J-POPの音域を調べる(リクエスト受付停止中)

J-POPを中心にボーカルの音域を調べていきます。楽曲の感想なども述べています。

J-POPを中心に歌メロディーの音域を調べ、楽曲の感想なども述べていきます。カラオケや歌ってみたなどに役立てて頂ければ幸いです。

『君がいるなら』(スカート)の音域と感想

 こんにちは。今回はスカートの『君がいるなら』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

『君がいるなら』(スカート)、Kimi ga Iru nara (Skirt)

『君がいるなら』(スカート)










【地声最低音】mid1E(E3)

★新しい朝の匂([]お)い[の向]こうに いつもの横顔が見たい


【地声最高音】hiA(A4) ※サビとCメロ 

★何もなくても 君がいるなら 僕は[まー]た歩いてゆ[ける]mid2F#(サビ)
★その対岸か[] 君(hiA[]mid2G#み)の言葉を想(お[もー])う (Cメロ)




 まず、スカートというミュージシャンについて説明します。スカートはミュージシャン・澤部渡(さわべ わたる)さんによるソロプロジェクトです。西川貴教さんのソロプロジェクトT.M.Revolutionのようなものです。

 ジャンルとしてはギターポップ、シティポップに該当すると思います。メジャーどころで言えば、スピッツやくるり、サニーデイサービスなどが好きな人には合うミュージシャンではないでしょうか。

 2016年ごろ、ミュージックステーションにスピッツが出演した際に、バックで口笛を吹いていた体格のいい男性がバズったことがありました。当時、Mステを見てたという人の中は"スカート澤部さん”を知っている人がいるかもしれません。

 さて、『君がいるなら』についてです。この楽曲は2019年1月23日にスカートのメジャー2枚目のシングルとしてリリースされました。楽曲としては春の爽やかさ漂わせる心地よい作品になっております。私自身非常に耳に残ったので、あまり知名度は高くないのですが、当ブログで取り上げることに決めました。


 『君がいるなら』のサウンドについてですが、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッションという構成で、そこにギターとボーカルを担当するスカート澤部さんが加わります。ミディアムテンポの爽やかな楽曲です。全体として、ピアノパートが春らしさを演出していると思います。メロディーの構成としてはAメロ、サビ、Aメロ、Cメロ、大サビというシンプルな形です。個人的には、Cメロ~大サビにかけてのベースギター(岩崎なおみさん)が非常に心地よいです。

 歌詞については、春ののどかな日を「君」と二人で過ごす風景が描写されます。そうした中で、これからも続く二人の日々に決意を新たにします。全体として、具体的な描写は多くないですが、非常に心地よい世界観であると思います。

 



 さて、『君がいるなら』の音域についてですが、地声最低音mid1E(E3)~地声最高音hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりは少し高いです。

 メロディーが全体的に優しいので、高音部分は多少弱弱しくなっても良いのではないかと思います。ただ、やはりキーが少し高いので、辛い方は原曲より2程度下げる(♭2)と良いと思います。

 『君がいるなら』は女性が歌っても映える楽曲であると思います。非常に爽やかで穏やかです。声が低い方は原曲キーでも良いと思います。一般的な女性であれば、原曲よりも2~3程度上げると良いと思います。

『HANABI』(Mr.Children)の音域と感想

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『HANABI』(2008)を取り上げたいと思います。Mr.Childrenの楽曲は初登場です。よろしくお願いします。
 

『HANABI』(Mr.Children)


【地声最低音】lowG#(G2)

★どれくらいの値打ちがあるだろう? 僕が今生きているこの世界[に]


【地声最高音】hiA(A4) ※転調後大サビのラスト1箇所のみ

★もう一回 もう一回 もう一回 もう一[回]




【補足1】通常サビはmi2F#(F4)(転調後はmid2G)が最高音

mid2F[決して捕まえるこ]との出来ない(通常サビ)
★僕はこ[][]を伸m[ばし][]い mi2F#(F4)


【補足2】ラストhiA以外で一番高いmid2G#(G#4)の箇所

★[どん]2F#[な希]望を抱き進んだらいい?(Bメロ)
★透[]通ってく水の[よう]な 心[]あれたら(Cメロ)

『HANABI』(Mr.Children)










 まず、『HANABI』についてです。『HANABI』はMr.Childrenの33枚目のシングルとして2008年にリリースされました。また、同年発売されたフルアルバム『SUPERMARKET FANTASY』に収録されております。編曲はMr.Childrenと小林武史さんによって行われています。

 この楽曲はフジテレビ系テレビドラマ『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』の主題歌として書き下ろされた作品であります。この楽曲はライブ版がMr.ChildrenのYouTube公式チャンネルで公開されています。2019年3月現在で、4500万回以上再生されております。公開されたのが2017年で、音源がライブ版であることを考えると、驚異的な数字であると思います。

 サウンドついては、最後の大サビの部分で転調が行われ、非常にドラマティックな展開が魅力的です。大サビでの転調はミスチルの楽曲の一つの特徴だと思います。また、バンドサウンドを基調としながら、ストリングやピアノも存在感を発揮しております。ドラマを盛り上げる楽曲構成だと思います。この辺りは小林武史さんが関わったback numberの楽曲とも共通性が見られます。

 歌詞については個人的には「考えすぎで言葉に詰まる 自分の不器用さが嫌い」というフレーズが好きです。私自身は「妙に器用に立ち振る舞え」ないのですが、そうした心と行動が矛盾してしまう点も非常に共感できます。




 さて、HANABIの音域についてですが、地声最低音lowG#(G2)~地声最高音 hiA(A4)でメロディーが構成されております。より細かく見ていくと、hiA(A4)箇所はラスト1か所のみです。また、サビはmid2F#(F#4)(転調後mid2G)が最高音です。よって、この歌を歌う際は、mid2Fmid2Gといった音域を使いこなせることが一つのカギになります。

 mid2Fやmid2Gは、一般的な音域の男性であれば努力次第で到達しうるキーです。ただ、歌い慣れていない人がいきなり使いこなそうとしても失敗する可能性があります。その点は留意しておいてください。高音域が歌いにくい人は最初はキーを少し下げて練習していくと良いと思います。キーを下げて練習する際は低音域はあまり気にしないでください。

 Mr.Childrenの楽曲は、低音域で歌メロディーが展開されることが多いです。この辺が同じ世代のスピッツとは異なります。Aメロなどで低音域が強調される分、サビの高音域が非常に盛り上がるため、ドラマティックな展開が期待できます。
 
 逆に、キーを下げて練習する際には、その点が障害にもなります。つまり、キーを下げると高音部に余裕が出来る反面、低音部が辛くなる可能性もあるのです。ですので、『HANABI』をキー下げで練習する際は、低音部はあまり気にしないようにしてください。



初投稿から50日経ちました

  初投稿から今日で49日です。49日という微妙なタイミングでの投稿になりますが、ブログを始めて感じたこと、気付いたことを書いていきます。


1)頑張って音域を調べてもミスが出る

 私自身の未熟さが一因だとも思います。しかし、比較的最近の投稿でもやはりミスが出てしまった(涙目)。まだまだ経験値が足りてないのかもしれません。

ミスについては以下の傾向が見られました

最低音部のミスが多い
②急激な低音域を逃しやすい
③メロディーの変化が多い歌手、楽曲はミスしやすい

 ①について。高音部はあまりミスは無いのです。逆に低音部だと、ボーカルはどうしても小さな表現になってしまうため、ミスが多くなってしまいます。調べる過程でも、低音部は非常に手間がかかります。多くの人は高音部が気になっている可能性が高いのに、低音部に手間がかかるのは少し辛いです。

 ②と③について。Aメロ等でも急激に下がったり、一瞬だけ最低音を発声したりすると、見落とされがちです。最近ではback numberの『HAPPY BIRTHDAY』のAメロで見落としてしまいました。まだ投稿していないのですが、Mr.Childrenの『HANABI』も最低音部で少し苦戦しました。


2)自分がよく聴いていた曲でも、意外と完璧に聴けていない

 先述したMr.Childrenの『HANABI』、ONE OK ROCKの『The Beginning』などが例です。自分が覚えていたメロディーとほんの少し違うということがありました。少し違うといっても、主に最低音部の1~2音です。自分が認識していた歌メロディーでも違和感は少ないのですが、実際に楽器などで調べていくと微妙に違います。

 もしかしたら自分の一つの傾向なのかもしれません。低音部をしっかり聞けている人からすると違和感があるのかもしれません。今後、改善していくと良いのですが、低音部では今後もミスすることはあると思います。


3)最初の頃の投稿が非常に雑に感じる

 
初期の頃の楽曲は音域の表示なども非常に雑で、解説も非常におざなりです。

"『今夜このまま』や『愛を伝えたいだとか』は最高音が高いので、「あいみょんを歌いたいけど、歌が苦手」な人は『マリーゴールド』を歌いましょう"

こうした表現が一例です。『今夜このまま』や『愛を伝えたいだとか』を歌いたい人にとって、「『マリーゴールド』を歌いましょう」では全くアドバイスになってない合間を見て、少しずつ追記したり、書き直ししていこうと思います。



 最後に、縁あってこのブログを訪れてくれた方には、非常に感謝の気持ちでいっぱいです。繰り返し訪れてくれている方もありがとうございます。私自身、今後も少しずつ投稿していけたらと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。