スポンサーリンク
カテゴリー

『口笛』(Mr.Children)の音域

(2020/04/07)MVを添付しました。

 こんにちは。今回はMr.Childrenの『口笛』(2000)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『口笛』(Mr.Children)、Kuchibue


【地声最低音】lowG(G2) 

★頼り無くlowG[ふ]たつ並んだ不揃いの影が(Aメロ)
lowG[で]こぼこの[ま]ま膨らんだ君への想いは


【地声最高音】hiA(A4)  ※サビとCメロ

★途切m2F#[れ]hiA[ない]m2G[よ]F#[う]に(サビ)
★どんな場面もふhiA[たり]m2G[な]m2F#[らわ]らえますように

★こhiA[ど]m2G[も]m2F#[の]G[こ]F#[ろ]に(Cメロ)
★ほhiA[ら い]m2G[ま]m2F#[目]F#[ま]G[え]F#[で 手][ひ]ろげている



【補足】mid2F#mid2G辺り

★永遠に祈る様に遠く 響かm2F#[せ]るよ(Bメロ)
m2G[さ]m2F#[あ 手]を繋いF#[で] ぼくらの現在が(サビ)
★その全てで僕m2F#[は]生きm2G[返]2F#[る]

『口笛』(Mr.Children)









 まず、『口笛』について説明します。この楽曲は2000年に4人組バンドのMr.Childrenによりリリースされたシングル作品です。アルバム『Q』に収録されています。タイアップなどはありません。
 楽曲としては、やや緩やかなテンポのポップなラブナンバーです。音域は広めですが、カラオケなどで歌いたいという人も多いのではないかと思います。



 さて、『口笛』の音域についてですが、【地声最低音】lowG(G2)~【地声最高音】hiA(A4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高く、また音域が広めであります。以下、見ていきます。

 まず、低音部分についてですが、一番低い場面でlowGとなります。私自身はこの楽曲についてはメロディーをしっかり覚えていたつもりなのですが、低音部を楽器で弾きながら細かく見ていくと、微妙にずれていたようです(私が覚えていたメロディーだとmid1Aが最低音でした)。やや微妙な点なのであまり気にする必要はないと思いますが、Aメロの低音部が少し歌いにくいです。lowの音階が難しい場合はmid1Aなどで代用しても違和感は少ないと思います。カラオケなどでは減点されると思いますが…。

 高音域については、最高音がhiAになります。やや高い音階で、歌い慣れた人であっても届きにくいかもしれません。そうした場合はキーを下げても良いと思います。ただ、hiAは各サビで2回ずつなので、エグイほど高音域というわけではありません。キーを下げる場合は、原曲キーよりも2程度下げると良いです。ただ、『口笛』は低音域がキツめなので、あまり下げる余地は多くありません。場合によっては、低音部が苦しくなる可能性もあります。

 『口笛』は音域がやや広めです。よって、キーを下げて練習するといったことにはあまり向きません。mid2G辺りまでこなせる段階になってから、チャレンジした方が良いのではないかと私は考えております。普段歌い慣れていない人が練習するのには、あまりお勧めできない楽曲と言えると思います。

 『口笛』はAメロが低音域で、Bメロサビと少しずつ音域が高くなっていきますが、こうした楽曲の場合は初心者にはあまり向かないものが多い印象です。「原曲だとサビが出にくく、キーを下げるとAメロが出ない」ような状況に陥りやすいです。
 一方で、ドラマや映画のタイアップ曲などはそうした「Aメロが低くくて、サビが高い楽曲」が抑揚が効いていて、作品を盛り上げるのに多いイメージです。ヒット曲にもそうした作品が多くなりがちです。その辺がカラオケなどで悩ましい点だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする