スポンサーリンク
カテゴリー

『We are』(ONE OK ROCK)の音域

こんにちは。今回はONE OK ROCKの『We are』(2017)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『We are』(ONE OK ROCK)
『We are』(ONE OK ROCK)









【地声最低音】mid1D(D3) 

★You should be some[one]m1F  m1D[else]【Cメロ】


【地声最高音】hiD(D5)  

hiC[Now here] hiA[to] hiD[hold] [you]【ラストサビ】

※ラストサビで1回だけ


【補足】mid2GhiCを含むフレーズ一覧

★They think m2F[that] we’re no F[one] 【Aメロ】
★It’s too m2F[late], it’s too [late] F[Not] go[ing] hiA[back]

hiA[かが]m2G[み]G[映っ]A[た]【Bメロ】 
★僕hiA[が]m2G[問い]G[け]る 
★自]m2G[を]hiA[誤]hiA#[魔]A[化]し 
★(生きること)hiA[に意]味はm2G[あ]A[か]

★When hiC[you’re stan][ding]hiA m2G[on] the edge【サビ】  
hiA[So] m2G[young] A[and] G[hope]less
m2G[We] are, hiC[we] hiA[are]
hiC[Now here] hiA[to] C[hold you]
★The m2G[co][lors]hiA G[in] the dark



 まず、『We are』についてです。この楽曲は、2017年にロックバンドONE OK ROCKによりリリースされたアルバム『Ambitions』の中に収録されております。アルバムの発売と同時期にMVが公開されました。公開されたMVは2021年1月現在、3100万回もの再生回数を記録しています。同アルバムの中でも人気が高い作品です。
 『We are』は、毎年NHKが主催するイベント18祭のために制作されました(2016年開催)。18祭ではワンオクの他にWANIMAやRADWIMPSなど人気のバンドが参加しており、そのために楽曲が制作されております。2017年に、WANIMAにより制作された『シグナル』(過去記事)は18祭をきっかけに生み出された非常に人気の高い楽曲の1つであると思います。

 さて、『We are』についてですが、アップテンポのロックナンバーです。ONE OK ROCKは海外での活動も積極的に行っており、同曲では作詞作曲にBrittain Colinさん、Long Nickさんがクレジットされております。18歳向けのイベントで制作された楽曲ということもあり、観客と一体になれるようなコーラスアレンジがなされております。
 歌メロの音域については、サビを中心にhiD,hiCなどの高めの音が多く登場します。一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいです。



 さて、『We are』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDはラストのサビで1回だけ登場します。hiDは回数も少ないですので、無理に出せなくても良いかもしれません。余裕のある人は頑張ってください。
 一方で、同曲は、サビを中心にhiCが頻出します。このhiC辺りがしっかり歌えることが、同曲を歌いこなせるカギとなります。原曲キーの場合は、かなり高めの難易度です。
 hiD,hiCといった音階は男性にはかなり高めですので、一般的にはキーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。

 『We are』は低音域に余裕があるため、キー調整は可能であります。大きなキー調整が必要になりますが、歌い慣れた人であれば、合うキーが見つかりやすいと思います。ただ、サビでは力強い歌唱がされておりますので、キー調整するにしても高めのキーをしっかり歌いこなす力が求められます。その点でも、難易度は高めとなります。

 『We are』は難易度としては高めの作品になりますが、特に高音域が得意な男性にはお奨めしたいです。音域的には女性にも合いやすいですので、ロック系のボーカルを練習したい時などは選択肢に入れてみてください。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    リクエストに答えていただきありがとうございます。
    サビのhiBだと思っていた箇所がほとんどhiCでした、思ったより高かったです、あとこの曲、全体的に歌メロの語尾が長めになっているのでそこが余計に難しいと思いました

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    確かに、サビは予想よりもずっと高かったですね。
    仰る意味分かります。ロングトーンというわけではないですが
    全体的に音符が長め(専門的には音価というそうです)なんですよね。
    時間辺りに使われる音符が少なめというか。
    Aメロとかサビですよね。

  3. ぴたっくま より:

    >>2
    サビ前とかもですね、あとはずっと声量大きめに歌わないと様にならないので体力を消費するタイプの曲だと思います、B’zに近い感覚です

  4. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    それでhiCですからね。
    大変だと思います。