こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『Missing You』(2016)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『Missing You』(MY FIRST STORY)


【地声最低音】mid1G#(G#3)  

★Whenever you are feeling lone[ly]m1G#(Aメロ)
m1G#[大]切な[モ]ノは[ココ]にある[のに](ラストサビ直前)
★君と僕だけが[今]、ま[だ][だ][だ][だ]遠く[て]


【地声最高音】hiD#(D#5)  ※サビで頻出(曲全体で18回)

★We can’t hiD#[find] hiC[you] hiA#[a-]-ny-[-thing] C[now!!]




【補足】hiA#hiC#の注意箇所

★暗hiA#[闇の]中 切りhiC[裂][かれ]A#[た](Bメロ)
★きおhiC[く]hiC#[を][よ]C#[み]C[が]hiA#[ぁ][ら]せ[て]
★たった一つのhiA#[ぉ]hiC[も][いで]も丸めて投げ捨て[て]

★I will hiA#[ne]ver [ne]ver [ne]ver [ne]ver A#[ne-]hiC[-ver]A#[say] it

★You’ll decide, it hiA#[may] be hard to achieve and(Cメロ)
★if you could leave it hiA#[some-]hiC[-where] [in] your heart
★Today, it will now hiC[be with you]

『Missing You』(MY FIRST STORY









 まず、MY FIRST STORYについて少し説明します。MY FIRST STORYは、2011年より活動する5人組のロックバンドです。現在、メンバーの一人が無期限活動休止中であり、2015年以降は、主に4人で活動しております。音楽のジャンルとしては、エモーショナルハードコア、スクリーモ、オルタナティブメタルなどに当たります。当ブログでは、少し前にシンガーソングライターさユりさんとのコラボ作品『レイメイ』を取り上げました。
 歌声を聴いた方にはピンとくるかもしれませんが、MY FIRST STORYのボーカルHiroさんは、ONE OK ROCKのボーカルとして活躍されるTakaさんの弟に当たります。声質的には、Hiroさんの方が若干声色が高く、クリアです。音域的には、『レイメイ』でも取り上げましたが、男性ボーカルとしては非常に高いです。

 
 さて、『Missing You』についてです。この楽曲は、2016年にマイファスによりリリースされたアルバム『ANTITHESE』に収録されています。シングル作品などではありませんが、アルバムの発売に先立ち、レーベルのチャンネルでMVが公開されました。
 『Missing You』の再生回数は2019年10月現在、2000万回近くに上っております。非常に人気の高い作品のひとつです。また、外国の方々によるコメントも目立つ点も特徴的です。





 さて、『Missing You』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3) ~【地声最高音】hiD#(D#5) で歌メロディーが構成されています。女性のような音域で歌メロディーが構成されています。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音のmid1G#ですが、Aメロで登場します。また、ラストのサビの直前では、サビのフレーズよりも1オクターブ下のメロディーが登場します。その場面で、mid1G#が多く登場します。これは言い換えれば、通常のサビの部分ではmid2G#が頻出することも意味します。ちなみに、今回、mid2G#を表記すると、図がごちゃごちゃになりますので、上図では割愛しています。

 さて、地声最高音hiD#についてですが、各サビで6回ずつ、楽曲全体で合計18回登場します。かなり高いキーです。『Missing You』は疾走感あふれるバンドサウンドであり、ボーカルも力強く歌唱されています。よって、裏声で対処することも難しいです。

 一般的な男性の場合、キーを下げた方が歌いやすいと思います。原曲から7つキーを下げると、hiD#からmid2G#に設定されます。もしくは、原曲キーから5つ上げて1オクターブ下を歌唱するのも良いかもしれません(この場合でも最高音はmid2G#)。男性が原曲キーで歌うには非常に高い音域です。

 『Missing You』は音域的には決して広い方ではありません。よって、キー調整を行って練習することにもある程度向いています。普段歌い慣れていない人は、キーを3つ上げて、1オクターブ下を歌うのが良いかもしれません。その場合、音域はmid1B~mid2F#に設定されます。キーを下げ過ぎると、低音部分が歌いにくくなりがちです。このキーで難しい場合は別の曲で歌い慣れた方が良いかもしれません。

 ※余談ですが、『Missing You』は女性のような音域です。一般的に、「女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合は、キーを3つ程度上げて1オクターブ下を歌唱すると合いやすい」と言われます。これは、女性ボーカルの最高音がhiC~hiEあたりに当たることが多いから、3~4つ上げると男性の最高音(のちょうど1オクターブ上)になるからだと思います。女性ボーカルの楽曲を男性が歌唱する場合、覚えておいてもいい法則かもしれません。
 ただ、女性ボーカルの楽曲も音域が非常に高い曲や、逆にキーが低い曲など様々ありますので、あくまで目安と考えてください。