こんにちは。今回は久保田利伸さんの『LA・LA・LA LOVE SONG』(1996)を取り上げたいと思います。リリース名義としては、久保田利伸 with NAOMI CAMPBELLとなります。よろしくお願いします。


『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)
『LA・LA・LA LOVE SONG』(久保田利伸 with NAOMI CAMPBELL)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※Aメロで登場

★街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う(Aメロ)


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※サビやCメロで頻出

★まわれm2G#[まわ]m2F#[れ]メリーゴーラウンド(サビ) 
★LA・LA・LA・m2G#[LA]・LA G#[LO]VE G#[SONG]

m2G#[ためい]きのm2F#[ま]G#[え]に(Cメロ) 
★ここにおいm2F#[で]m2G#[よ]


補足】mid2Emid2Gの注意点

★もうけm2E[して止ま]らないように(サビ)

★ドm2E[シャ]m2F#[降り]E[の]午後を待っm2F#[て](Aメロ) 
★傘をm2E[く]m2F#[れ]た君と

★めm2E[ぐ]m2F#[り会]m2G[え]F#[た]E[奇]跡が(Bメロ)


 まず、久保田利伸(くぼたとしのぶ)さんについて少し説明します。久保田利伸さんは1986年にメジャーデビューした男性シンガーソングライターです。ジャンルとしては、R&B、ソウル、ファンクなどにあたります。日本では90年代後半頃から、R&Bが大きく隆盛しますが、それ以前の80年代に大ヒットを生み出した久保田さんはブラックミュージックをパイオニア的な存在でもあります。
 久保田利伸さんの代表的な作品としては、『流星のサドル』、『Missing』、『LOVE RAIN 〜恋の雨〜』などが知られております。『Missing』はダウンロードランキングでもトリプル・プラチナに認定されており、2010年代以降も人気が継続しております。また、今回取り上げる『LA・LA・LA LOVE SONG』もとりわけ知名度が高い1曲でもあります。

____

 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』についてです。この楽曲は、1996年に久保田利伸さんによりリリースされたシングル作品です。同曲は、テレビドラマ『ロングバケーション』の主題歌となりました。同ドラマが爆発的な視聴率を記録したこともあり、久保田利伸さん自身としても初のシングルチャートの首位を記録、年間シングルランキングの3位に輝きました。久保田さんの代表的な楽曲の1つとして知られております。
 
 『LA・LA・LA LOVE SONG』はミディアム~アップテンポのR&B曲です。クレジットにもあるように、イギリスのファッションモデルであるナオミ・キャンベルさんが、デュエットとして参加しております(音域については、久保田さんのみを分析しております)。







 さて、『LA・LA・LA LOVE SONG』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な男性の音域より少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#についてですが、サビやCメロで多く登場します。歌い慣れた男性であっても、このmid2G#辺りからスムーズに発声できなくなる人が増えていきます。同曲では、それが多く登場するので、場合によってはキーを下げて歌唱するのも選択肢です。

 また、『LA・LA・LA LOVE SONG』は、【街にm1F#[飛び]m1D#[出]F#[そ]う】など最低音を含む3フレーズを除いた全ての場面で、mid2E以上の音階が登場します。そうしたこともあり、中高音域を1曲分歌いこなす持久力も要求されます。

 『LA・LA・LA LOVE SONG』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整もしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整もある程度は可能なのではないかと思います。
 一方で、久保田利伸さんは歌唱力が評価されている歌手でもあります。よって、同曲もある程度歌い慣れた人がチャレンジした方が原曲の表現に近づきやすいです。メロディーを歌いこなすだけでなく、リズム感やテクニカルな部分においても、学びの多い楽曲なのではないかと思います。