こんにちは。今回はOfficial髭男dismの『ノーダウト』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。

 当ブログが過去に取り上げたヒゲダン作品⇒ヒゲダンの音域一覧

『ノーダウト』(Official髭男dism)、No doubt(Official Hige Dandyism)


【地声最低音】mid2A(A3)  

m2A[まる]で魔法のm2F#[よう]に 簡[単]に広[まっ]てく噂話(Aメロ)


【地声最高音】hiC#(C#5)  

★そhiA[して少し]hiB[の]hiC#[あ][いで](サビ)
m2F#[one] more] [time] hiC#[ah] [ah]


【裏声最高音】hiB(B4) 

★仕hiB[方ない] どうしhiA裏[ようもない](Bメロ)


【補足】その他の注意点

mid2G[そう言ってわが]hiA[ま][ま]mid2F#[放題お]となたち(Bメロ)
★完m2F#[璧]hiA[な] hiB[Lie and lie] hiA#[lie and lie] (サビ)
★その奥の野生の[か][け]hiA[ら]
★はやくデマカセに気[づい]て 騙したわけに気hiA[づい]m2G[て]
★誰に何度 裏切られても mid2F#[目]を 覚[まし]てわ[らっ]

『ノーダウト』(Official髭男dism)









 まず、『ノーダウト』についてです。この楽曲は2018年にOfficial髭男dismによってリリースされたシングル作品です。ヒゲダンにとっては記念すべきメジャー1枚目のシングルです。
 この楽曲はフジテレビ系の月9ドラマ『コンフィデンスマンJP』のために書き下ろされた作品です。そうしたこともあり、バンドを知らない人からも多くの注目を集めた楽曲だと思います。YouTube公式チャンネルではMVが公開されており、2019年6月現在、2100万回もの再生回数を記録しています。

 『ノーダウト』サウンドについてですが、ヒゲダンらしいファンク感あるピアノポップです。メロディーの構成については、個人的には、どちらかと言えば洋楽のような構成であると感じます。従前のJ-POPのように「今Aメロかサビか」といったことをほとんど意識することが無いまま、流れるように3分間の演奏時間が過ぎてゆきます。こうした楽曲がヒットするというのは非常に面白いと思います。

 歌詞については、個人的に「[そう言ってわがまま放題大人たち」「神様も ハマるほどの 大嘘を 誰もハリボテと知るよしもない」という二つが特に好きです。前者は「わがまま」というフレーズを「大人たち」に使っている点が面白いと感じました。





 さて、『ノーダウト』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】hiC#(C#5) 、【裏声最高音】hiB(B4)でメロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもかなり高いです。どちらかと言えば、女性の音域に近いです。

 上の図や記述では表示していませんが、mid2F、mid2F#が楽曲の全体を通して頻出します。mid2Fは一般的な男性ボーカルのサビ等で使われることが多い音階です。ミュージシャンによってはこの辺りを最高音に設定することも多いです。故に原曲キーで歌う場合、普段歌い慣れていない人はほとんど歯が立たないのではないかと思います。

 ただ、この『ノーダウト』は低音部にはかなり余裕があります。故にオーソドックスな対応方法としては「素直にキーを下げる」ことです。ある程度歌い慣れているという前提で、原曲よりキーを4~5つ下げるとおおよそ一般的な男性の音階に近くなります。これで、サビの最高音がhiAもしくはmid2G#に設定されます。

 その他、「高音域の場面はシャウト気味に歌う」「hiC#の箇所だけ裏声気味に歌う」などの方法も考えられます。ただ、こちらの場合はhiAやhiB近辺を安定的に歌いこなせる必要があります。どちらも一般的な音域の人にはハードルが高い方法だと留意しておいてください。

 逆に女性ならば比較的歌いやすい音域なのではないかと思います。それぞれの音域の高さによりキーの上下を行う必要がある場合もありますが、男性ほど大きくキー変更を行う必要はありません。その点において、『ノーダウト』は女性にお勧めしやすい楽曲です。


ヒゲダンの音域一覧