カテゴリー

『少年』(Mr.Children)の音域 ドラマ『バッテリー』主題歌

こんにちは。今回はMr.Childrenの『少年』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 なお、この楽曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログでも動画の添付は致しません。その点を踏まえて、記事を拝読ください。


『少年』(Mr.Children)
『少年』(Mr.Children)の音域







【地声最低音】lowG#(G#2) 

★足音を忍ばせ 君の扉のm1C#m1A#1D#[ま[え]に]立ち【Aメロ】
m1D#m1C#[な[か]から漏れる声1C#[にみ][を澄ましC#[た]
lowG#m1C[おど]ろか]さない[よう]にそっとノックをしなくちゃな
★ねぇそこm1C#[にい]るんm1D#C#[だ[ろう] m1A#C#[も]う]入っても【Bメロ】
m1A#[き]みのm1C#C[その[内]側]へと 僕は手を伸ばしているよ


【地声最高音】mid2G#(G#4) ※全体で6回程度

★優しく手2FF#m2G#[な[ず[け]るまで【サビ】
m2G#m2D#[ま]だ]時間がかか[りm2F[そ]うなんだ


【裏声最高音】hiC#(C#5) ※サビで登場

★心臓の鼓動m2F[がぼ]くにFm2F#地hiC#裏[襲い[掛[か]ってくる【サビ】


【補足】mid2D#mid2F#を含むフレーズ一覧

★日焼けしたm2D#m2F[み[た]いに心に焼[きF[付い]【サビ】
★熱りがとm2D#2Fm2F#^[れ[なく[て]ぇ] [だ]消えずにいるよ




 まず、『少年』についてです。この楽曲は、2008年にロックバンドMr.Childrenによりリリースされたアルバム『SUPERMARKET FANTASY』(スーパーマーケット・ファンタジー)に収録されております。同アルバムには、『HANABI』(過去記事)、『旅立ちの唄』、『GIFT』などのシングル曲が収録されております。アルバムは130万枚近いCDヒットを記録し、日本レコード協会よりミリオン認定がなされました。アルバムは、2009年度の年間アルバムランキングでトップ3にランクインする等大きな話題となりました。

 『少年』はあさのあつこさんの同名小説を原作としたテレビドラマ『バッテリー』の主題歌として書き下ろされました。その後、ライブで披露されるなどしていましたが、ドラマ化の際はシングルとして発表されず、アルバムに収録される運びとなりました。その点は個人的に珍しく感じました(最近だと配信シングルという選択肢もありそうです)。


 『少年』の音域的な特徴についてです。同曲は男性の音域の範囲内(もしくはやや高め)のレンジで歌メロが作られております。そのため、原曲キーが合う人も多いかもしれませんが、場合によっては少しキーを調整して歌うのも選択肢だと思います。
 同曲は、AメロBメロサビと歌メロが少しずつ盛り上がっていきます。ABメロは中低音の割合が多く、サビで中高音域が多く登場するようになります。上の音域一覧でも分かるように、ABメロについてはmid1C#以下の回数が非常に多いため、高音域が得意な男性だと歌いにくいかもしれません。高音域についてはmid2D#~mid2F辺りが多く、要所でmid2F#,mid2G#などが登場します。

 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから5つ程度上げてみてください。今回は音域自体がかなり広いのですので、人によっては歌いにくく感じられるかもしれません。



 最後に『少年』の音域についてですが、【地声最低音】lowG#(G#2)~【地声最高音】mid2G#(G#4)、【裏声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内、もしくはやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowG#はAメロで登場します。ただ、このlowG#は歌い出しの瞬間的な音であるため、あまり厳密な音程にこだわらなくてもよいのではないかと私自身は判断しました。ただ、低音域としてmid1C#などの頻度が非常に高いため、高音域が得意な男性だと少しキーを上げた方が歌いやすいかもしれません。

 次に、地声最高音mid2G#はサビで登場します。登場回数は全体で6回程度です(各サビ2回ずつ)。このmid2G#に次ぐ地声高音としては、mid2F#が同じく6回程度登場します。こうしたことから、男性の音域としては標準的orやや高く、人によっては少しキーを下げた方が歌いやすいです。一つの目安ですが、原曲キーから1つ程度下げてみてください(原曲キーがマッチするという人も多いと思います)。


 『少年』は低音域が低く、キー下げにはあまり向きません。少しのキー下げならば許容できますが、あまりキーを下げ過ぎると逆に低音域が歌いにくくなる可能性があります。今回の楽曲は音域自体が広い作品ですので、歌い慣れた人はともかくビギナー向けの練習曲としてはやや使いにくい印象です。

 『少年』を原曲キーで歌唱する場合、mid2D#~mid2G#(裏声はhiC#)といった中高音域をしっかり歌いこなせることが求められます。今回はサビを中心にこれらが多く登場します。反面、低音域はmid1A#~mid1D#などが多く、それなりに低いです。
 こうしたことを踏まえると、「標準(orやや高め)~ある程度高音域が得意な男性」などが原曲キーにマッチしやすいと私は判断しました。「高音域が得意(or非常に得意)な男性」の場合は、キーを上げるとより歌いやすくなると思います。


【まとめ】

①ABメロが低音中心、サビは中高音が増える(音域がかなり広い)
②「標準(orやや高め)~ある程度高音域が得意な男性」に合いそう
③「高音域が得意な男性」はキーを上げるのもよい(「女性」はキー上げ推奨)
④メロは分かりやすいが、リズムに少し癖がある

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする