こんにちは。今回はUVERworldの『CORE PRIDE』(2011)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。


『CORE PRIDE』(UVERworld)

『CORE PRIDE』(UVERworld)










【地声最低音】mid1D(D3)  ※冒頭などに登場するラップ

★要はリミットラインをm1D[すべて]凌駕 etc.


【地声最高音】hiD(D5)  ※ラストサビで1か所

それぞhiD[れ]hiC[の]hiA[場]G[所で]


【補足】mid2GhiCの注意箇所

m2G[やっ]ぱ日G[々は]G[かん]せん こう 
★そつm2G[なく]G[なし]てちゃ G[NO] hiA[NO]
m2G[と]どかぬG[も]のやかhiA[ぎりある]hiA#[も]iA[のに][~]G
★嫌いで許せなかった あの大人達と同じじゃんm2G[か]

hiA[どうし]m2G[たっ]て 叶わなG[い]  G[え]hiA[らごと]hiA#[だ]A[ろ]G[う]
★むhiA[ねを燃]m2G[やす]火は誰にも消せやしない
★この胸の火 それが「プライm2G[ド]

★予報通りに降m2G[り]出した雨
★熱くなってなm2G[ぐ]り合いになった

★自hiA[分で]hiC[変え]てみせる(ラストサビ)
★こm2G[れ]G[そう]「プG[ライド]
★まm2G[だ][だ][え][な] こG[こ]G[の]hiA#[火を][~]hiA




 まず、『CORE PRIDE』についてです。この楽曲は、2011年にロックバンドUVERworldによりリリースされたシングル作品です。同年にリリースされたアルバム『LIFE 6 SENSE』(ライフ・シックス・センス)に収録されました。タイアップとして、加藤和恵さんによる同名漫画を原作とした、TBS系アニメ『青の祓魔師』の主題歌に起用されました。

 『CORE PRIDE』は疾走感のあるロックナンバーです。現在では正式加入されたSEIKAさんもサックスとして参加しています。個人的にはラストサビの前に入るアコギが耳に残ります。アニメの主題歌ということもあり、カラオケなどで歌唱しても非常に盛り上がるのではないかと思います。


 さて、『CORE PRIDE』の音域的な特徴についてです。地声最高音のhiD、hiCといった音階が登場しますが、サビ等で多く登場するのはhiA,hiA#といった音階です。また、mid2Gも頻出します。ラップパートなどを除けば、中心となる音域は滅茶苦茶広いわけではないので、キーの調整などはしやすいのではないかと思います。

ライブの音源ですが、『CORE PRIDE』は0:25辺りから演奏が始まります。


 さて、『CORE PRIDE』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3) ~【地声最高音】hiD(D5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiDですが、先にも述べましたように1か所のみの登場になります。hiCなどもラストのサビのみです。この辺りのキーは一般的な男性の音域よりも高いです。しかし、1か所ののみですので、頑張ってみるのも良いと思います。ただ、hiA等の音階がある程度コントロールできている必要があります。普段歌い慣れていない人が、無理矢理発声するのはお勧めできません。

 『CORE PRIDE』はサビ等でhiA,mid2Gといった音階が多く登場します。また、hiA#も登場します。最高音hiDに目が行きがちですが、こうした楽曲の中心となる音階(hiA,mid2G等)を確実に歌いこなしていきたいところです。一つの目標として、まずhiA,mid2G等を確実に歌いこなすことを掲げた方が良いと思います。

 ただ、一般的な男性の場合、hiA#等は少し難しいかもしれません。原曲から少しキーを下げて歌唱するのも良い選択肢だと思います。例えば、原曲キーから2つ下げると、サビのhiA、hiA#がmid2G(#)あたりに設定することが出来ます。

 『CORE PRIDE』はラップパートなどを除くと、音域はそこまで広いわけではありません。よって、キーを下げて歌唱することにもある程度向いているのではないかと思います。ただ、TAKUYA∞さんの独特な歌唱、ラップパートなどを考えると、初心者向きの曲では無いです。普段歌い慣れていない人は、別の曲で歌い慣れた上でチャレンジするのが良いと思います。