こんにちは。今回はBUMP OF CHICKENの『angel fall』(2010)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。「低音部分が非常に低い」という点で取り上げてほしいという要望でした。

 なお、『angel fall』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、添付動画はありません。ご了承ください。


『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)


【地声最低音】lowD#(D#3)  

lowF[ね]lowG#[つで]休んだ lowD#[ね]むりのlowG#[す]きまに
lowD#[ぎ]んいろlowG#[を]G#[う] 
lowD#[い]lowF[ち]G#[わ]lowG[のこ]G#[とり]

【地声最高音】mid2F(F4)  ※サビ中心

★こm2F[とばより]声を 声より唄を(サビ)
★使わm2F[れ]て泣いた 愛されたかった
★消えないm2F[勇]気を受け取ったよ(ラストサビ直前)

【裏声最高音】mid2G#(G#4) ※曲全体で1か所

★あなたがどこm2F[か]で笑っm2G裏[た]m2G#[と]




【補足】その他の注意箇所

★消えない勇気lowG#[を受]け取ったよ 
★臆病なあlowG#[なた]から 確かG#[に]
☆今もある星を m2G#[oh] m2F[oh] oh yeah

※☆の部分は歌詞に無い箇所ですが、楽曲のラストで重要だと思ったので記載しました
『angel fall』(BUMP OF CHICKEN)










 まず、『angel fall』についてです。この楽曲は、2010年に4人組バンドのBUMP OF CHICKENによりリリースされたアルバム『COSMONAUT』(コスモノート)に収録されているナンバーです。ゆったりとしたテンポの楽曲です。タイアップなどはなく、リード曲などの扱いでもありません。

 楽曲の特徴的な点は、やはりフロントマン藤原基央さんの歌詞だと私は感じました。(fall)とタイトルにもあるように、どこか死をほのめかすような歌詞になっております。Aメロで「熱で休んだ眠りの隙間」とあるので、空想の物語なのかもしれませんが、小鳥(あなた)の生き死にを通して、主人公が勇気を受け取ったさまが受け取れます。私なりの解釈ですが、そのような楽曲なのではないかと感じました。

 『angel fall』の歌部分の音域的な特徴ですが、とりわけAメロの低音部分が非常に際立つ楽曲です。Aメロの後半部分より1オクターブ下の箇所が歌われております。一方で、地声の高音部分はmid2F、mid2D#あたりが登場します。高音箇所については歌い慣れた人であれば、歌いこなせやすいと思います。

 

 さて、『angel fall』の音域についてですが、【地声最低音】lowD#(D#3)~【地声最高音】mid2F(F4)、【裏声最高音】mid2G#(G#4)で歌メロディーが構成されております。高音部分は一般的な男性の音域ですが、とりわけ低音部分が男性の音域よりも低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowD#が登場するAメロ箇所です。ここは上述の通り、low音階が頻出します。恐らく、当ブログがこれまで取り上げた楽曲の中で最も低い音階だと思います。普段低音域を歌い慣れていない人は、発声し辛い場面かもしれません。
 歌唱に自信があるのであれば、1オクターブ上を歌唱するのもアリかもしれません。もしくは、高音部分に自信がある方はキーを上げても良いかもしれません。

 一方、高音部分についてはmid2Fということで、一般的な男性の音域の範囲内であります。ある程度歌い慣れた人であれば、報われやすいキーなのではないかと思います。一方、歌い慣れていない人は、しっかり練習を重ねてください。高音部分に関しては、そこまで難易度は高い楽曲ではありません。

 『angel fall』は全体を通してみると、1番Aメロが非常にキーが低い楽曲ですが、そこを乗り越えることが出来れば、多くの人が歌唱しやすい楽曲なのではないかと思います。歌い慣れていない人が歌の練習をする場合は、1番Aメロを除いた部分を歌唱しても良いと思います。一部を除けば、ビギナーの練習にも向いていると私は考えております。