こんにちは。今回はONE OK ROCKの『未完成交響曲』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『未完成交響曲』(ONE OK ROCK)、Mikansei Koukyoukyoku
『未完成交響曲』(ONE OK ROCK)









【地声最低音】mid2A(A3)  

★100点じゃないこのぼm2A[く]に(サビ前)


【地声最高音】hiC(C5)  ※AメロとCメロで登場

★未未hIC[完]hiA[成]さ!!そう僕A[は] hIC[完]hiA[成]なんだ(Aメロ冒頭)

★まちhiC[がっ]たっていいじゃん!!(Cメロ)
★おのhiC[れの]hiA#[人]hiA[生]だ!!

※曲全体で7回登場します


【補足】hiAhiA#の注意点

★生きるm2G[か][り][々]ど[りょ]く[し][そ]hiA[の][た][に](Aメロ) 

hiA#[もし]も僕が明日死んでhiA]も](Bメロ)
★そんhiA[な]人間になりたいありたいって思いながら 日々hiA[生]きてる

★他hiA[で]もない僕A[自]A[だ!!](サビ)

※m2Gを入れると煩雑になるので今回は殆ど省略しておりますが、登場回数は多いです。


 まず、『未完成交響曲』についてです。この楽曲は、2010年にロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたアルバム『Nicheシンドローム』(ニッチシンドローム)に収録されております。アルバムの終盤に収録されている人気曲です。

 『未完成交響曲』は疾走感のあるアップテンポのロックナンバーです。歌メロ音域の特徴についてですが、キーが高く、音域自体は広くありません。
 こうした「①キーが高め、②音域自体は狭い」という特徴を備えた曲は、原曲キーでは難易度が高いことが多く、持久力も要求されます。『未完成交響曲』でもこの傾向に強く当てはまります。
 AメロBメロでは、サビ直前を除いて、全てのフレーズでhiA以上の音階が登場します。サビでは、記載はしておりませんが、全てのフレーズでmid2G以上のフレーズが登場します。楽曲全体がほぼサビのような音域とテンションで駆け抜けます。



 さて、『未完成交響曲』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCについてですが、AメロとCメロで登場します。回数は6回です。この場面も高いのですが、同曲は、hiAの登場回数が非常に多いです。よって、高音域を使いこなす力だけでなく、持久力も要求されます。これらは一般的な男性の音域よりも高いですので、キーを下げた方が歌いやすいです。原曲キーの難易度は高いです。

 さて、『未完成交響曲』は音域自体は広くなく、キー調整はしやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能であると思います。ただ、ボーカルのTakaさんのニュアンスなどを考えると、キーを調整するにしてもエモーショナルに歌いこなす必要があります。歌い慣れていない人がキーを合わせても上手く歌いこなすのは難しいです。その点を留意して、練習を重ねたいところです。
 
 『未完成交響曲』は原キーでは難易度が高く、キー調整するにしてもしっかり歌い慣れておく必要があります。その点でハードルは高いですが、カラオケなどでは盛り上がりやすい作品です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。