スポンサーリンク
カテゴリー

『アカツキの詩』(スキマスイッチ)の音域と感想

 こんにちは。今回はスキマスイッチの『アカツキの詩』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『アカツキの詩』(スキマスイッチ),Akatsuki no Uta(Sukima Switch)


【地声最低音】mid1E(E3) 

m1E[もう] ずいぶん経ったなぁ


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビ1か所のみ

★ただ mid2F#[君さえ]hiC#[いれ]hiB[ー][ば][いい][の]


【裏声最高音】hiC#(C#5) 

★ただ mid2F#[君が][hiC#裏[いれ]hiB[ー]hiA[ば]G#[いい][の]
★ただ [君さえ]hiC#裏[いれ][ー][ば]m2G#[いい][の]



【補足】mid2FhiB辺り

★現実hiA裏[感]もない 寝不mid2F[足になったよう]な 感じで(Aメロ)
★天mid2F#[井]を見つめながら(Aメロ)
★絡まった中[には] 君の影も [見]当たらF[な]い(Bメロ)
★守[ろう]とした [手]のひらで 握りつ[ぶし]てしhiB裏[まう]hiA[よ](サビ)
★夜が 少し [遠][く]なっていた
★そう、簡[単にダ]mid2G[メ][に]してしまったなぁ(2番Aメロ)


『アカツキの詩』(スキマスイッチ)










 まず、『アカツキの詩』についてです。この楽曲は2006年にスキマスイッチによってリリースされたシングル作品です。アルバムの『夕風ブレンド』にも収録されています。アニメのMVが印象的な楽曲です。スキマスイッチの所属事務所公式のYouTube公式チャンネルでMVも公開され、380万回超もの再生回数を記録しております。

 『アカツキの詩』はミディアムテンポのポップチューンです。メロディーが非常に美しく、サビでは裏声が多用されています。そうした意味で、サビが力強く歌われるようなエモーショナルで豪華な楽曲ではなく、優しい音色の楽曲と言えます。有名曲である「奏」、「全力少年」のような派手さは無いですが、落ち着いた暖かい曲ではないでしょうか。

 歌詞については、相手に多くを求めてしまい、良かれと思ってやっていた行為で相手を傷つけてしまったという後悔が歌われています。Aメロに「多くを 欲しがったら 揺らぐ バランス」とありますが、このフレーズが楽曲を象徴していると思います。
 また、2番のAメロにおいては「愛情を注いでいれば 花も咲く と 信じこんでいた」とあります。主人公の「僕」が抱く「愛情」が「独りよがり」になっている様が描かれていると思います。

 個人的に好きだと思ったフレーズは「いつだって 茶化しては からかいあっていたはずなのに いつの間にか冗談に聞こえなくなって 気付けば 君は泣き出していた」という2番の歌詞です。このフレーズでは「「君」が傷付いているのに、涙を流すまで気付かなかった」という場面であります。主人公がバランスを欠いている様子が描かれていると思います。また、現実でもありそうなシチュエーションだと思いました。冗談で言った言葉で相手の表情を曇らせてしまうということは、恋愛でなくても起こりえます。言葉というものは刃にもなりうるものだと感じられる歌詞だと思いました。





 さて、『アカツキの詩』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3) ~【地声最高音】mid2G#(G#4) 、【裏声最高音】hiC#(C#5)でメロディーが構成されております。地声については、一般的な男性の音域の範囲内であると考えてよいと思います。

 地声最高音のmid2G#、それに準ずるmid2Gについてはそれぞれ1か所ずつのみです。よって、楽曲の中心はmid2Fあたりになります。図で示されるほど難しい楽曲ではないと思います。一般的な男性の音域の範囲内であるmid2F辺りを確実に歌いこなせることが一つの目標になります。『アカツキの詩』はmid2F,mid2Gなどの男性の音域を使いこなす良い練習になる楽曲だと思います。

 また、『アカツキの詩』ではサビで裏声が多く使われます。hiC#~mid2F#の範囲で裏声が登場します。その点においては裏声の練習にもなる楽曲だと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする