カテゴリー

『As long as I love (with 稲葉浩志)』(TK from 凛として時雨) 音域

 こんにちは。今回はTK from 凛として時雨の『As long as I love (with 稲葉浩志)』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『As long as I love (with 稲葉浩志)』(TK from 凛として時雨)
『As long as I love (with 稲葉浩志)』(TK from 凛として時雨)






【地声最低音】mid2B(B3) 

※【補足】を参照ください。


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで4回

hiD地hiC#hiB-A[忘れ]ら]れ]ない]日々【ラストサビ】

※TKパートで登場します。

【裏声最高音】hiG(G5) ※サビで登場

★k(この道の先に)hiF#裏hiE[し]か]hiGF#[な]い]【サビ】

※両者のパートで登場

【補足】hiBhiF#を含むフレーズ一覧

★Hey m2G#[boy 言ってしまえ]よ 愛[そう生きる限hiC#裏[り]【イントロ[もしくはDメロ]】
★(迷ってるのは誰?) 触れよう愛hiC#裏hiD#[する限[り]
★フロアはhiC#地m2G#[惨]憺たる]荒れ野

★想像とm2G#[は]違うm2B[こ]とが この視野の[外で起]G#[る]【Aメロ】
★信じたものさえ容易く 火の粉になる hiB[yeah]

hiC#地hiChiB[だいたい上手くいか]なく]て]【Bメロ】
m2G#[振り返れどなん]もない
★(もがいて泣いて叫んで)  引っ掻いhiA[た傷跡]だけ

hiD裏hiC#[A]h] hiA[よわって]るよぉ 声も出せA[ず]【サビ】
★(その暗闇で)かhiF#裏hiE[お]を]EhiD[げ]て]

hiBhiC#[Hey [you] BC#[ど[れ][け]あ]hiF裏#C#[る]け]【Dメロ】
★(Hey you) hiC#hiBhiA#[願う]世界が]見える]
hiF#裏hiEhiD#[忘れ]た]く]ないひか[り]D#【ラストサビ】
★愛そう As long as I live 触れよう As long as I hiB[love]

※☆の歌い出しは稲葉さんの地声最高音hiC#

 まず、『As long as I love (with 稲葉浩志)』についてです。この楽曲は、2022年に凛として時雨のフロントマンとして活躍されるTKさんによりリリースされたシングル作品です。配信でリリースされたのちに、『As long as I love』との両A面シングルとしてリリースされました。

 『As long as I love』は、『Scratch』とともにロックバンドB’zのボーカリストである稲葉浩志さんとのコラボ曲です。稲葉さんは他者とコラボすることがあまり多くなく、その点でも大きな話題を呼びました。また、『As long as I love』については、作詞が稲葉浩志さんとTKさんの共作となっております(作曲編曲はTKさん)。


 『As long as I love』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性曲としてはかなり高いレンジで歌メロが作られております。低音域に余地がありますので、一般的な男性はキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 同曲は高音域で裏声が多用されております。とりわけ、稲葉浩志さんはB’zでは地声を中心に歌唱することが多いので、私自身はその点で珍しく感じました。同曲は地声声域も高いのですが、裏声も多いですので、その点で器用な発声が不可欠となります。
 同曲は音域的には女性の声域と近いです。最低音も高いため、男性よりもむしろ女性の方が歌いやすい楽曲といえそうです(声質的には男性の方が合うかもですが)。もし原曲キーで高音が大変だと感じた人はキーを下げてみてもよいと思います。
 ちなみに、同曲はTKさんと稲葉さんの2人で歌われております。そのため、1人で歌うと大変な場面も出てきそうです。可能であれば、複数人で歌唱することも選択肢に入れてみてください。



 最後に『As long as I love (with 稲葉浩志)』の音域についてですが、【地声最低音】mid2B(B3)~【地声最高音】hiD(D5)、【裏声最高音】hiG(G5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、かなり高いです。以下、見ていきます。
 まず、地声最低音mid2BはAメロで登場します。この辺りは男性曲の最低音としてはかなり高いです。通常、mid2B辺りが最低音となる男性曲は、ほぼ「一般的な男性にとってはキーが高い楽曲(スタミナも不可欠)」となります。今回の『As long as I love』についても、そうした特徴を兼ね備えているといえそうです。
 反面、最低音が高い分、女性が原曲キーで歌唱することも可能です。先述のように、同曲は男性よりもむしろ女性の方がマッチしやすい音域かもしれません。

 次に、地声最高音hiDはラストサビで4回登場します。このhiD以外ではhiC#が多く登場し、全体で15回程度見られます(稲葉さんの地声最高音もhiC#)。そのため、男性の音域としてはかなり高く、通常はキーを下げた方が歌いやすいです。ただ、同曲は、最高音自体がかなり高いため、一般的な男性が歌唱するためには大きなキー調整が必要になります。


 『As long as I love』は低音域に余地があり、キー調整はしやすいです。ただ、同曲は女性曲のような音域であるため、大きなキー調整が必要になります。同曲は、TKさんや稲葉さんのハイトーンが魅力の作品ですので、キーを調整するにしても、ある程度高音域が得意な男性の方が、原曲に近い表現となりやすいです。

 『As long as I love』を原曲キーで歌唱する場合、地声高音ではhiA~hiDなどの高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは男性としてはかなり高く、むしろ女性の方が歌いやすそうです。そのため、「高音域が非常に得意な男性」、「標準~ある程度高音域が得意な女性」などが原曲キーにマッチしやすそうです。
 同曲は、ボーカルをTKさんと稲葉さんの2人で担当されております。そのため、高音域が得意な方であっても、1人で歌うのは非常に大変なのではないかと思います。個人的には複数人で歌唱することをお奨めします。

 『As long as I love』は原曲キーでの難易度が高いですが、高音域が得意な人はチャレンジしたくなるような作品でもあると思います。難しくはありますが、歌いこなせると達成感もひとしおでしょう。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    冒頭ら辺の裏声もhiGくらいだと思ってました。 稲葉氏が裏声を使うのが珍しいので参考になりました
    B’zのSPLASH!!と衝動も知りたいです。

    • もりっしー より:

      稲葉さんが裏声を多用するの珍しいですよね。
      そしてTK氏は相変わらず高いですね。
      B’zの2曲リストアップしておきます。
      B’zはとしては珍しく、ぴたっくまさんのリクエスト以外来てないので
      どれからでも取り上げられます。