カテゴリー

『アイラブユー』( back number ) の音域

 こんにちは。今回はback numberの『アイラブユー』(2022)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『アイラブユー』(back number)、I love you(back number)
『アイラブユー』(back number)の音域







【地声最低音】lowG#(G#2) 

公園の 落ち葉が舞ってm1A#[飛びか]たを教えてm1ClowG#[くれ[て]いる【Aメロ】
★親切にどうm1C{も] 1C[ぼ]くもそんなふうに 軽やかでいられたら

m2F[あ]m1A#[君に]会いたくなる【Bメロ】

【地声最高音】mid2G#(G#4) ※全体で4回程度

★君m2F[を][が]おにしm2G#地m2F#[あ]わ]せ]にする[だろう]【サビ】
★僕のm2Fm2F#[な[か]の]君 君の[なF#[か]の]m2G#[僕]【Dメロ】


【裏声最高音】hiA#(A#4) ※サビやDメロで登場

★どんな言葉が ねhiA#裏m2G#[が]いが] 景色が【サビ】
★きhiA#裏m2G#F#F[っ]と]お]な]じじゃm2F地[な]いけど A#[oh] G#[oh]【Dメロ】


【補足】mid2Fmid2F#を含むフレーズ一覧

★横切ったm2F#m2F[ね]こに] 不安[を]打ち明けながら【Bメロ】
★君m2D#[に] わD#-m2F[た[せ]た]F[いい]【サビ】

 まず、『アイラブユー』についてです。この楽曲は、2022年に3人組ロックバンドback numberによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングル曲であり、記事の執筆時点で現在アルバムには未収録です。

 さて、『アイラブユー』はNHKの連続テレビ小説『舞いあがれ!』のために書き下ろされました。back numberはセルフプロデュースを含め、様々なアレンジャーと編曲しておりますが、今作はMr.Childrenなどのプロデュースで知られる小林武史さんとの共同アレンジとなっております。
 連続テレビ小説は15分構成のドラマが週5日、半年間放送されます。よって、主題歌についても半年に渡ってお茶の間で流れるため、視聴者が飽きないようなシンプルな構成になっているのではないかと私はイメージしております。


 『アイラブユー』の音域的な特徴についてです。同曲は男性曲としては標準的(もしくは「やや高め」)位のレンジで歌メロが作られております。ただ、音域自体がかなり広く、低音も低いため、キー下げはしにくそうです。
 同曲は、低音域でlowG#やmid1A#が登場するなど低く、一般的な男性でも歌いにくく感じられれるかもしれません。女性や高音域が得意な男性はキーを上げるのもよいと思います。



 最後に『アイラブユー』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiA#(A#4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内(もしくは「やや高め」)であり、音域が広いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowG#については、Aメロで登場します。このlowG#やmid1A#辺りは男性の音域としてはかなり低いです。高音域が得意な男性などはキーを上げてもよいと思います。また、女性にとっては極めて低いレンジであるため、原曲キーの歌唱は困難だと思います。

 次に地声最高音mid2G#はサビなどで登場します。登場頻度は4回と多くはありません。このmid2G#は男性の音域の一つのボーダーであります。歌い慣れた人であっても、人によってはスムーズな発声が損なわれることがあります。そのため、原曲キーで難しいと感じた方は、少しキーを下げてみてください。
 一方、最高音mid2G#で登場回数も4回程度ですので、比較的努力が報われやすい高音レンジともいえます。ある程度カラオケに慣れている方は、原曲キーで試してみるのもよさそうです。


 『アイラブユー』は音域自体がかなり広いため、キーを下げる余地は少ないです。不可能というわけではないですが、少なくとも大きなキー下げには向きにくそうです。反面、高音域は比較的余裕があるため、女性や高音域が得意な男性などはキー上げをするのもよいと思います。同曲は、メロディー自体はかなり親しみやすいのですが、音域が広いため、ビギナーには向きにくいのではないかと私は分析しました

 『アイラブユー』を原曲キーで歌唱する場合、mid2F~mid2G#辺りの中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。この辺りは、おおよそ男性の音域の範囲内といえますが、慣れてないとスムーズな発声が損なわれやすいです。反面、同曲は低音域がかなり低いため、低音~中高音まで幅広く求められます。そのため、「標準~標準より高めの音域の男性(低音域も歌える)」などが原曲キーにマッチしやすそうです。逆に、高音域が非常に得意な男性などは、原曲キーだとやや歌いにくいかもしれません。

 『アイラブユー』は穏やかなラブソングであり、メロディーなども親しみやすいです。音域がマッチする方であれば、楽しく歌える楽曲ではないかと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする