(2020/11/26)Cメロの部分にミスがありましたので、修正しました。hiC⇒hiC#になります。

 こんにちは。今回は米津玄師さんの『カナリヤ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『カナリヤ』(米津玄師),Canaria(Kenshi Yonezu)
『カナリヤ』(米津玄師)









【地声最低音】mid1C(C3)  

m1D[だ]れもが[わ]すれていく白いm1C[プロム]D[ナ]ード(Bメロ)

※m1Dが多めです。


【地声最高音】hiA(A4)  ※曲全体で7回

★歩いm2F#{て]いこう hiA[さ]F#[い]ごまで(サビ)
m2F#{見]m2G[つ]hiA地[け]hiD裏[ない][とし]ても(2番・ラストサビ)

★ (もしも最後に) hiA[な]F#[に]m2G[も な][く]F#[も](ラストサビ)

※☆は1番サビでは裏声になっています。【裏声最高音】参照


【裏声最高音】hiD(D5) ※サビで登場

★はm2F#[か]m2G[え]hiA裏[れ]hiD[ない][とし]ても(1番サビ)
m2F#{見]m2G[つ]hiA地[け]hiD裏[ない][とし]ても(2番・ラストサビ)


【補足】mid2FhiC#の注意点

★くすm2E[ぶ]m2F[り]m2G[ず]E[む]夜に揺れる(Aメロ)
m1D[カ]ナリヤD[が]鳴きm2F[だ]m2E[す]四月の末の(Bメロ)

★いいよ あなたとなら m2E[い]いよ【サビ】
m2F#[二]度とこm2F#[の]m2G[場]F#[所]

★あなたも m2F#[わ]m2G[た]しも(Cメロ) 
★変わってしm2E[ま]m2F{う]でしょう
★見失うそのm2F[た]びにhiC#裏[こ]いをF[して]     
★たm2F[し]m2G[か]F[め]合いF[た]

★いいよ いm2F#[い]よ いいよ(ラストサビ)



 まず、『カナリヤ』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターの米津玄師さんによりリリースされたアルバム『STRAY SHEEP』(ストレイ・シープ)に収められております。アルバムのラスト15曲目に収録されており楽曲のフィナーレを彩ります。2020年に11月下旬にMVが公開されました。

 『カナリヤ』はピアノを基調としたバラードであり、ストリングスなども用いられております。共同編曲として坂東祐大さんが携わっております。アルバム『STRAY SHEEP』の収録曲の多くは、坂東さんとの共同クレジットとなっており、そうした点がアルバムのカラーにもなっているように私は感じました。

 『カナリヤ』の歌メロ音域の特徴についてです。上述のように、地声音域としてmid2E~hiA辺りが広く登場します。ただ、楽曲全体で断続的に登場するわけではないので、その点で少しゆとりがあると思います。一方、Cメロ~ラストのサビは終盤の見せ場ということもあり、高めの音が続くようになります。
 私なりのイメージですが、米津さんはmid2E~mid2G,hiA辺りをエモーショナルに歌いこなしております。この辺りの表現が特に参考になるのではないかと思います。



 さて、『カナリヤ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C(C3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも少し高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビを中心に登場します。登場回数としては7回です。この辺りは一般的な男性の音域よりやや高めであり、登場回数も少なくないので、キーを下げてもよいのではないかと思います。原曲キーから2つ程度を目安に下げてみてください。mid2G以下をしっかり歌いこなすのであれば、「hiAを裏声で歌唱するのもアリ」だと思います。
 hiAは登場回数としては少なくないのですが、頑張って原キーで練習してみるのも良いと思います。歌い慣れた人がhiAを練習する曲としても良いかもしれません。

 『カナリヤ』は音域自体が広めでありますが、キー調整は可能です。歌い慣れた人であれば、ちょうど良いキーが見つかりやすいと思います。
 反面、歌い慣れていない人の場合は、キーを調整しても難しい部分が出てくるかもしれません。サビでは高めの裏声も登場し、ハードルがやや高いです。その点は留意しておいてください。キーを調整しても歌いにくいと感じた場合、別の易しめの曲と並行して練習すると良いです。

 先にも述べましたが、米津さんはmid2E~mid2G,hiA辺りをエモーショナルに歌いこなしております。J-POPではこの辺りを魅力的に歌いこなせると、表現の幅が広がりやすいです。その点で、バラードの『カナリヤ』は非常に参考になりやすいのではないかと思います。