こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ニットの帽子』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『ニットの帽子』(Official髭男dism)、Knit no Boushi 
『ニットの帽子』(Official髭男dism)









【地声最低音】mid1E(E3)  

★夜と光が彩るみm2G[ち]は1人で歩くには冷た過ぎm1E[た](Aメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※ラストサビで1回

★ hiA[あ]m2G#[の][ゆ][の]hiB[きみ]hiC地[を](ラストサビ)


【裏声最高音】hiC(C5)  ※サビで登場

★いhiC裏[た]hiB[い]C[よ](サビの最後)

※曲全体で2回登場[1番、2番サビ]


【補足】mid2FhiA辺りの注意点

★そっm2G[と]m2F[ま]G[え]をつぶhiA[や]G[いたよ](Bメロ)

hiA[ニッ]m2G[ト]G[帽子]A[が]今年も街に溢m2F[れ]たら【サビ】
★無意識にきm2F[み][さ]がし[てし]まう癖も治るF[か]m2G[な]
★(何度もこっちを振り向いて)浮かべたえm2F[が]m2G[お]


 まず、『ニットの帽子』についてです。この楽曲は、2016年に4人組ロックバンドOfficial髭男dismによりリリースされたEP『What's Going On?』に収録されています。インディーズ時代の作品であり、冬がモチーフになった失恋ソングになります。

 『ニットの帽子』はジャズ色の強いゆったりめのバンド曲です。ヒゲダンはアルバム曲の中にゆったりしたジャジーな作品が見られることがあり、同曲も、私自身非常に気に入っております。
 
 歌メロについては、AメロBメロサビといった馴染みやすい形で作られております。アルバム曲ということもあり、歌メロのキーはヒゲダンの楽曲としてはやや抑え気味であります。それでも、一般的な男性の音域よりは高いですので、多くの人はキー調整をした方が歌いやすいと思います。




 さて、『ニットの帽子』の音域についてですが、【地声最低音】mid1E(E3)~
【地声・裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiCはラストのサビで1回だけ登場します。登場回数としては少なめですが、全体として落ち着いた作品ですので、このhiC場面でもあまり声を張り上げすぎないように上手くコントロールしたいところです。通常のサビではhiAが地声の高音になります。
 hiC等は一般的には高めの音階になりますので、男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲キーから3つ程度を目安に下げてみてください。

 『ニットの帽子』は高音寄りの音域であり、低音部分に余裕があります。よってキー調整は可能なのですが、音域自体が広めですので、歌い慣れた人向けの作品になると思います。歌い慣れていない人は別の易しめの作品から練習した方がよいのではないかと思います。

 『ニットの帽子』はメロなどは難しい部分もあまり見られず、難易度自体は滅茶苦茶には高いわけではないです。アルバム曲ということもあり、ヒゲダン作品の中でも手を付けやすい部類に入ると私は分析しました(一般的には少し難しめ)。冬の季節にも合いやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。