こんにちは。今回はマカロニえんぴつの『生きるをする』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『生きるをする』(マカロニえんぴつ)、Ikiru wo Suru(Macaroni Enpitsu)
『生きるをする』(マカロニえんぴつ)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  ※AメロとBメロ

★本音がよm1D#[わ]m1D#[に]なっD#[た]な(Aメロ)
★ずっとまだ伝えてない伝えたm1D#[い]D#[と]ば(Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※サビとラストサビ

★(どこへ向かう)m2G#[た]G#[だ]としhiB[て]hiA#[も]ぉ(サビ)
hiA#[どこ]へ向A#[かう旅]だってm2G#[いい] hiB[いい]hiA#[の]さ(ラストサビ)


【補足】mid2F#(一部のみ)hiA#の場面

★僕m2F#[が][を]m2G#[あ][い]hiA#[し]抜くこ[と](サビ)
★くすぶるm2F#[のは]、ちゃんと[燃えた][ら]m2G#[だ]
m2G#[た]m2F#[だ]、目を見開いG#[て][ゆ][を見る]
hiA#[ゆ]m2G#[め]m2F#[を][る]

★居F#{場]所は増m2G#[え]F#[た]りす[る](2番Aメロ)
★まだ手をとりあっm2G#[て](2番サビラスト)

★正義の切れあm2G#[じは]m2G[ど]んなだ (Cメロ前半)

m2F#[勇敢でいたい]F#[立ち向かい]たい(Cメロ後半)
★m2F#[眠ってい]hiA#[た ストー]m2G#[リー]
A#[凄いス]G#[ピー]A#[で覚ましたいや]
★生hiA#[き]m2G#[る][する]


 まず、『生きるをする』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドマカロニえんぴつによりリリースされたシングル作品です。デジタルシングルとしてリリースされました。フィジカルリリースとしては、11月にはEP作品である『愛を知らずに魔法は使えない』の1曲目に同曲が収録される予定であります。同EPはマカロニえんぴつ初のメジャー作品であります。
 『生きるをする』はアニメ『ドラゴンクエスト ダイの大冒険』のために書き下ろされました。同アニメは、1990年代に5000万部のヒットを記録した漫画が原作になっており、当時、漫画を見ていた方には懐かしく感じるかもしれません。
 
 さて、『生きるをする』は疾走感のあるロックナンバーであります。アニメの主題歌ということもあり、冒頭からサビが登場し、AメロBメロサビといった形で歌メロが作られております。一方で、同曲は、Cメロが少し独特な展開をする点が、非常に耳に残ります。




 さて、『生きるをする』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBはサビで1回ずつ、ラストのサビでも1回登場します。また、サビやCメロではhiA#が多く登場します。
 この辺りは一般的な男性の音域よりも高めですので、キーを3つ程度下げた方が歌いやすいと思います。Mr.Children、back numberなどと近い音域であり、目安としては「カラオケは得意だけど、ヒゲダンなどは少し高い」といった人は、この楽曲は合いやすいと思います。

 『生きるをする』は低音部分に余裕があり、キーの調整は可能です。ただ、上述のように、低音部分の登場回数が意外と多いので、見た目ほどの余裕はないと思います。「キー調整は可能だが、歌い慣れた人向けの作品」だと私は判断しました。
 歌い慣れていない人はある程度別の曲で練習した上で、この曲にチャレンジすると良いのではないかと思います。

 『生きるをする』は人気アニメの主題歌であり、マカロニえんぴつのメジャー初の作品でもあります。今後、今以上に注目が集まってくるかもしれません。