カテゴリー

『夢喰』(Tani Yuuki)の音域

こんにちは。今回はTani Yuukiさんの『夢喰』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『夢喰』(Tani Yuuki)、Baku(Tani Yuuki)
『夢喰』(Tani Yuuki)の音域







【地声最低音】mid1C#(C#3) 

m1D[お前]の番[だ][み]をつい[た] [誰]の声[だ] m1C#[眠]れない[な]【Aメロ】
★m2D[大]嫌いなm1D[む]かし話とぉぉm1D[ぉ]【Dメロ】


【地声最高音】hiB(B4)  ※全体で1回

★だから100万分の一切も悔hiA[やんでなん]かやらAhiB地[な[いん]だよ]【ラストサビ】


【補足】mid2E(一部略)hiAを含むフレーズ一覧

★おm2E[さえ]ても ふ[さい]でも 消え[ない] m2F#m2G[五[月蝿]いんだよ【Bメロ】
★(悩んでも、迷っても) 妄m2E[想]m2F#[全部喰らっ][てゆ][ぇ]

★巡るEm2F#[100万回[の]後]悔を超えた[先で掴]んだ[招]F#m2G[た[い]じょう]【サビ】
★(だから100万分の一切も)悔m2F#m2E[やん]でなん]かないんだ[よ]
★仮にhiA地m2GF#[100万歳になっ]て]な]お 僕に夢を見[たい]と思うんだよ

★大好きだった語りm2Em2F#[合[え]る場所【Dメロ】
★たらればごm2E[と] Em2F#[希[望と化し]ていけ]

 まず、『夢喰』(よみ:バク)についてです。『夢喰』は2022年に男性シンガーソングライターのTani Yuuki(たにゆうき)さんによりリリースされたシングル作品です。最新作であるため、アルバムには未収録で、現在は配信限定のシングルとなっております。
 ちなみに、タイトルは『夢喰』と書いて、バクと読みます。獏(バク)は、中国や日本などで知られる伝説の生物であり、「夢を食って生きる」といわれます。バクの食べる夢は「眠るときに見る夢」の方ですが、ただ、今回取り上げる『夢喰』では、「自分自身の将来の夢」についてがモチーフになっているように私は感じました。


 『夢喰』はアップテンポのロックナンバーです。私なりの印象ですが、Tani Yuukiさんはもっとアコースティック、EDMなどの路線が多く、人気のシングル曲としてはあまり見られなかった作風ではないかと思います。普段、バンド曲などを好んでいる人などにも届きそうな楽曲だと感じました。作詞作曲はTani Yuukiさん、編曲はCarlos K.(カルロスケー)によりなされております。

 『夢喰』の音域的な特徴についてです。同曲は男性としては高めのレンジで歌メロが作られております。そのため、通常は少しキーを下げた方が歌いやすそうです。一方で、低音域に関しても比較的低く、キーを下げる余地は多くありません。そのため、キー調整をするにしてもある程度歌い慣れた人向けの楽曲だと思います。
 ちなみに女性が歌唱する場合、通常はキー上げた方が良さそうです。同曲は低音域が女声域と比べるとかなり低いため、原曲キーには向きにくいです。




 最後に『夢喰』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1C#はAメロで登場します。この辺りは男性の音域の範囲内ですが、mid1Dなどの頻度が高いため、低音感があります。高音域が得意な男性などはキーを上げてもよいと思います。また、女性の音域としては極めて低いため、通常はキーを上げた方が良さそうです。

 次に、地声最高音hiBについては、ラストサビで登場します。登場回数は1回だけですが、hiAとコンボになっております。また、【仮にhiA地m2GF#[100万歳になっ]て]な]お】に代表されるように、各サビでhiAが連続して登場する場面があります。このため、歌い慣れた人であっても、個々人の状況によってはキーを下げることを選択肢に入れてください。一つの目安ですが、原曲キーから2つ程度下げると歌いやすくなりそうです。
 一方で、hiA,hiBが登場する場面は、今回はそこまで多くなく、「最高音のhiBの楽曲の中では比較的取っつきやすい」のではないかと私は分析しました。一般的な音域の男性であっても、少しずつ原曲キーに近づけて歌ってみるのもよいと思います。



 『夢喰』は低音域に若干の余地があり、キー下げは可能です。ただ、同曲はmid1Dなどの低音域の頻度が高く、大きなキー下げには向きにくいです。そのため、歌い慣れた人であっても、もしかしたら歌いにくい部分が出てくるかもしれません。その点は留意しておいてください。

 『夢喰』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F#~hiA辺りの中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。とりわけmid2E~mid2F#辺りの頻度が非常に高く、標準的な音域の男性は体力的にもしんどいかもしれません。そのため、「標準よりやや高め~ある程度高音域が得意な男性」辺りが原曲キーにマッチしやすそうです。先述のように、「高音域が非常に得意な男性」などはキーを上げた方がよいかもです。


 『夢喰』はアッパーなバンド曲であり、歌詞もよく、カラオケに向きやすいと思います。音域が広く、声のコントロールが大変かもしれませんが、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする