カテゴリー

『Sharon』( Official髭男dism )の音域

 

こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『Sharon』(2024)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 ※当ブログがこれまでに取り上げたヒゲダンの作品についてはこちらをご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧


『Sharon』(Official髭男dism)
『Sharon』(Official髭男dism)の音域








【地声最低音】mid1D(D3) 

m1Gm1F#[と[び]ら]のおm2F#[とを][ろm2G{し]【Aメロ】
★くm2F[ら]い部屋へとm1G[抜]き足差しあ[しm1D[で]
m1Dm1EG[は]い]り込]んで眠る 日々の先に


【地声最高音】hiC(C5) ※全体で1回

★すm2GhiA[く[わ]hiCA#A[な]が]ら]【Dメロ】


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

hiA#A[た]だ] hiAm2G[気を]つ][てA[と]hiC#裏hiD[た[え]【サビ】


【補足】mid2G(一部略)hiA#を含むフレーズ一覧

m2F#m2G[や[っと]軽くなっ[たカバ][をG[か]たにm2F[掛]けて【Aメロ】
★寂m2F[しい]と告[げる][さえ] ため[らっ]てた[あm2G[な]た][は]【Bメロ】
★どんな言m2F[葉]も力hiA#地hiA2G[不]足]なら]
★早くhiA#A[ド]アを]AhiA#[け[よう]
hiAhiA#2F#[帰[り]を]待ち侘び[てG[た]【サビ】
★わがままだけ聞m2F#m2GhiA[か[せ[て]
★(それでも笑ってくれた) hiA#A[あ]あ]【2番Bメロ】
★うhiAm2G[そつ]きが]ぁえ[らA[そう][こA[と]【Dメロ】
★(また言うけれど)ゆm2GhiAhiA#^[る([し[て][し]い])
★誓m2G[う][と]であなたに支えてもらいな[が]hiA[ら]

 まず、『Sharon』についてです。この楽曲は、2024年にロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたシングル作品です。公式としてはアルバムの先行曲扱いであり、7月下旬にリリース予定の『Rejoice』に収録が見込まれています。同アルバムには、『ミックスナッツ』、『Subtitle』、『ホワイトノイズ』、『TATTOO』、『SOUPSOUP』といったヒット曲の収録が予定されています。

 『Sharon』は、高橋悠也さん脚本のテレビドラマ『マウンテンドクター』の主題歌としてタイアップが付きました。楽曲の質も相まって、同曲はストリーミングランキングでもチャートインしています。今後ドラマの盛り上がりや、MVの公開などでより大きな注目を集める可能性があります。


 『Sharon』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性の音域としては高いレンジ(体感的には「かなり高い」でもよいかも)で歌メロが作られております。一般的にはキーを下げた方が歌いやすそうです。
 同曲はAメロBメロサビと楽曲が盛り上がっていきます。サビやDメロが際立って高いのですが、Aメロ辺りも比較的中高音寄りであるため、男性の音域としては高いといえます。低音域としてはmid1Dが一部で登場しますが、回数としてはmid1G辺りが多く、標準的~やや高めといったところです。そうした点を考慮しても高音域が得意な男性の方がマッチしやすい曲です。また、今回はヒゲダン曲としては裏声の割合が少なく、地声ベースでの歌唱となります。

 女性が同曲を歌唱する場合、通常はいくらかキーを上げた方が歌いやすいです。今回は最低音がmid1Dですが、頻度としてはmid1G辺りが多く見られます。こうした点を考え、原キーから2つ程度上げてみてください。「低音域が得意な女性」だと原キーでも歌えるかもしれません。今回は音域が広いため歌える人が限定される楽曲と私は分析しています。



 最後に『Sharon』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高い(体感的には「かなり高い」)レンジで歌メロが作られております。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1DはAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内です。「高音域が非常に得意な男性」だと若干低音感があるかもしれませんが、回数は多くないため、そこまでハードルは高くないと思います。ただ、女性などは少しキーを上げた方がより歌いやすいと推測されます。

 次に、地声最高音hiCはDメロで登場します。登場回数は1回のみです。このhiCに次ぐ地声高音としては、hiA#がピークとなる場面が全体で20回程度、hiAが33回程度登場します。ロングトーンを含む点なども考慮すると、男性の音域としてはかなり高く、通常はいくらかキーを上げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから4つ程度下げてみてください。


 『Sharon』は低音域に余地があり、キー下げは可能です。ただ、今回の楽曲は音域が広いため、歌い慣れた人であっても一部歌いにくい部分が出てくるかもしれません。キー調整を考慮してもある程度高音域が得意な男性の方が合いやすい曲といえます。
 今回の楽曲はメロディー自体は比較的わかりやすく、リズムなども覚えやすそうです。一方で要所で転調が行われたりするなど一部取っ付きにくい部分もあります。ただ、ミドルテンポのバンド曲であり、息継ぎなどの余裕は持ちやすいので、音域が合うのであれば練習曲にはよいかもしれません(ビギナーには向きにくい)

 『Sharon』を原曲キーで歌唱する場合、mid2G~hiC(裏声はhiC#~hiD)といった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。今回はBメロ後半やサビ、Dメロで多く見られますが、Aメロ辺りもそれなりに高いです。一方、低音域は大よそ標準的(もしくはやや高め)です。私個人としてはhiAやhiA#のロングトーンが含まれるなど、体感的にはかなり高いのではないかと考えました。
 こうした点を考慮すると、「高音域が非常に得意な男性」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。

【まとめ】

①Aメロの一部は低いが、男声域としては全体的に高い(音域は広い)
②原キーだと「高音域が非常に得意な男性」に合いそう
③裏声はそこまで多くなく、地声ベースの発声
④メロは分かりやすいが、転調などが多いため音程に注意したい

 ※当ブログがこれまでに取り上げたヒゲダンの作品についてはこちらをご覧ください⇒ヒゲダンの音域一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    リクエストですが
    ONE OK ROCK「Delusion:All」
    a子「惑星」
    をお願いします

    • もりっしー より:

      2曲ともリストアップしておきます
      ワンオク新曲出たんですね
      a子さん私も気になってました。裏声の調査ムズイかもですが頑張りたいです
      ぴたっくまさんのリクエスト曲がいくつか終了してるので
      来週あたり上がるかもです

  2. コロロちゃん より:

    友成空さんの新曲「睨めっ娘」をお願いします