カテゴリー

『ごめんね』(米津玄師)の音域

こんにちは。今回は米津玄師さんの『ごめんね』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回もリクエストによる選曲です。

 なお、『ごめんね』はアーティストおよびレーベルの公式チャンネルでMVや音源が公開されておりません。よって、当ブログにおいても、動画の添付は行いません。ご了承ください。


『ごめんね』(米津玄師)、Gomen ne(Kenshi Yonezu)


『ごめんね』(米津玄師)









【地声最低音】mid1A(A2) 

m1A[き]みみたいに優しく なりたいだけ


【地声最高音】hiA(A4)  

★こころの底から触m2E[れ]合うhiA[ま]m2F#[で](サビ) 
★きm2E[み]と繋m2G[が]m2F#[っ]G[て]hiA[い]E[たい]だけ(ラストサビ)


【補足】歌い出しと、mid2Eからmid2Gの注意箇所

★バm1D[カ]みたいな夢を 笑わないで聞m1B[いて]ほしい 

★きm2E[み]と繋m2G[が]m2F#[っ]E[て]E[たい]だけ(サビ)
hiA[yeah]

※☆は歌詞に無い部分で、2番終了後間奏に登場します。


 まず、『ごめんね』についてです。この楽曲は、2018年にシンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたシングル『Flamingo/TEENAGE RIOT』に収録されているカップリング作品です。同人ゲームをプレイし、触発されて制作された作品だそうです。米津さん自身も非常に気に入っており、「トリプルA面にしたい」と考えていたとのことです(Wikipediaより)。

 『ごめんね』はひんやりとしたものを感じさせるミディアムテンポの楽曲です。エレクトロポップ作品です。アニメ『3月のライオン』のエンディングテーマ曲にもなったシングル作品『orion』と趣向が近いです。Aメロサビという歌メロディーなどの構成は、シングル作品と比べて、かなりシンプルであります。曲調的にもカラオケで盛り上がる類の作品とは言い難いですが、非常に良い曲です。

 『ごめんね』の音域的な特徴についてです。低音高音ともに広く、キー調整などにはあまり向きません。ただ男性の音域をいっぱいいっぱい使うような楽曲であるため、ある程度歌い慣れた人であれば、チャレンジしやすい作品なのではないかと思います。全体として低音域が目立つ楽曲ですので、低音域に魅力がある方の方が映えやすい作品と言えます。

___________

 最後に、『ごめんね』の音域についてですが、【地声最低音】mid1A(A2)~【地声最高音】hiA(A4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAは各サビに1回ずつ登場します。ラストのサビでは更に1回追加され、計4回登場することになります。ただ、上述するように、『ごめんね』は低音域が非常に目立つ作品であります。このhiA部分の直前も低音域ですので、頑張ってチャレンジしてみるのも選択肢だと思います。
 
 『ごめんね』は先にも述べましたように、音域自体は広めです。よって、キーの調整などは行いにくい楽曲と言えます。hiA以上の高音域が苦手な方は、キーを下げてもよいと思いますが、1~2つ程度下げるくらいにした方が良いと思います。これで、地声最高音がmid2G(#)辺りに設定されます。
 そうしたこともあり、普段歌い慣れていない人はやや手を付けにくい楽曲かもしれません。ただ、歌のテンポやメロディーなどは歌いやすい方ですので、一部に登場する高音域部分に目をつぶって、他の部分を練習するというのはアリだと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. いけ より:

    リクエストにこたえて頂きありがとうございます!!!

  2. もりっしー(管理人) より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    励みになります。