スポンサーリンク
カテゴリー

『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)の音域

こんにちは。今回はMY FIRST STORYの『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。リクエストによる選曲です。


『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)
『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』(MY FIRST STORY)









【地声最低音】mid1G#(G#3) 

m1G#[と]おい宇宙の星 hiB[平]hiA#[衡]したまま(Aメロ)
★同じ夜をm1G#[ね]がいながら見上げた


【地声最高音】hiE(E5)  ※各サビ1回ずつ

★乗り越hiB[え]る意B[味]があhiE[る]hiD#[から](サビ)


【裏声最高音】hiE(E5)  ※サビ前で登場

★手を伸hiA#[ば]しhiE裏[て]hiD#[る](Bメロ)


【補足】hiB(一部略)hiD#の注意点

★本hiB[当の]B[りに] hiC#[い][ま(Bメロ) 

★悪かしくhiB[うる]B[しいじん]hiD#[せ]いが 息苦しく[ても](サビ)
★目標(かべ)はhiB[た]かければ hiC#[た]hiB[かい]B[ど] 
★闘い続けていhiD#[く]から

hiB-hiC#[[な][が][な]きゃ[は]]hiD#[ま][ら]ない[よ] (サビ後半)
★「誰」も「何」hiD#[も]hiC#[言]hiB[えやし]ないB[よ]
hiB[か][や][り]hiC#[せ]hIB[か]いへと 変えれB[る]
★ひとhiB[り]じゃhiC#[な]B[か]hiD#[ら]

★心hiB[を]hiC#[か]hiD[たく]閉ざし(2番Aメロ)
★あのhiB[日の] B[や]くそB[く]をぉ 果hiC#[た]ihD#[して](ラスサビ前)



 まず、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドMY FIRST STORYによりリリースされたシングル作品で、音楽ユニットEGOISTのchellyさんとのコラボ曲です。タイトルは、「ミリオンタイムズ」と読みます。同曲は、ゲームアプリ『デュエル・マスターズ プレイス』のために書き下ろされました。

 『1,000,000 TIMES』はシングル曲は、EGOIST・chelly(チェリー)さんとのコラボになっておりますが、アルバム『Ⅴ』ではボーカルHiroさんのソロとして歌唱されております。今回の音域調査は、シングル版を調査しておりますが、2つのバージョンを聴き比べてみるのも面白いと思います。

 さて、『1,000,000 TiMES』の音域についてですが、男性曲としては極めて高く、むしろ女性曲に近いです。上述しておりますが、サビメロが長く、hiD#が頻出します。音域自体はでたらめには広くないので、キー調整は可能です。ただ、そうした特徴こそが、原曲キーでの難易度を非常に高めております。






 さて、『1,000,000 TIMES feat. chelly (EGOIST)』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G#(G#3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiE(E5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiEは各サビで1回ずつ登場します。ここも重要なのですが、上述のようにサビを中心にhiD#が多く登場します。このhiD#辺りが安定的に歌えると形になりやすいです(男性には難しいです)。
 マイファスにはhiD#が頻出する『Missing You』(過去記事)という曲があるのですが、感覚的にはこちらよりも『1,000,000 TIMES』の方がずっと難しいです(『Missing You』が簡単というわけではない)。
 この辺りは一般的な男性の音域よりもかなり高いですので、キーを下げたりして調整してください。ただカラオケの際は、男性の場合はキーを下げるよりも、キーを4つ程度上げて、1オクターブ下を歌唱した方が調整しやすいと思います。

 『1,000,000 TIMES』は音域自体は滅茶苦茶には広くないですので、キー調整はしやすいです。ただ、歌いこなすには、やはりしっかり練習を重ねておく必要がありますので、キーを調整するにしても歌い慣れていた人向けの楽曲です。

 ちなみに、この楽曲は、女性でも歌唱することが可能です。原曲キーで歌唱することも可能だとは思いますが、一般的にはキーを少し下げて、歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。(キーを調整する場合でも、歌い慣れていない人向けの作品です)。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Kaz Sakamoto より:

    リクエストに答えていただきありがとうございます!
    HiEってサビ前のロングトーンだと思いましたが、地声でも出てたのですか…
    ロングトーンhiD#にもびっくりです(hiCくらいだと思っておりました)キツくて当たり前ですね
    今日カラオケ行くのでまた挑戦してみます(笑)

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    サビの一番高いところがhiEですね。各サビ1回ずつです。
    裏声のhiEはサビ前のところです。曲全体で2回です。
    この曲は、hiD#辺りが頻出してるので、しんどいです。

  3. Kaz Sakamoto より:

    >>2
    初めて聞いた時点で高すぎてびっくりしたのですが、hiD#頻出までは思ってなかったですね…これライブではキー下げそうです
    記事にも触れられているMissing youもたまに歌いますが、こちらは調子良ければ歌えますが、ミリオンの方は果たしてものに出来るかどうか…

  4. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    Missing Youとミリオンは発声の仕方が微妙に違う気がしますので
    もしかしたら、ライブでも原キーかもです。
    キー下げても、十分むずいですが。

  5. Kaz Sakamoto より:

    >>4
    あとこの曲、高いだけでなく歌い回しも急がしいですよね、息継ぎポイントもほとんどない…
    全ての要素において鬼畜クラスの難易度ですね
    あと、EGOISTのボーカルの方はサビで裏声も使ってるように聞こえます

  6. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>5
    テンポが速くて、次々フレーズが登場するのもしんどいところですよね
    あと、メロディーが美しいので、ミスが目立ちやすいかもしれません。
    EGOISTさんが裏声気味に発声してるのは、Hiroさんとの対比ではないかと
    思います。
    高音がクリアな方は、声を張るよりも裏声気味の方がよい場合もありますね。
    女性だと、無理して声を張らずに、裏声に行く人が多いように感じます。

  7. Kaz Sakamoto より:

    >>6
    男性の裏声は、表声とくらべて声質が大きく変化するので、使いにくい風潮を感じますね(ロック系だと特に)
    時雨、クリープなど、発声ジャンルが明らかに異なるものを除くと、この曲は恐らく今までで高い男性曲の気がします、これだけ高いのに地声感が強く残ってるのが特徴だと思います

  8. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>7
    確かにこの楽曲は地声感が強いですよね。

  9. Kaz Sakamoto より:

    >>8
    Twitterに音声あげてみたので、迷惑でなければ聞いてみてくださいw

  10. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>9
    拝聴しました。凄い高い声出ますね。
    自分が歌いたいと思ってる最高音hiC~hiD位の曲が
    滅茶苦茶映えそうで、羨ましいです。

  11. Kaz Sakamoto より:

    >>10
    お褒めの言葉ありがとうございますw
    hiD以上が出るのは、入室から1時間ちょいくらいの短い時間ですね、5時間くらいでhiA位に落ちる時もあります…
    あとこの曲、高すぎて意外と出るタイプに感じました。マイファスだと無告とかは声を上に上げにくかったです

  12. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>11
    自分はhiC位までの曲を休み休み歌う感じですね。
    ヒトカラだと多分5時間も持たない。

  13. Kaz Sakamoto より:

    >>12
    ヒトカラ行き始めた頃の自分が、まさにそんな感じでした、ピーク時でもmid2Gくらいの曲も歌っていたし、無理したら5時間くらいでmid2Gくらいに落ちてました。
    今はピーク時は高い曲ばかり歌って、調子みて下げて行く感じです、あと、30超えてきたら、喉もだけど体が疲れますね…