こんにちは。今回はあいみょんさんの『マシマロ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『マシマロ』(あいみょん)、Marshmallow(Aimyon) 
『マシマロ』(あいみょん)










【地声最低音】mid1G(G3)  

m1G[こ]んな幸せ[で]きすぎている(Aメロ) 
★むしろ夢であれよ、とm1G[お]もう


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で頻出

★チョコm2G#[レ]m2G[イ]トで汚したい(Aメロ)
★冴えm2G#[ない]m2G[こ]の僕の身体m1G[に]も(Bメロ)
★いざm2G[ゆ]m2G#[け! 愛]G[の]中を!

★心地m2G[よい]m2G#[リ]]G[ズ]ムに乗って(サビ)
くm2G#[び]m2G[す]じからG[つ]よく(Cメロ)

【補足】mid2GhiA#(フェイク)の注意点

★(見たことのない聖地を泳ぐ 泳ぐ) hiA#[Ah] m2G[Ah] Ah(2番サビ終わり)
★すごい速さで分かる 僕ら Ah [Ah]hiA#(Cメロ)

※hiA#はフェイクですので、最高音には含めておりません


 まず、『マシマロ』についてです。この楽曲は、2020年に女性シンガーソングライターのあいみょんさんによりリリースされたアルバム『おいしいパスタがあると聞いて』に収録されております。アルバムの発売に先立ち、MVが公開されました。コラージュが話題のMVになっております。

 『マシマロ』はあいみょんらしいエロ爽やかなバンドナンバーです。編曲は、トオミ ヨウさんによりなされております。演奏時間も3分弱で、カラオケなどでも歌いやすいと思います。
 歌詞内容については男性目線で書かれております。歌メロのキーも男性歌手に近いですが、一般的な男性の音域よりは少し高めです。私なりのイメージとしては、ポルノグラフィティの『アゲハ蝶』(過去記事)などのようなしんどさです。
 女性が歌唱する場合は、原曲キーでも良いですが、少しキーを上げるのも選択肢です。女性の場合は、多くの人が手を付けやすいと思います。




 さて、『マシマロ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。 一般的な女性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#は楽曲全体を通して多く登場します。女性の場合は、比較的歌いやすいレンジですが、人によっては少し低いかもしれません。各々の状況に応じて、キーを調整してください。
 一方、男性の場合は、先にも述べましたように、原曲キーでは意外としんどいです。一般的な男性の場合は、原曲キーから2つ程度下げても良いです。

 『マシマロ』は音域自体は広くなく、キー調整は行いやすいです。歌い慣れていない人向けの調整にも向いており、練習曲としても使いやすいと私は分析しました。お奨めです。

 歌メロやアレンジも明るくカラオケ向きの作品です。一方で、暗喩めいた歌詞が不向きな場面もありますので、その点は留意しておいてください。