こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『SWEET TWEET』(2015)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。


『SWEET TWEET』(Official髭男dism)


【地声最低音】mid2C(C4)  


【地声最高音】hiD(D5)  

hiD地[なん]hiC[てス]hiA[テ]m2G[キ][恋]hiC[なん][だ!](ラストサビ)
hiD[恋]hiC[する]hiA[ぼ]m2G[く][ざむメ]hiA#[モ]A[リー]


【裏声最高音】hiD(D5)
 ※1,2番サビ


hiD裏[大]hiC[して]hiA[決]m2G[め]ちゃ[ないん][よ]


【補足】

hiA[愛]m2G[す]る君の[声][が]
m2C[どん]なうm2G#[た]m2G[よ]り聴[きた][く][なっ]
★それだm2G[け]hiA[なん][だよ]hiA#[なす]hiA[こ]とも
★震える指でダイヤルするm2G[よ]るはスロー[さい]せいで

hiA[少しかす]m2G[れ]m2G#[低くもた][か]くも[ない普通]の(Aメロ)
m2G[二音半]hiA[あ]hiA#[が][る]
hiA[君の口]癖やhiA[適当な]hiA#[相][槌]さえも(Bメロ)
★いm2G[ろ][く][き付]hiA[い][た]んだ
★じゃhiA[あ]m2G[ね][と][ね][むり]hiC[に]G[つい]た(2番Bメロ)

hiA[あ]m2G[い]A[す]G[る]A[き]G[み]A[の声]G[は]A[メ]hiA#[ロ]A[ディ](ラストサビ) 

※ラストサビの繰り返される部分の表記は省略しています。
『SWEET TWEET』(Official髭男dism)









 まず、『SWEET TWEET』についてです。この楽曲は2015年に4人組バンドOfficial髭男dismによりリリースされたアルバム『ラブとピースは君の中』に収録されている楽曲です。このアルバムはヒゲダンにとって1枚目のミニアルバムであり、その1曲目にこの『SWEET TWEET』が収録されています。記念すべき楽曲といえると思います。
 『SWEET TWEET』はOfficial髭男dismのYouTube公式チャンネルでMVが公開されており、2019年9月現在、約750万回もの再生回数を記録しています。インディーズ作品の中でも多くの再生回数を記録している楽曲であると言えます。

 『SWEET TWEET』のサウンドについてです。ヒゲダンらしいピアノを基調としたバンドサウンドです。また、四つ打ちのビートであり、ポップなメロディーが一層引き立ちます。
 一方で、ピアノロックでありながら、ギターの見どころも多い作品でもあります。ヒゲダンはピアノやキーボードが中心となる作品も多く、バンドでありながらギターが裏方に回ることも多いように私自身は感じています。そうした中で、この『SWEET TWEET』はヒゲダンらしい爽やかなポップサウンドでありながら、長めのギターソロがあるなどギターも非常に目立っています。

 歌メロディーについては冒頭にサビが来て、AメロBメロサビという構成です。キー自体は高いですが、メロディーの音域は少し狭めであります。しかし、同じフレーズでも微妙に音程を変えるなどして、彩りを与える工夫がしてあります。私自身の知識が拙く上手く言語化できないのですが、mid2C~hiDという音域(15個の音)の中で、使える音を上手く使いこなしている印象です。例えば、転調などは行ってないにもかかわらず、サビではmid2G以上の音階ではhiBとhiC#以外の音は全て登場します。音域を調べる中で、ヒゲダンの歌メロディーは高音部を中心に、音を余すことなく使うメロディーの作り方をしているような特徴があるのではないかと私は解釈しています(細かく検証してみても面白いかもしれません)。



 さて、最後に『SWEET TWEET』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hiD(D5) 、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。

 まず、地声最高音hiDですが、ラストのサビで登場します。このラストのサビが無ければ、地声最高音はhiA#のはずでした。さて、hiDについてですが、地声で出るのであればベストです。ただ、hiDはあまり一般的な音域ではありません。よって、裏声で対応できるならば裏声で対応したいです。
 例えば、1つ目の「hiD地[なん]hiC[てス]hiA[テ]m2G[キ][恋]hiC[なん][だ!]」の部分はhiD,hiC辺りは裏声でも良いのではないかと思います。当然原曲のニュアンスとは少し変わってきますが、hiDの音階は通常のサビでは裏声です。よって、このラストのサビで裏声で歌うこともあり得る選択肢だと判断しました。
 次に2つ目のhiD場面である、「hiD[恋]hiC[する]hiA[ぼ]m2G[く][ざむメ]hiA#[モ]A[リー]」については、原曲とは異なる音階で上手くメロディーを取っても良いと思います。原曲ではこのフレーズは様々な音階で繰り返し歌われています。故に、自分の歌える範囲でメロディーを即興で作っても良いと思います。プロのミュージシャンでもライブでそうしたことを行う人が居ます。
 これら方法であれば、地声がhiB辺りまでしか出なくても『SWEET TWEET』をある程度違和感なく歌いこなすことが出来ると思います。一方で、カラオケなどで高得点を目指したいといった方は原曲に忠実に歌う必要がありますので、この方法は向きません。とはいえ、hiA#辺りまで歌いこなせるのであれば、この方法で原曲キーで歌いこなせるチャンスがあると思います。ある程度現実的な作戦であると私は考えています。
 
 この『SWEET TWEET』は音域自体はあまり広くありません。故に、キーを大きく下げて練習するといったことも行いやすいと思います。たとえば、地声最高音をmid2Gにすると、最低音はmid1Fに設定されます。一般的な男性の音域辺りまでキーをさげても、「低音部がきつい」といったことは起こりにくいです。その点で、練習曲などにも使いやすいと思います。以前レビューした『ESCAPADE』(【最低音】mid2C(C4) ~【最高音】hiD(D5))とともに練習に使いやすい楽曲です。