(2019/02/11)初投稿
(2019/11/27)mid2E,mid2F#などの音域を詳細に記載しました。解説部分も加筆しております。


『16』andymori 16(andymori)



【地声最低音】mid1E(E3)  

★16(m2C#[じゅう]m2D[ろ]C#[く])のリズムで空を行[く] 


【地声最高音】 hiA(A4) ※計3か所登場します。

★ 歌いm2E[続]m2F#[け]hiA[て]F#[か]E[ら]幾年が過ぎ




【補足】その他の注意箇所(サビ冒頭)

★なm2E[んでも]m2F#[な]い日を繰り返し
『16』andymori










 こんにちは。今回はandymori(アンディ モリ)の楽曲『16』(2010)を取り上げます。よろしくお願いします。これまでブログで取り上げてきた楽曲の中では最も古い作品になると思います(カバー曲を除く)。

 まず、andymoriとは2007~2014年まで活動していた3人組の日本のインディー・ロックバンドです。現在、メンバー3人はAL(アル)というバンドで活動しています。
 andymoriは一般的に知名度の高いバンドではありませんが、2000年代末から2010年代前半において、非常に大きな影響を与えたバンドの一つと言えると思います。著名なファンとしてはあいみょんさんや菅田将暉さんなどが挙げられます。

 音楽的な特徴は様々あると思いますが、個人的には、ボーカルの早口な言い回し、荒々しいドラムとベースが印象的でした。また、ボーカルで作詞作曲を行う小山田壮平さんの独特な歌詞も魅力的です。一方で、楽曲全体の構成は非常にシンプルであり、尺の短い楽曲が多いように感じます。

 ここでは2009年のファーストアルバム『andymori』に収録されている『FOLLOW ME』という楽曲を紹介しておきます。




 さて、今回紹介する『16』はアルバム『ファンファーレと熱狂』(2010)に収録された楽曲でありますが、非常に人気の高い作品です。MVは無く、youtubeの公式サイトではライブでの演奏のみが配信されています。楽曲的な特徴としてはボーカルの奏でるアコースティックギターを中心とした郷愁溢れるフォークなサウンドになっています。歌メロディーもAメロとBメロのみという非常にシンプルな構成で、尺の短い曲です。


 


 シンプルなアレンジであるが故に、この楽曲の大きな特徴はメロディーや歌詞に集約されると思います。歌詞の内容は「空虚な思春期(16歳)」といった感じでしょう。美しいとされる思春期ですが、誰しもキラキラに輝く10代を送れるわけではありません。夢も見つけられず(あるいは失ってしまい)、「どこにも行けない」虚ろな日々を過ごしている若者の姿が描写されます。

 『16』の歌詞の好きなところは多いのです。一部のフレーズだけを取り出すならば

★約束ばかりが増えていく 空っぽの空の向こうに
★変われない明日を許しながら なんとなく嘘をつくのさ
★昔の誰かに電話して 貰った花をまた枯らしながら

といった箇所が非常に頷(うなず)かされます。
 「美しくなれない若人の姿」をボーカルの小山田さんは優しく包み込んでくれています。そうした点が今でも多くの共感を呼ぶのではないでしょうか。
 ちなみに、「どこにも行けない」というフレーズを聞くと米津玄師さんが有名ですが、このandymoriも「どこにも行けない」というフレーズがたびたび出てきます。米津さんとandymoriに共通する、そうした若者の切り取り方は非常に面白いと思います。

__________

 さて、『16』の音域ですが、地声最低音 mid1E(E3) ~地声最高音hiA(A4)で、歌メロディーが構成されております。比較的狭い音域でありますが、メロディーの上下が激しいですので、思った以上にしんどいです。また、最高音hiAはAメロの序盤でいきなり登場します。全体として丁寧に歌いこなす必要があると思います。

 hiAは一般的にはやや高い音階です。カラオケなどで歌う際、高音域が苦手、もしくは歌い慣れていない男性の場合1つか2つキーを下げる(♭1~♭2)とよいでしょう。楽曲がアコースティックギター中心のアレンジで、メロディーも落ち着いていますので、キーを下げても上手くメロディーが歌いこなせていれば雰囲気よく表現できると思います。

 ちなみに女性シンガーソングライターのあいみょんさんはインスタライブで、この『16』を原曲キーから2つ下げて、弾き語りをしています。あいみょんさんらしく渋いアレンジになっています。
 『16』のキーを2つ下げて(♭2)で弾き語ることの利点は、実は他にもあります。それはコード進行がかなりシンプルになるということです。初心者が弾き語りの練習をするのに、キーを2つ下げた『16』(-2)はもってこいだと思います。

 ちなみにカラオケで女性が歌う場合は原キーか、1~2つキーを上げると良いと思います。低音域が得意な方はあいみょんさんのキー(原曲から2つ下げる)で弾き語りをしてもよいと思います。