カテゴリー

『W/X/Y』(Tani Yuuki)の音域 [2021年の作品]

こんにちは。今回はTani Yuukiさんの『W/X/Y』(2021)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。Tani Yuukiさんの作品を取り上げるのは、『Myra』(過去記事)以来2回目となります。


『W/X/Y』(Tani Yuuki)
『WXY』(Tani Yuuki)の音域







【地声最低音】mid1A(A2) 

★垂m2D[れ]流したテレm1D[ビ][お]【Aメロ】
m1D[溜]m2D{め]てしまった洗濯[も]のは今日[こそ]

m1D[振]り返るとm1A[日]D[が][た]り前じゃない[こと]【2番Aメロ】

【地声最高音】mid2G(G4)  ※曲全体で15回程度

m2F#[少しず]m2G{らし]m2E[てみ]ようよ【Bメロ】
★ 輝き弛m2F#m2G[まぬ[ようにう]た]うメロディ

★かm2Gm2F#[かえ]たお]もいはお互い様でF#[しょ]【Cメロ】

★戯れm2F[る]m2G[Slow][ly flow]ing day【ラストサビ】
★愛してるm2F[も]m2G[通][り越]G[て]
hiA#裏[I’ll] pro[tect you]m2F from [night][mares]m2G, [Ba]by

【裏声最高音】hiA#(A#4) ※ラストサビで登場

hiA#裏[I’ll] pro[tect you]m2F from [night][mares]m2G, [Ba]by【ラストサビ】


【補足】mid2FhiAを含むフレーズ一覧

hiA裏[2人酸い]もあm2E[まい]も 噛A[み合わない]としE[て]も【Bメロ】

★つい、繰り返すと忘れてしm2Em2F#[まいそう[に]な]F#[よ]【2番Aメロ】

★重ねた手はねはm2F#[な]m2E[さない]でいて【Cメロ】
★半m2F#[分]m2E[こに]しよう 別F#[れ][じゃない]希望

★とm2F[し][い][ま][わ][って]m2F#[い][た]いね【ラストサビ】

 まず、『W/X/Y』(ダブリュー エックス ワイ)についてです。この楽曲は、2021年に男性シンガーソングライターのTani Yuukiさんによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルであり、アルバムなどには未収録です。

 『W/X/Y』は2021年の5月頃にリリースされました。発売当初はそこまで大きなムーブメントになっておりませんでした。その後、少しずつ広がっていき、TikTokなどで多く共感を得るようになりました。また、ストリーミングなどでも再生回数が伸びており、以前のヒット曲『Myra』(過去記事)に負けないTani Yuukiさんの代表的な楽曲となっております。2022年2月現在、YouTube公式チャンネルで公開されているミュージックビデオの再生回数は1000万回を超えました。


 『W/X/Y』はミドルテンポの切ないポップナンバーです。全体的に韻を踏んだリズミカルなメロとなっております。また、ラストサビで転調が行われ、キーが1つ上がります(#1)。カラオケなどでは注意したいところであります。
 ちなみに、タイトルの『W/X/Y』は性染色体のXXやXYを掛け合わせたものであり(引用元)、最近では「中高生が全共感する細胞レベルのラブソング」との触れ込みも見られます(引用元)。

 『W/X/Y』の音域的な特徴についてです。同曲は、おおよそ一般的な男性の音域の範囲内で歌メロが作られております。mid2Gの登場回数がやや多いため、人によっては少しキーを下げてもよいかもしれません。また、低音域はmid1D辺りがやや多いため、女性はキーを上げた方が歌いやすいのではないかと思います。


 最後に『W/X/Y』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】mid2G(G4) 
【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内といえます。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Aは2番のAメロ辺りで登場します。ここは歌えるに越したことはありませんが、厳密にはこだわらなくてもよいと思います。重要度としてはそこまで高くないです。
 低音階としてはmid1D辺りが必須になるのではないかと私は分析します。このmid1Dは男性の音域の範囲内ですが、高音域が得意な男性だとやや歌いにくいかもしれません。また、女性にとってはかなり低いレンジになります。そのため、女性などはキーを上げることをお奨めします。

 一方、地声最高音mid2GはBメロやラストサビなどで登場します。登場回数は15回程度と多いです。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、場合によってはキーを下げてもよいと思います。歌い慣れてない人なども同様です。

 『W/X/Y』は低音域に若干の余地があり、キー下げなどは可能です。歌い慣れた人であれば、ある程度自分の得意なレンジに調整することができると思います。逆にビギナーなどの場合は、もしかしたら歌いにくい部分が出てくるかもしれません。その場合は別の易しめの曲と並行して練習してください。また、「Aメロは少し曖昧でもいいので、Bメロサビは頑張る」というふうに、パートごとに練習の強弱をつけるのもよいです。
 『W/X/Y』はメロ自体は滅茶苦茶に難しいわけではなく、練習曲としてはある程度使いやすいのではないかと思います。最近のJ-POPのヒット曲の中では比較的チャレンジしやすい楽曲だと私は分析しました。歌メロがリズミカルですので、そうした面もしっかり意識したいです。

 『W/X/Y』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~mid2G辺りの中高音域を安定して歌いこなせる力が求められます。mid2D~mid2G辺りは重要なレンジであり、この辺りがしっかり歌えると、カラオケなどでも選曲できる曲が増えていきます。その点でよい練習曲だと思います。
 原曲キーの場合は、「一般的な音域の男性」~「ある程度高音域が得意な男性」あたりが合いやすいのではないかと思います(「一般的な男性」といっても、当然歌い慣れておく必要があります)。

 『W/X/Y』は音域的には比較的アプローチしやすく、歌詞内容なども共感しやすいものがあります。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. mono より:

    お時間があればTani Yuukiさんのunreachable love songも調べて頂けると嬉しいです。

    • もりっしー より:

      リクエストありがとうございます。
      リストアップしておきます。