こんにちは。今回はポルノグラフィティの『アゲハ蝶』(2001)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。

 なお、同曲は公式チャンネルではライブ版が公開されております。よって、ライブ版の動画を添付いたします。


『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ),Agehachou(Porno Graffitti)

『アゲハ蝶』(ポルノグラフィティ)










【地声最低音】mid1G(G3)  

★いつになれば終えるm1G[の]m2F[かと]m2E[ぉ](Aメロ)
★終わらせることはできm1G[る]G[ど]


【地声最高音】mid2G#(G#4)  ※ラストサビで登場

★ちm2G#[かづ]m2F[ことは]m2F#[で]F[き]ないF[オ]アシス
★できたら愛してくm2G#[だ]さい
★ぼm2G#[くの]m2F[では]m2F#[ね]F[を][め]ておくれ

※同曲はラストサビで転調します。通常サビではmid2Gが最高音


【補足】mid2Emid2F#辺りの注意箇所

★旅人m2E[に尋ね]m2F[て][み]た どこまで行くE[の]かと(Aメロ)
m2E{そう]…じゃあ お気をつけm2F[て]E[と ](Bメロ)
m2E[見]m2F[送ったの]E[は]ずっと[ま]F[え]E[で]
★かm2F[れが僕自]身だと気付いたのは 今更になってだっm2E[た]

m2F[こう]やに[咲]いた[アゲハ]m2F#[ちょ]F[う](転調サビ)



 まず、『アゲハ蝶』についてです。この楽曲は、2001年にポルノグラフィティによりリリースされたシングル作品です。アルバム『雲をも摑む民』を始め、ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、資生堂のCMソングとしてタイアップが付き、メンバーも出演しているそうです。

 『アゲハ蝶』はラテン調のバンドナンバーです。作詞をギターのハルイチさん、作編曲を本間昭光さん(ak.homma)が行っております。同曲は、ラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。カラオケなどでは注意したいところです。

 同曲の音域的な特徴についてです。上図では全ては記述していませんが、楽曲全体を通してmid2E~mid2G#辺りが登場し続けます。よって原曲キーの場合は、中高音域を1曲丸々歌い切る持久力が必要になります。音域自体は広くないので、キーの調整は行いやすいです。一般的な男性の音域の範囲内ですが、多くの男性はキーを下げた方が歌唱しやすいのではないかと思います。



 最後に、『アゲハ蝶』の音域についてですが、【地声最低音】mid1G(G3)~【地声最高音】mid2G#(G#4) で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域の範囲内か、少し高いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2G#はラストのサビで登場します。同曲はラストのサビで転調が行われ、キーが1つ上がります。よって、通常サビではmid2Gが最高音になります。先にも述べましたが、この楽曲は楽曲全体で中高音域が断続的に登場するため、最高音がmid2Gであってもかなりしんどいです。一般的な男性の場合は、キーを少し下げて歌唱した方が歌いやすいのではないかと思います。

 『アゲハ蝶』は音域自体は広くないため、キーの調整は行いやすいです。普段歌い慣れていない人が、自分の歌いやすいキーに合わせて練習することにも、ある程度向いているのではないかと考えております。個人的にはお奨めしたいです。
 一方で、楽曲のテンポや歌メロディーが少し独特であり、テンポも速めですので、メロディーや歌詞をしっかり覚えておく必要があります。その点は留意しておいてください。

 同曲は、以前にKing Gnuのボーカル井口理さんがラジオで歌唱しておりました。また、キー調整がしやすいということもあり、今回取り上げました。カラオケなどでも歌いやすいと思いますので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。