スポンサーリンク
カテゴリー

『桜が降る夜は』(あいみょん)の音域

 こんにちは。今回はあいみょんの『桜が降る夜は』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲になります。


『桜が降る夜は』(あいみょん)、Sakura ga Furu Yoru ha(Aimyon)
『桜が降る夜は』(あいみょん)








【地声最低音】mid2A(A3) 

★4月の夜はまだm2A[す]こし肌寒m2A[い]A[ぇ]【Aメロ】


【地声最高音】hiC(C5)  

★貴方hiA[に]hiD裏[会]hiC[ぁい]A[た]hiC地[い]と思いA[ま]【サビ】

※曲全体で3回

【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

★貴方hiA[に]hiD裏[会]hiC[ぁい]A[た]hiC地[い]【サビ】

※曲全体で6回

【補足】mid2G#(一部略)hiA#を含むフレーズ一覧

★そう語りm2G[合]hiA[う] hiA#[び]A[みょ][う]な距離のふG[たり]【Aメロ】

m2G#[だ]m2G[け]ど 声に乗せたい気[持]hiA[ちが]【Bメロ】
m2A[ざ]わつく川沿いをhiA[なぞりあ]hiA#[る]A[く]m2G[ぅ]

★さくm2G[ら]hiA[が]hiA#[降]A[る]G[よ]A[は]【サビ】 
★どうm2G[し]hiA[て]hiA#[と][聞][か]れてG[も]

★どうm2G[し]hiA[て]hiA#[と][聞][か]れて[も][ぉ]【ラストサビ】


 まず、『桜が降る夜は』についてです。この楽曲は、2021年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルです。リリース間もないということもあり、アルバムにはまだ収録されておりません。同曲は恋愛バラエティー『恋とオオカミには騙されない』の主題歌として起用されております。

 『桜が降る夜は』は春らしいポップなラブソングになっております。日本においては、春は出会いと別れの季節でもあり、そうした中での恋模様が描かれております。編曲は田中ユウスケさんによりなされています。田中さんは『マリーゴールド』や『愛を伝えたいだとか』などあいみょんさんの代表的な楽曲のアレンジに携わっております。
 同曲の歌メロについてはAメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られています。歌メロそのものも親しみやすく、カラオケ等でも歌いやすい一曲だといえます。



 さて、『桜が降る夜は』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCは各サビで1回ずつ登場します。曲全体で3回で、登場回数としては少なめです。また、同じフレーズを裏声で歌っている場面もあります。高音域が苦手な女性は、hiCを全て裏声で統一してもよいと思います。
 私なりのイメージですが、この『桜が降る夜は』はhiA#辺りが安定的に歌えると形になりやすいです。あいみょんさんの他のシングル曲よりも少し低めです。このhiA#辺りであれば、多くの女性の場合は克服しやすいです。少しずつ練習を重ねて下さい。

 『桜が降る夜は』は低音域に少し余裕があるため、キーを下げることも可能です(図で示す程余裕はないです)。よって、歌い慣れていない人や、高音が苦手な方の練習曲としても使いやすいです。あいみょんさんの楽曲の中でもかなり手を付けやすいのではないかと私は考えております。

 ちなみに、同曲は、声の高い男性でも挑戦しやすいと思います。楽曲全体を通して、mid2F~mid2G辺りが多く登場しますので、少し高めですが、目安としてスピッツや西川貴教さん、Acid Black Cherryのシングル曲などが歌いこなせる方は合いやすいのではないかと思います。

 『桜が降る夜は』は難易度的にはそこまで高くなく、女性であれば調整しやすいです。『マリーゴールド』(過去記事)『君はロックを聴かない』(過去記事)などと比較してもずっと歌いやすいです。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする