カテゴリー

『Masquerade』(SHE’S)の音域

 こんにちは。今回はSHE’Sの『Masquerade』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『Masquerade』(SHE’S)
『Masquerade』(SHE'S)の音域







【地声最低音】mid1C(C3) 

m1C[愉]快にm1D#[お]どれば[満]足かい この[ス]テージ[の]上じゃ[見]栄張り合[戦]【Aメロ】
m1C[Where’s] your mind? You go[tta]m1D# 
★愛されてm1D#[い]たいなら ありD#[の][ま][見][て]m1C[よ]【Bメロ】

★Brighter, brighter m1D#[好][な][ろ][ド]レス纏[っ]m1C[て]【ラストサビ前】


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※曲全体で3回

m2G#[They don’t wanna be] m2G[alone]【サビ】


【補足】mid2Fmid2Gを含むフレーズ一覧

☆インア マスカレm2F[ェ][ェィド]m2G [レ][ェ]ェイド【サビ】
★そm2F[れ][しい][テ][プ][踏]m2G[で] 
★And m2F[just wanna danc]e in F[a] [mas][quer]ade
★そのままm2Gm2F[じゃな]にも[得]ら]れない

★(飾らない素顔を)見せてm2F[よ]Fm2G[ぉ[ぉ][ぉ]ぉ]【ラストサビ前】

※☆の歌詞については、【In a masquerade】表記が正確ですが、便宜上カタカナ表記にしております。

 まず、『Masquerade』(マスカレード)についてです。この楽曲は、2019年に4人組ロックバンドSHE’S(シーズ)によりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルで、2020年にリリースされたアルバム『Tragicomedy』(トラジコメディー)に収録されております。
 『Masquerade』について、フロントマンの井上竜馬さんはアルバムの中の1曲といったノリで制作されていたそうですが、メンバーの評判も非常によく、シングル曲に格上げされたそうです。SHE’SのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは、100万回近い再生回数を記録しております。以前、SHE’Sを紹介した際に言及したかもしれませんが、私自身もSHE’Sの作品の中で特に好きな1曲です。

 『Masquerade』はラテン調のアコースティックなバンドナンバーです。これまでのSHE’Sにはあまり無かったような曲調やアレンジであります。元々は、アイリッシュなアレンジを目指して制作されていたそうですが、制作していく形でこうした形になったそうです。私自身、音楽的な知識は拙いのですが、フラメンコやフォルクローレなどが想起されました。イントロのバイオリンのフレーズなどが印象的です。歌メロについてはAメロBメロサビといった形で作られ、馴染みやすいと思います。

 タイトルの『Masquerade』は「仮面舞踏会」などを意味し、素顔やありのままの姿を見せてくれない恋の相手に対し、やや皮肉めいた言葉を投げかけております。
 「仮面舞踏会」については、私達がイメージするような上流階級の舞踏会については15世紀ごろのイタリアで始まりました。非常に人気の催しとなる一方で、暗殺の舞台などになったり、反体制的な批判もなされるなどもしました。こうしたこともあり、仮面舞踏会は映画や漫画、音楽などで取り入れられることが多いです。

 『Masquerade』の音域的な特徴についてです。同曲は、AメロBメロは大体mid1C~mid2D#辺りで歌メロが作られ、サビでmid2F~mid2G#辺りの中高音が多く登場するような構成になっております。よって、比較的メリハリがある構成であり、「サビ」と「それ以外」が歌メロの音域で明確に分かれております。低音も高音も幅広く要求される作品でありますが、音域自体は大よそ一般的な男性の音域の範囲内であり、努力が報われやすい楽曲なのではないかと分析しております。


 最後に『Masquerade』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくは若干高いといったところです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Cについては、AメロBメロ・ラストサビ前で登場します。回数としては多めであり、mid1D#等を伴っております。しっかりmid1Cを歌いこなせることがベストですが、低音が苦手な方は、mid1D#辺りに置き換えてもよいかもしれません。

 一方、地声最高音mid2G#については、サビで1回ずつ登場します。サビの後半で【m2G#[They don’t wanna be]m2G[alone]】のようにmid2G#が連発され、更にmid2Gとのコンボになっております。回数としては少なめですので原曲キーで頑張ってみるのもよいと思います。ただ、高音域が苦手な方は少しキーを下げてもよいかもしれません。
 同曲は、AメロBメロは低音、サビは高音といった形でメリハリが付いており、サビではmid2F~mid2G#辺りがしっかり歌いこなせることが求められます。最近のJ-POPの人気曲と比べると、キーはそこまで高くなく、ある程度努力が報われやすいのではないかと私は考えております。

 『Masquerade』は、先にも述べたように、低音部分も多く登場しますので、キー下げなどは行いにくいです。少しの調整などは可能ですが、下げ過ぎると逆に低音が歌いにくくなるかもしれません。各々、歌唱してみて、歌いにくいと感じた場合は、別の易しめの曲と並行して練習してください。

 『Masquerade』は私個人としても非常に好きなSHE’Sの楽曲であり、「もっと人気が出てもいいなぁ」と感じております。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする