こんにちは。今回はシン&ふうかの『体の芯からまだ燃えているんだ』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、今回は主旋律のみを分析しております。その点はご了承ください。


『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン(阿部サダヲ)&ふうか(吉岡里帆))、Karada no Shin kara Mada Moeteirunda (Shin[Sadawo Abe]&Fuuka[Riho Yoshioka])
『体の芯からまだ燃えているんだ』(シン&ふうか(吉岡里帆))









【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★血の味混じm1G#[ぃ]りで[う]たをうG#[たう](Aメロ)
m1G#{あ]の日聴[いた最強の]ロックをG#[歌]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※イントロで2回

hiD#[じん]hiC[せ]いがぁ(イントロ[女]) 

※男性パートの最高音はhiC#になります


【裏声最高音】hiF(F5) ※主にサビやCメロで登場

★(あの日から)変わhiF裏[ら]hiD#[ない](サビ)
hiF裏[と]hiD#[どいて]hiC地[い]hiA#[ますか]ぁ(2番Aメロ[男])

ロッhiF裏[クン]hiD#[ロー]ルに終hiA#[わ]hiC[り]A#[は]ない(Cメロ)
hiF裏[た]hiD#[ら]しいうhiC地[た]hiC#[ご]C[え]で(ラストサビ)


【補足】hiA#(一部のみ)hiC#の注意点

★燃え尽きるまhiC[で]hiC#[ぇ]C[ぇ]ぇ(イントロ)
★きっとこうしてさhIC[け]hiC#[ぶ]C[のさ]ぁぁ

★ボリュームを上げてやるわ いぇhiA#[え]hiC[え]A#[え]え(Aメロ)
★さhiA#[か][ち][こ]hiC[ろ]んで(Bメロ)
★(届け) とhiC[ど]け とhiC[ど]hiC#[ぉ]C[ぉ]

★こhiC[わ]れたギターで奏でよhiA#[う]C[か] (サビ)
★あhiC#[た]hiC[ら]しい C#[メ]C[ロ]ディー
★(焦がした心が)ふhiC[る]hiC#[え]C[る]hiA#[のは]ぁ 
★かhiC#[ら]hiC[だ]の芯からまC#[だ]C[燃]えているhiA#[んだ]

★あm2G#[の]日うまれたロックをG#[ぉ]hiA#[ぉ](2番Aメロ)
hiC[聴][え]て[い]hiC#[ます]C[か] 
☆あhiC#[の]hiC[と]hiA#[き]の(あの夜の)
☆私のままじゃhiC[な]hiC#[い]C[のよ]

小さく揺れていた 魂のかhiA#[げ]ろm2G#[う](2番Bメロ)

hiC[こ]と[ば][死][ない] [う][い][づ]hiC#[け][る]さ(Cメロ)
★ただhiC[人]生が燃え尽C[き]hiC#[る]C[ま]

※☆の部分は男性パートのソロで地声最高音hiC#です。


 まず、『体の芯からまだ燃えているんだ』についてです。この楽曲は、映画『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』のために制作されたもので、女性シンガーソングライターのあいみょんさんが楽曲提供しております。ボーカルは主演のシン(阿部サダヲ)とふうか(吉岡里帆)さんが担当しております。
 ちなみに、阿部サダヲさんはハードコアパンクバンドの『グループ魂』のボーカルとしても活動されており、2005年には紅白歌合戦にも出場しております。

 さて、『体の芯からまだ燃えているんだ』はアップテンポのロックナンバーです。編曲・演奏はロックバンドのTHIS IS JAPANが担当しております。
 歌メロについては、ロックナンバーということもあり、AメロBメロサビと非常にテンションが高いです。女性ボーカルの視点で見るとhiC#が頻出し、少し高めの印象です。一方、男性から見ると、最高音hiC#が複数回登場しますので、かなり高めです。男性パートは女性が担当しても良いかもしれません。 




 さて、『体の芯からまだ燃えているんだ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiD#(D#5)、【裏声最高音】hiF(F5)で歌メロディーが構成されております。男声パートはhiC#が地声最高音、裏声最高音はhiFになります。女性パートは高めであり、男性パートはかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiD#は冒頭で登場します。イントロのみの登場なので、回数としては少なめです。ただ、上述のように、同曲はhiC#が乱舞します。このhiC#辺りは女性曲の音域の範囲内ですが、登場回数が尋常ではないのです。よって、女性はキーを少し下げて歌唱しても良いと思います。

 一方、男性パートの地声最高音はhiC#になります。2番のAメロでの登場になります。登場回数は少ないですが、まるでWANIMAのKENTAさんのようなボーカルが展開されます。この辺りは普通の男性よりもかなり高いです。キーを下げた方が歌いやすいと思います。

 『体の芯からまだ燃えているんだ』は音域自体がやや広めであります。もしデュエットする場合は、男女のキーの差もあるため、キー調整の余地は少ないです。その場合は、高音域が得意な男性を据えるか、女性が男性パートを歌唱しても良いと思います。
 男性が一人で歌唱する場合は、原曲キーは現実的ではありません。目安としては、キーを4つ上げて、1オクターブ下を歌唱するのが良いと思います(最高音がmid2Gに設定されます)。男女ともに歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。ただ、余裕は少ないかもしれません。もしキー調整しても難しいと感じた場合は、別の曲と並行して練習してください。

 難易度としては、難曲というわけではないが、ある程度歌い慣れておく必要があると思います。ロック色が強いので、特に女性はそうした発声をしっかり練習しておいた方がよいです。