スポンサーリンク
カテゴリー

『ダンスの理由』(平手友梨奈)の音域

こんにちは。今回は平手友梨奈さんの『ダンスの理由』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ダンスの理由』(平手友梨奈)、Dance no Riyuu(Yurina Hirate)
『ダンスの理由』(平手友梨奈)









【地声最低音】mid1D#(D#3) 

★夢のようなm1F[ターン]m1D#[決め]F[よう]【サビ】
★誰もいなm1F[かったか]m1D#[ら]【2番サビ終了後】 
m1F[仕方なく踊るしかなかったん]m1D#[だ]

※☆の部分は少し自信が無いです

【地声最高音】hiC#(C#5)  

★私が踊り続けhiC#[れ]hiB[ば] 世界が許すと言うの[な]B[ら]【ラストサビ[+1]】 
★いつまでだって hiC#[Ke]ep going yeah
★何度だっておhiB[どる]hiC#[よ]

※通常のサビではhiCが最高音になります。

【補足】mid2G#hiCを含むフレーズ一覧(通常のサビは除く)

★とおい場所から希望は見えているのm2G#[か?]【Aメロ】

★何も 何も 何もm2G#[ない]【2番サビ前】
★アンhiC[ダー]hiA#[ス]C[タンド]


 まず、平手友梨奈(ひらてゆりな)さんについて少し説明します。平手友梨奈さんは女性アイドルグループ欅坂46(現・櫻坂46)の2016年から2020年初旬まで活動しました。『サイレントマジョリティー』が大きな話題を呼ぶなど、グループでは絶対的エースとして活躍されておりました。2020年末ごろから、ソロとして歌手活動を開始、今回取り上げる『ダンスの理由』が配信限定のシングルとしてリリースされました。
 グループでは中心的な活躍をされたアイドルですが、ソロとしても益々の活躍が期待されます。平手さんは女優としても活躍されておりますので、今後は自身の主演するドラマなどで主題歌を担当することもあるかもしれません。近年は俳優の方が主題歌を一緒に担当し、それに伴るヒットも多くなっております。
___

 さて、『ダンスの理由』についてです。この楽曲は、2020年に女性歌手の平手友梨奈さんによりリリースされたシングル作品です。作詞を秋元康さん、作曲を平手さん、辻村有記さん、伊藤賢さんが担当しております。アレンジは辻村さんと伊藤さんが担当しております。辻村有記さんについては
、当ブログで取り上げた三浦春馬さんの『Night Diver』(過去記事)について、作詞作曲アレンジを担当しております。

 『ダンスの理由』はエスニックなアレンジのポップナンバーです。歌メロについては低音域が強調されており、女性としてはややしんどいです。私なりのイメージですが、高音域が得意な男性は比較的合いやすいかもしれません。ラストのサビでは転調が行われ、キーが1つ上がります(#1)


 さて、『ダンスの理由』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域と比べて、低音域がややきつめです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1D#はサビ等で登場します。低音域は少し音程がズレてもミスが目立ちにくいのですが、苦手な方は少しキーを上げても良いかもしれません。女性曲としては低音部がかなり低めになります。

 一方、地声最高音hiC#はラストのサビで登場します。回数は4回程度で多くはありません。同曲はラストのサビで転調しますので、通常のサビではhiCが最高音となります。ポップスの女性曲としてはそこまで高くなく、一般的な女性であれば、努力すれば届く可能性が高いです。ただ、高音域が苦手な女性は少し歌いにくいかもしれません。

 『ダンスの理由』は音域自体が広めであり、特に低音域が低いです。よって、キーを下げるのはかなり難しいです。高音域が得意な女性がキーを上げて調整するといった形が多くなるのではないかと思います。普段歌い慣れていない人向けのキー調整は難しいです。
 『ダンスの理由』は難易度が滅茶苦茶に高いというわけではないですが、キー調整の融通が利きにくく、練習曲としても使いにくいといえます。主にサビ前まではmid2G#辺りまでが登場し、サビ以降はhiC辺りまで登場します。サビとメロでメリハリが効いております。サビは低音と高音を上手く使いこなすことが求められます。アイドルの曲としてはやや手を付けにくい印象です。

 私自身はまだあまり歌えてないのですが、もしかしたら高音域が得意な男性には意外と合いやすいかもしれません。ヒゲダンなどが歌いこなせる男性はチャンスがあるかもです。女性のみならず、男性も含め、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする