よって、歌メロを歌うだけであれば、そこまで難易度は高くないと思います。
 ただ、実際に楽曲を聴いてみると分かりますが、エッジがかったmiletさんのボーカルがかなり独特な雰囲気を作り出しております。そうしたmiletさんの歌い方も踏まえた上で練習に励むと表現の幅が広がるのではないかと思います。

 『Fire Arrow』は音域自体も広くなく、キー調整はしやすいです。低音域が苦手な女性はキーを上げて歌唱しても良いと思います。

 『Fire Arrow』は低音が活きたナンバーになっております。最近は女性でも低めのキーを使いこなす人が増えております。低音を練習したい人など、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。私自身は、miletさんの作品でも非常に耳に残った1曲でした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする