スポンサーリンク
カテゴリー

『銀の龍の背に乗って』(中島みゆき)の音域 / ドラマ『Dr.コトー診療所』主題歌

こんにちは。今回は中島みゆきの『銀の龍の背に乗って』(2003)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はMVが公式チャンネルなどで公開されておらず、またストリーミングはAmazonでしか配信されていないようです。代わりの動画として、男性歌手・優里さんのカバー動画を添付いたします。優里さんは原曲から2つ下げた(♭2)キーで歌唱されております。


『銀の龍の背に乗って』(中島みゆき)、Gin no Ryuu no Se ni Notte(Miyuki Nakajima)
『銀の龍の背に乗って』(中島みゆき)の音域







【地声最低音】mid1E(E3) 

★僕はこの非力を嘆m1F[い]ている【Aメロ】
m1E[い]m2F#[げ]悲しみ m1F[つ]ばさに変われ


【地声最高音】hiB(B4)  ※曲全体で1~2回

★(運んで行こう 雨雲の渦)m2G#[を]hiA#[ぉぉ]hiB[ぉ][ぉ][ぉ]【ラストサビ[転調前]】


【裏声最高音】hiA#(A#4) 

【補足】参照


【補足】mid2F#hiA#を含むフレーズ一覧

★あm2G#[の]hiA[あ][お]ざめた海の彼方で【Aメロ】
★急げ傷跡 らしんばhiA[ん]m2G#[に]なれ まG#[だ]【Aメロ後半】

☆明日 僕は龍m2F[の]m2F#[あ]しもとhiA#裏[へ]【Bメロ】
m2F#[さ]m2F[あ、行こ]F#[う]m2G#[ぜ]

m2F#[ぎ]m2F[ん]の龍の背に乗って 【サビ】
★届m2F[けに]F[こ]m2F#[う]FF#[の[ち]のさば[く]m2G#[へ]

m2G[ぎ]m2F#[ん]の龍の背に乗って【ラストサビ[転調サビ[+1]]】


 まず、『銀の龍の背に乗って』についてです。この楽曲は、2003年に女性シンガーソングライターの中島みゆきさんによりリリースされたシングル作品です。アルバム『恋文』に収録され、またベストアルバムなどにも収録されました。
 この楽曲は、山田貴敏さんの同名漫画を原作としたテレビドラマ『Dr.コトー診療所』の主題歌として書き下ろされました。同ドラマは大きなヒットを記録し、それに伴い、『銀の龍の背に乗って』も大きく知られた楽曲となりました。21世紀に中島さんがリリースした楽曲の中でも知名度の高い1曲なのではないかと思います。同曲は、男性シンガーソングライターの槙原敬之さん、声優の佐藤聡美さんなどにもカバーされております。

 『銀の龍の背に乗って』はゆったりとしたテンポのマイナーポップナンバーです。作詞作曲は中島みゆきさん、アレンジは瀬尾一三さんによりなされております。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ(#1)上がりますが、その部分については難しい部分は少ないと思います。

 この楽曲はサビに向かうまでが意外と長く、その間に転調が行われるなどしております。音程も微妙な動きをしているため、歌い慣れていない人などは難しく感じるのではないかと思います。
 中島みゆきさんの人気曲は、音域やメロディーなども比較的取っ付きやすいのですが、この曲に関しては、ビギナーにはお奨めしにくいと私は分析しました。

 『銀の龍の背に乗って』の音域的な特徴についてです。この楽曲は、女声曲のポップスとしてはやや低めであります。先のも述べたように、音程を取るのが難しい場面などがあるのですが、声が高くない人などにもお奨めできます。音域自体はやや広めですので、ビギナーには向きにくいかもです。


 さて、『銀の龍の背に乗って』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内であります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはラストサビで登場します。回数としては、1~2回程度です(フェイクを含むか否かで1回か2回かが変わります)。この辺りは女性の音域の範囲内であり、比較的手を付けやすいです。ただ、hiB辺りは歌い慣れていない人などはスムーズな発声が損なわれることもありますので、少しずつ練習を重ねてください。

 『銀の龍の背に乗って』は全体でみると、J-POPの女声曲としてはやや低めであります。よって、人によっては低く感じるかもしれません。場合によってはキーを上げるなどしてもよいと思います。各々、歌唱してみて、調整してください。

 『銀の龍の背に乗って』は音域自体は広めであるため、キー下げなどはしにくいです(女性の場合)。もし、高音も低音も難しいと感じた場合は、別の易しめの曲で練習した上で、再チャレンジしてみてください。
 私なりのイメージですが、同曲は音域がやや広めで、音程も取り辛い部分がありますので、ビギナーなどには向きにくいです。ただ、中島さんの作品の中には、初心者が取っつきやすいものも結構ありますので、各々探してみてください。例えば、以前当ブログで取り上げた『糸』(過去記事)などは比較的歌いやすい作品であります。

 ちなみに、男性の場合、原曲キーで歌唱することも可能だと思いますが、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。今回添付してある優里さんのカバーは、原曲から2つ下げたキー(mid1D~hiA)で歌われております。

 『銀の龍の背に乗って』は離島医療をテーマにしたドラマの主題歌ですが、改めて歌詞を見てみると、内容がファンタジー作品などにも合うように私には感じました。今後、別の方向から広く知られる楽曲になるかもしれません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする