スポンサーリンク
カテゴリー

『Telecastic fake show』(凛として時雨)の音域

こんにちは。今回は凛として時雨の『Telecastic fake show』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 凛として時雨については、以前にTKさんの作品として『unravel』(過去記事)を取り上げました。バンドの曲を記事として取り上げるのは今回が初となります。


『Telecastic fake show』(凛として時雨)、Telecastic fake show(Ling tosite Sigure)
『Telecastic fake show』(凛として時雨)









【地声最低音】mid2D#(D#4) 

※あまり意識しなくてよい

【地声最高音】hiG#(G#5)  

★ hiChiG#[Time Revo[lu][tion]視界は狭く無くhiD#[なっ]【Aメロ】

hiC[いつか自由が欲しく]hiG#[なっ]C[て] 【サビ】
hiC[感情性の指を刺して目を瞑って耳を]hiG#[切っ]C[た]

★Time RevoG#[lu]tion hiC[犯罪的 Sa][distic fake show!]hiG#【ラストサビ】
☆Te[lecastic]hiG#hiD#[your] Fake feeling 
hiC#[いつも自由が欲]hiC[しく]hiG#[なっ]C[て] 

※☆の部分が女性パート。hiG#は男声パートは12回、女性は4回登場します


【補足】hiChiGを含むフレーズ一覧

★きhiC[み]の自由にもうhiD#[飽]きて【Aメロ】
hiC[犯罪的な僕とか]れの体内に 

★いhiC[つか目を覚まさない]【Bメロ】
★ぼhiC[くも知ら]hiF[な]い不気味な君達の投C[影]

☆sa[distic fake]hiGhiD#[君]hiC[の]C#[せい][で]【サビ】
hiC#[ゆ]hiD#[がんだ僕]C[に]異常[な]C#[世]C[界]C[ぁ]
hiC[感情性に揺][た]hiC#[未]{来]C[ぉ]

hiC[見え]るモノも無くhiD#[なっ]hiF[た][ぁ]【2番】

hiA#[見え]ない一人にA#[消え]た音をhiC[見]せて【Cメロ】

※ほぼ全てのフレーズでhiC以上の音階が含まれます。
※☆の部分は女性パートです。hiG⇒hiG#で歌唱しても違和感が少ないです。



 まず、『Telecastic fake show』(テレキャスティック・フェイク・ショー)についてです。この楽曲は、2008年に3人組ロックバンド凛として時雨によりリリースされたシングル作品です。アルバム『just A moment』に初収録され、またベストアルバムにも収められております。インディーズ時代の作品であり、同年にメジャーデビューを果たします。同曲は、アーケードゲーム『太鼓の達人(新筐体版)』に収録されていたこともあり、同ゲームのファンにはお馴染みかもしれません。

 『Telecastic fake show』はアップテンポのハードコア作品です。歌メロの音域的な特徴についてですが、上述のようにキーが極めて高いです。男性の場合、歌唱するだけであれば、1オクターブ下の方が歌いやすいかもしれません(原曲のニュアンスは表現できないとは思います)。
 基本的にほぼ全てのフレーズにhiC以上の音階が登場します。hiA#~hiG辺りの高音域を安定的に歌いこなす力が求められます。



 さて、『Telecastic fake show』の音域についてですが、【地声最低音】mid2D#(D#4)~【地声最高音】hiG#(G#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも極めて高いです。女性キーとしても相当高めになります。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiG#についてですが、曲全体を通して多く登場します。メインボーカルのTKさんのパートが12回、サブボーカルの345さんが4回です(後者はサビ頭でhiGが連発します)。この辺りは一般的な男性の音域としては極めて高いので、キーを下げて歌唱した方が歌いやすいです。ちなみに、345のパートは大よその目安としてhiA#~hiG#で歌メロディーが構成されております。

 『Telecastic fake show』は音域自体はそこまで広くはありません。低音部分に余裕があり、キー調整は可能です。よって、キーを調整すれば、合いやすい部分は見つかります。ただ、楽曲の特性上、叫ぶような高音域を使って歌唱した方が原曲のニュアンスに近づきやすいです。キー調整するにしても、原曲に近い表現をするにはしっかりと歌い慣れておく必要があります。
 
 原曲キーで歌唱する場合は、高音域を歌いこなす力とともに持久力も要求されます。難易度が極めて高い楽曲の1つと考えてよいと思います。
 私なりのイメージですが、音程は少しずれても良いですので、リズム感や声質に重点を置いた方が良いように感じます。【hiC[犯罪的 Sa][distic fake show!]hiG#】で登場するシャウトなどもhiG#に必ずしもこだわらなくてよいです。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ぴたっくま より:

    リクエストに答えていただきありがとうございます。
    予想通りのえぐさですね…これまで取り上げられた男性曲で一位かもしれないです(下手したら女含めても1位かも)。hiCが前座レベルですね
    2人とも楽器弾きながら歌ってる、すごすぎて怖いレベルですね
    キー調整についてですかこういうキーの高いことが存在意義のひとつになっているバンドではしたらあかんと思いますね、時雨をオク下げで歌ったら選曲する意味がもはや無いですw(それならもっと適したアーティストがいくらでもいる)

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    記事にも書きましたが、オク下げだと違和感が凄まじいですよね。
    ホントにhiG#が当たり前に登場するのでビビります。
    一般的な歌手のmid2E位の感覚でhiCが出てきます。

  3. ぴたっくま より:

    >>2
    このレベルになるとヘッドボイスを1曲通して歌える力が試されますね、男性で歌ってる人もたまに居るので、発声が全てな感じです、地声の高さとかでどうにかなるレベルでは無いですね
    あと女性パートの345さんの名前間違えてますね…

  4. 名無し より:

    何か最近の曲でlowの音域をしっかり使うくらい低い曲とかありますか?最高音は高くても低くてもいいです。

  5. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    修正しました。ご指摘ありがとうございます。
    ホントに発声が重要ですよね。

  6. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>4
    私が調べた範囲では、最近だとEveという男性歌手が低音域が低いです。
    『ドラマツルギー』、『廻廻奇譚』等が人気です。
    2010年辺りの作品であれば、アルバム曲ですが、
    BUMP OF CHICKENの『angel fall』という曲が相当低いです。lowD#が登場します。

  7. 名無し より:

    >>6
    ありがとうございます。その二組は知ってますが、やはり少ないのですね。
    最近、折坂悠太さんの「朝顔」という曲にはまっているのですが、もしかしたらかなり低音が出てるような気がするので、よろしければ調べて頂けませんか?

  8. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>7
    確かに折坂悠太さんも低いですね。
    同曲は以前にリクエストを受けて、リストアップしております。
    調査がおくれていたのですが、年末~年明け位にアップするのを考えてます。

  9. 名無し より:

    >>8
    既に依頼があった曲だったのですね。それではお願いいたします。

  10. 銀河涼 より:

    これ歌ってみました。
    『unravel』に比べると楽ですね。damだと345さんのパートは機械が歌ってくれるので休憩が多いです。ただラストサビのところだけhiG♯判定でした。他はhiG(?)になってました。

  11. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>10
    そうなのですか。また、時間がある時に確認してみます。
    歌唱する際は、あまりこだわらなくても良いと思います。

  12. 銀河涼 より:

    >>11
    音域wikiだとhiG♯は「音源では届いていないことがある」との記載があったので、人によってはhiG判定するということかもしれないです。

  13. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>12
    確かに、ここは届いてないというのは意外とありますね。

  14. ベーコン より:

    これ男子裏声で歌ってもいいと思います??
    hihiA#まではでます。

  15. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>14
    ベーコンさん自身が実際に歌った音源を聴いてみて、上手く行きそうなのでであれば
    裏声でいいと思います。
    表現は様々ですので、色々試してみてください。

  16. ベーコン より:

    >>15