スポンサーリンク
カテゴリー

『追い風』(SHE’S)の音域

こんにちは。今回はSHE’Sの『追い風』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。SHE’Sの楽曲については、当ブログでは以前に『Letter』(過去記事)を取り上げて以来、今回で2回目となります。


『追い風』(SHE’S)
『追い風』(SHE'S)の音域








【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★消せない記m1D#[憶]m1C#[と][罪]C#[を]持っD#[て]【Bメロ】
m1C#[あし]m1D#[た]が怖くても 朝日を浴びて
★何m1D#[度]m1C#[折]れても 枯D#[れ]C#[果]てても【Cメロ】

【地声最高音】hiA#(A#4)  ※曲全体で6回程度

m2G#[も]m2F[う][度][だ]hiA#[け] [立]ち上[がっ]G#[て]F[よ]【サビ】


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※各サビで1回ずつ

★(君は変われてる) わm2G#[ら]hiA#[え]hiC[て]hiC#[る]【Bメロ】


【補足】mid2Fmid2G#を含むフレーズ一覧

★もう何も 痛まないと 強がる声は 震えていm2F[た]【Aメロ】
m2F#[あ]m2F[さ][を]m2G#[浴]F[び]て また[芽]吹いていく【Bメロ】

m2F[か]なし[み]m2G#[も]m2F#[か]F[て]になるか[ら]【サビ】
m2F[積]み重ねたも[の] 失くしてF[も] m2F#[ぼ]F[く]らは傍[に]いるから
★(生きていく者だけに吹く) 追いm2G#[か]m2F[ぜ]ぇぇ
m2F[誰の]m2F#[目][も]厭わずに咲F[き]誇れ

m2F#[ぼ]m2G#[く]らは傍にF[い]るから【ラストサビ】


 まず、『追い風』についてです。この楽曲は、2021年に4人組ピアノ・ロックバンドSHE’Sによりリリースされたシングル作品です。最新シングルであるため、アルバムには現在未収録であります。
 この楽曲は、藤原竜也さん主演のテレビドラマ『青のSP―学校内警察・嶋田隆平―』の主題歌として書き下ろされました。私の知り合いでも視聴している人がいるのですが、同ドラマを見られていた方にはお馴染みの楽曲であると思います。
 シングル曲の発売に先立ち、SHE’SのYouTube公式チャンネルで公開されたMVは、2021年4月現在、約180万回の再生回数を記録しています。最近ではCDシングルの前に、配信やストリーミングで楽曲が配信されることも当たり前になりました。

 『追い風』はアップテンポのバンドナンバーです。ピアノロックということもあり、爽やかさと切なさが強調されております。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており、非常に親しみやすいです。
 同曲の音域的な特徴についてです。上述のように、低音の登場回数も多いのですが、全体としてはmid2F~mid2G#辺りの中高音域が多く登場します。各サビでhiA#も複数回登場するため、原曲キーの場合は、キーの高い人向けの楽曲といえます。キー調整は可能ですが、歌い慣れていない人にはやや不向きかもしれません。

 さて、『追い風』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#については、各サビで2回ずつ、曲全体で6回程度登場します。原曲では、ボーカルの井上竜馬さんははっきり地声で歌唱しておりますので、できれば地声でしっかり歌いこなしたいところです。この場面以外でも、mid2F~mid2G#といった高めの音階が多く登場します。
 よって、一般的な男性の場合は、少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。目安として、原曲キーから2~3程度下げてみてください(♭2~3)。

 『追い風』は音域自体が広めであり、低音域はキー調整の余地は少ないです。歌い慣れたであれば、合いやすいレンジに調整することは可能ですが、ビギナーなどはキー調整しても難しい部分が出てくるかもしれません。よって、キー調整するにしても歌い慣れておく必要があると思います。

 同曲の原曲キーは、男声歌手だと、Mr.Childrenやback number、スピッツ、マカロニえんぴつなどと近いレンジだと思います。また、最近のヒット曲では、優里さんのドライフラワー(過去記事)なども近いです。これらの歌手は、一般的な男性の音域よりも高いアーティストになります。

 『追い風』は非常に爽やかな楽曲であり、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする