スポンサーリンク
カテゴリー

『気まぐれロマンティック』(いきものがかり)の音域と感想

(2021/03/12)公式チャンネルでMVが公開されましたので、添付しております。

 こんにちは。今回はいきものがかりの『気まぐれロマンティック』(2008)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。
 なお、『気まぐれロマンティック』はMVが限定公開で添付することが出来ません。ゆえに、添付動画として、声優の高橋李依さんのカバー(ショートバージョン)を添付します。ご了承ください。


『気まぐれロマンティック』(いきものがかり)、Kimagure Romantic(Ikimonogakari)


【地声最低音】mid2A(A3) 

★ロマンティック 恋のア[ンテ]ナは(Aメロ)
★タイクツな運命に 飽き飽きした[の](Bメロ)


【地声最高音】hiB(B4)  ※Aメロに登場(曲全体で計3回)

★嘘でhiA[しょう] [つ]hiB[め][た]く遇(あしら)[った]



【裏声最高音】hiD(D5) 

★扉hiA[を] [こわ]hiD[し]hiC#裏[て]hiA地[よ](サビ)


【補足】

★こしゃhiA#[く][なエ]クボに hiA[ちょっ]と (Aメロ)
m2A[こ][こ]ろが揺れてる
★知らない台詞(ことば)で hiA[解]hiA#[き]放して [ね](Bメロ)
★たいせhiA[つ]なことは 瞳を見て 云っ[て](サビ)

『気まぐれロマンティック』(いきものがかり)










 まず、『気まぐれロマンティック』についてです。この楽曲は、2008年にいきものがかりによってリリースされたシングル作品です。フジテレビ系ドラマ『セレブと貧乏太郎』主題歌としてタイアップが付きました。また、声優の高橋李依さんがテレビアニメ『からかい上手の高木さん』のエンディングテーマとして歌唱するなど、アニメ関連作品でのカバーが増えている点も注目すべき点かもしれません。

 次に、『気まぐれロマンティック』のサウンドについてです。編曲は江口亮さんによって行われています。江口亮さんはいきものがかり、ねごと、SCANDAL、LiSAさんなどの編曲でも知られています。いきものがかり自体はボーカルとギター2人のユニットですので、アレンジャーの果たす役割も非常に大きくなります。
 『気まぐれロマンティック』はホーンセクションの働きが象徴的であり、楽曲の疾走感にも大きな役割を果たしております。イントロではストリングスとともに前面で、Bメロ、サビ等では楽曲を隙間を縫うように活躍します。
 メロディーについては、J-POPらしい展開であり、Aメロの「静」から、Bメロ・サビへと「動」に向かっていく緩急が心地よく、非常にドラマティックです。作詞作曲はギターの水野良樹さんが行っております。いきものがかりの人気曲・有名曲は水野さんが担当されていることが多いです。 

 歌詞については、ラブソングなのですが、タイトルにあるように「私」が「あなた」を振り回すような関係にあるようです。歌詞の要所要所で、「私」の積極的な想いが前面に出ています。アニメなどでカバーされる要因はこうした女性側がリードする関係性にあるのかもしれません。
 




 さて、『気まぐれロマンティック』の音域についてですが、【地声最低音】mid2A(A3) ~【地声最高音】、【裏声最高音】hiD(D5)でメロディーが構成されております。地声だけ見ると、一般的な女性の音域の範囲内であると言えると思います。

 地声最高音hiBは、Aメロで登場し、サビでは地声に関してはhiAが中心になります。そうした意味ではある程度努力すれば、報われる可能性が高い楽曲であると言えます。普段歌い慣れていない女性の場合、hiA,hiBといった音階をスムーズに歌いこなすことを一つの目標にすると良いと思います(一般的な女性の音域の場合)。この楽曲では、特にhiA、hiA#が多く登場しますので、該当箇所を参考にしながら練習してもよいかもしれません。そうした意味で、『気まぐれロマンティック』は良い練習曲になるのではないかと思います。

 また、この楽曲は低音部にも余裕があります。「原曲キーでは高い」という方は、少しキーを下げて歌唱したり、練習したりすると良いと思います。音域が広すぎないという点においても練習に向いている楽曲であると言えます。
 
 いきものがかりの楽曲には、「音域があまり広くないのでキー調整がしやすい」という楽曲が結構あると思います。そうした楽曲をカラオケ等の練習曲としても良いかもしれません。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする