こんにちは。今回はB'zの『Real Thing Shakes』(1996)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『Real Thing Shakes』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVがフル公開されておりません。よって、当ブログにおいても添付動画はショートバージョンになります。ご了承ください。


『Real Thing Shakes』(B'z)

『Real Thing Shakes』(B'z)










【地声最低音】mid1G(G3) 
 ※2番サビラスト

★I got something, m2A[I] need to say


【地声最高音】hihiA(A5)  ※2番AメロとCメロ

☆I just hiD[want you] hiE[to] D[get] hiF#[closer to] hihiA[me]
★I can tell you, hihiA[I've been] hiG[ach-][-ing]hiF
★Who's cryin', hihiA[who's] hiG[cry-]hiF[-ing] hiG[no-]F[-w?]

※☆の部分は裏声のようにも聞こえるのですが、今回は地声としました。


【補足】hiB(一部のみ)~hiF#

hiB[Can't] hiD[fall] hiB[a-][-sle-]hiE[-ep], hiB[I don't know] why(Aメロ)
★I know it's hiD[not] cause of the world situa-[-tion]D
hiD[Watching T]hiF#[V] bad news D[all a-]hiE[-rou-]D[-nd]
★But that's hiD[not the] hiE[re-]D[-ason] hiF#[I'm so] hiE[scare]D[d] E[no-]D[-w]

★You and me, we can find hiA[a way to] hiB[fly](サビ)
★Don't wanna lose you, don't wannahiD[ turn] a[way](Cメロ)
★You and me, we can find a way hiD裏[ to fly](ラストサビ)


※hiBを全て記載すると表記がカオスになりますので、ごく一部のみ記載します。




 まず、『Real Thing Shakes』について説明します。この楽曲は、1996年に2人組ロックユニットB'zによりリリースされたシングル作品です。オリジナルアルバムには収録されず、ベスト盤に収録されています。タイアップとして、ドラマ『俺たちに気をつけろ。』の主題歌として起用されました。

 『Real Thing Shakes』はオーストラリアのハードロックバンドAC/DC(エーシー・ディーシー)を想起させるようなハードなナンバーとなっております。B'zのシングル作品は、大体この頃からハードロック寄りになっていった印象があります。
 それまで、B'zはポップ寄りの作品も多くリリースしてましたもし、カラオケなどでB'zを練習したい場合は、『Real Thing Shakes』以前の作品の方が歌いやすいのではないかと思います。
  
 『Real Thing Shakes』の音域的な特徴などについてです。『Real Thing Shakes』は歌唱難易度が高い楽曲の一つとしても知られています。特徴としては、サビの方がキーが低く、逆にAメロはすべてhiA以上のキーで歌唱されています。また、Cメロなども非常に高い音域になります。




 さて、『Real Thing Shakes』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】hihiA(A5) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。以下、見ていきます。

 まず、以前より申し上げている個人的な印象ですが、ハードロック、メタル、ハードコアなどでは一般的なポップミュージックなどとは少し異なる発声がされています。ポップ色の強い楽曲でもそうした発声がされることもよくありますが、とりわけハードロックなどはそうした色合いが強いです。
 個人的なイメージとしては、声をやや強めに張ることで、高いキーが出やすくなります。がむしゃらに声を張るのではなく、上手くコントロールしてください。家で練習するのは近所迷惑にもなりかねないですので、カラオケ等で練習してみても良いと思います。『Real Thing Shakes』を歌唱する場合、間違いなくこうした発声が必要になるといえます。


 それらを踏まえてみていきます。地声最高音のhihiAについてです。hihiAのキーは日本でもたまに見かけますが、多くはありません。『Real Thing Shakes』では3箇所、hihiAが登場します。私の印象ですが、難しいのは2番Aメロの部分です。上述の☆で示されている箇所です。こちらは無理に地声で歌唱しなくてもよいのではないかと思います。起用に裏声が出せる方であれば、それもありだと思います。ハイトーンのシャウトなどに自身のある方はCメロの方からチャレンジしてみてください。

 Real Thing Shakes』は一般的な男性の音域よりもかなり高いです。よって、キーを下げて挑戦してみるのも個人的にはよい選択肢だと思います。こういう高音域の楽曲は、どうしても原曲キーにこだわってしまいがちです。しかし、たとえキーを下げたとしても原曲に近いニュアンスが再現できるのであれば、それはすごい完成度の歌唱であると私は強く信じています。

 たとえば、B'zの作品にしても『Real Thing Shakes』のような高音域ばかりの楽曲はそこまで多くは見られません。ある程度自分が歌いやすいキーから少しずつ幅を広げていけばよいのではないかと思います。