こんにちは。今回はfripSideの『final phase』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 なお、同曲はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。代わりの動画として、かじ / Kajiさんによるドラムのカバー動画を添付いたします。こちらであれば、ボーカル南條愛乃さんの表現がフル尺で確認できます。


『final phase』(fripSide)


【地声最低音】mid2A(A3)  

★儚m2A[く]眩しくhiA[や]さしい 


【地声最高音】hiE(E5)  ※ラストの転調サビ(+1)で登場

hiC#[も]hiD[と]hiE地[め]D[合]C#[っ]

※ラストサビで2回登場します

【裏声最高音】hiF#(F#5) ※転調サビで登場

★この世界にひかhiB[り]hiC#[か]hiE[がやい]hiF#[て]




【補足】hiB辺り~hiD#辺りの注意箇所

★そのひとhiA#{み]hiA[が]くれた気hiC[持]A{ち](Aメロ)
★hiA[き]hiA#[み]hiC[と]A#[わ]A[ら]A#[い]合っA[た]時間

★言葉にできないほど hiA#[き]hiA{み]を想い続けA[た](Bメロ)
★走り続hiA#[け]hiC#[て]hiD#裏[い]hiC[る]

★There’s hiD裏[no] hiC#[way] hiB[to] C#[re-]-trace!(ラストサビ)
★言葉hiB[は]hiD[ん]hiC#[な]B[に]要B[ら]C#[ない]
★かけがえないこhiD地[の]jhiC#[しゅ]hiB[ん]C#[か]ん
★信hiA[じ]るあしhiB[た]A[を]引き寄A[せ]る


『final phase』(fripSide)









 まず、『final phase』(ファイナル・フェイズ)についてです。この楽曲は、2020年に2人組トランスユニットfripSideによりリリースされたシングル作品です。テレビアニメ『とある科学の超電磁砲T』のオープニングテーマ曲として書き下ろされました。最新シングル作品ですので、アルバムなどには収録されていません(2020年3月現在)。

 さて、『final phase』はアップテンポのデジタルポップです。アニメの主題歌ということもあり、サビを中心に非常に盛り上がります。Cメロはありませんが、ラストのサビが長く、後半では転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意したいところです。また、個人的には、Bメロの部分が少しメロディーが取り辛いように感じました。その点も気を付けたいところです。
 音域的には、図にも示すように高音域が広く伸びております。低音部分に余裕がありますので、キーを下げて歌唱するというのもアリだと思います。


 
 さて、『final phase』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3)~【地声最高音】hiE(E5)、【裏声最高音】hiF#(F#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域より高いです。以下、見てきます。

 まず、『final phase』はラストサビで転調し、キーが1つ上がります。この場面で地声最高音のhiE,裏声最高音hiF#が登場します。通常のサビではhiD#、hiFが最高音になります。これら音階は一般的な女性の音域よりも高めです。キーを下げて歌唱することも選択肢に入れてください。たとえば、目安として、原曲キーから3つ程度下げると地声最高音がhiC#に設定されます。
 また、裏声が器用に扱える人であれば、高音部分を裏声で対応するというのも選択肢だと思います。ただ、裏声を多用し過ぎるとメリハリが無くなりますので、上手く地声も交えてください。

 『final phase』は高音部分に音域が広いですが、低音部分は余裕があります。よって、キーを下げることも可能です。ただ、普段歌い慣れていない人向けにキー調整するのは難しいかもしれません。キーを下げ過ぎると低音部分が少し辛くなると思います。その点は留意しておいてください。