カテゴリー

『WaLL FloWeR』(Mrs. GREEN APPLE)の音域

 こんにちは。今回はMrs. GREEN APPLEの『WaLL FloWeR』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。なお、『WaLL FloWeR』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても動画の添付は致しません。

 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。

『WaLL FloWeR』(Mrs. GREEN APPLE)
『WaLL FloWeR』(Mrs. GREEN APPLE)の音域






【地声最低音】mid1B(B2) ※ラストサビ(サビの1オクターブ下)

m1B[素]晴らしいと思える様に 醜さに[気]づいてみよう【ラストサビ[オク下]】

※mid1Bまでこだわらなくてもよい。


【地声最高音】hiB(B4)  ※各サビで2回ずつ(曲全体で6回)

hiD#[あし]hiE[た]世界がとhiB地[ほ]hiA[う]m2G#[に]暮れてしまっても【サビ】


【裏声最高音】hiE(E5) ※各サビで2回ずつ(曲全体で6回)

hiD#[あし]hiE[た]世界がとhiB地[ほ]hiA[う]m2G#[に]暮れてしまっても【サビ】


【補足】mid2F#(一部のみ)hiC#を含むフレーズ一覧

m2G#[混][とし]hiA[た][世][な]A[か]で生きて行くんだ【Aメロ】
★よm2E[ご]れた人間さ こm2F#[れ以]上は御免だ

★素晴m2F#[ら]m2G#[しいとお]F#[も][る]hiA地[様]G#[に]【サビ】
hiC#裏[み]hiB[に]m2G#[く]いとお[もっ]hiA地[て][み]よう
★(いつか来世に残る)花が咲hiC#裏[き く]hiB[ず]m2G#[れぬ]m2F#[よ]うに



 まず、『WaLL FloWeR』(ウォール・フラワー)についてです。この楽曲は、2015年に5人組ロックバンド・Mrs. GREEN APPLEによりリリースされたミニアルバム『Progressive』(プログレッシブ)に収録されております。『WaLL FloWeR』はアルバムのラストの曲になっております。
 同アルバムはインディーズ時代の作品であり、後にベストアルバムにも収められる『我逢人』(がほうじん)や、本アルバムのリード曲『ナニヲナニヲ』などが収められております。ミセスにとっては、初の全国流通盤のミニアルバムであります。

 ちなみに、アルバムのタイトルは『Progressive』となっておりますが、これは「前作よりも進化したい」、「さらに新しいものを作りたい」という意味が込められたものであり、俗にいう音楽ジャンルとしてのプログレッシブ・ロックではありません。
 

 さえ、『WaLL FloWeR』はアップテンポのバンドナンバーです。私自身はイントロAメロの演奏が非常に耳に残りました。歌メロ自体はAメロBメロサビといった形で作られております。2番サビの後の感想を挟んで、ラストサビの前半はサビの1オクターブ下のメロが歌われております(地声最高音はこの場面で登場します)。
 ちなみに、タイトルにもある「WaLL FloWeR」は、英語の意味する「仲間外れ」、「相手にされない人」などを意味しているのではないかと私は考えました。歌詞自体も様々な見方が出来ますが、「マイノリティー」や「異端の人」、「メインストリームから外れた人」、「価値が評価されていない人」などを愛でている内容なのだと、私自身は解釈します。
 作詞を担当する大森元貴さんは、他の作品でも弱いものなどに思いやり、価値を見出そうとする姿勢が見られますが、この『WaLL FloWeR』では特にそれが強いのではないかと思います。私としては、リクエストを受けた時点で初めて視聴したナンバーですが、ミセスの作品でも特に好きな歌詞の1つです。

 『WaLL FloWeR』の音域的な特徴についてです。同曲は男性の声域よりも高めのレンジで作られております。サビでは裏声が多用されております。裏声と地声が交差する歌唱は、現在のミセスにも通じるのではないかと思います。低音部分に関しては、ラストサビの「オク下げ」を除くと、見た目ほどは低くないです。よって、キー下げもある程度は可能だと思います。


 最後に『WaLL FloWeR』の音域についてですが、【地声最低音】mid1B(B2)~【地声最高音】hiB(B4)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Bについては、ラストのサビの部分で登場します。ラストのサビの前半は通常サビの1オクターブ下を歌唱しており、その分低音が多く登場します。ただ、地声最低音mid1Bについては、個人的には無理に歌唱しなくてもよいのではないかと思います。メロの中で、外すと少し違和感が出てくるのはmid1C#辺りですので、そこを最低音の目安としてもよいと思います。

 一方、地声最高音hiBについてはサビで登場します。各サビで2回ずつ、曲全体では6回程度です。また同曲はhiA辺りが多く見られ、男声としては高めのレンジとなります。よって、一般的な男性の場合は、キーを下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから3つ程度下げてみてください(♭3程度)。


 『WaLL FloWeR』は低音部分に幾ばくかの余裕があり、キー下げを行うことが可能です。ただ、元々の音域自体がかなり広い作品ですので、歌い慣れた人であっても、難しい部分が出てくるかもしれません。その辺りは留意しておいてください。「キー調整しても難しい部分がある作品」であるといえます。

 『WaLL FloWeR』を原曲キーで歌唱する場合は、hiB,hiA辺りが地声でしっかり歌いこなせることが求められます。また、同曲はサビで裏声も多用されておりますので、裏声と地声を器用に歌いこなす力も必要です。その辺りを踏まえた上でしかり練習に励んでください。

 『WaLL FloWeR』はアップテンポのバンドナンバーであり、演奏時間も4分程度なのでカラオケでも歌いやすいです。私自身としては、アレンジ、歌詞なども非常に好きな作品です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。


 ※当ブログがこれまでに取り上げたミセスの作品については、以下をご参照ください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    WaLL FloWeRでしたか!!!!!
    こんな名曲を調査していただきありがとうございます!歌詞がめちゃくちゃ深いですよね。
    初期のミセスも僕はすごい好きですね。

    • もりっしー より:

      コメントありがとうございます。
      この曲は歌詞もサウンドも素敵ですね。
      いい曲に出会えました。

  2. Nemis より:

    リクエストさせていただいた記憶があります!
    ありがとうございます!!

    • もりっしー より:

      少し前に別の方からもリクエストを戴きました。
      記事にするのが遅くなりました。かたじけない。
      素敵な楽曲です。