こんにちは。今回は三浦春馬さんの『Fight for your heart』(2019)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 当ブログで三浦春馬さんの楽曲を取り上げるのは、『Night Diver』(過去記事)以来、2回目となります。

『Fight for your heart』(三浦春馬)、Fight for your heart(Haruma Miura)
『Fight for your heart』(三浦春馬)









【地声最低音】mid1F#(F#3)  

★錆び付いて 開かずにいた 情熱の扉m1F#[を](Aメロ) 


【地声最高音】hiC#(C#5)  ※各サビ1回ずつ

★(傷ついた心ならば) いhiA#[やし]hiB[て]hiC#[あ]B[げる](サビ)
☆トゥhiC#[ナ]hiB[イヤ]hiA#[イ]B[ヤ](ラストサビ)

☆の部分は本来は英語表記ですが、便宜上カタカナ表記にしました。

【補足】mid2G#(一部略)hiBの注意点

★やっと見つけた 新たな夜m2F#[明け][ぇ]m2G#(Aメロ)

hiB[Give] hiA#[me] a try B[Don’t] A#[need](Bメロ)
★僕m2F#[だ]けは信m2F#[じ]m2G#[て]

m2F#[Fighting for your heart]【サビ】
☆ I’m m2G[fighting for your heart] トゥhiA#[ナ]hiB[イ]A#[ヤ]イエ
hiB[分かち合]えるふA#[た]hiB[り]A#[は] 
★世hiA#[界]m2G#[を]A#[え]G#[る]hiB[ら]
☆トゥhiA#[ナ]m2G#[イト] トゥhiB[ナイト]

hiB-hiA#[Fee][l my lo][ve]m2G#(イントロ・Cメロ)

※☆の部分は歌詞では英語表記です。


 まず、『Fight for your heart』についてです。この楽曲は、2019年に俳優としても活動されている歌手三浦春馬さんによりリリースされたシングル作品です。同曲は、自身が出演するテレビドラマ『TWO WEEKS』の主題歌に起用され、話題になりました。

 『Fight for your heart』はアップテンポのポップナンバーです。作詞は岡嶋かな多さん、作曲はJeff Miyaharaさんによりなされております。両者とも日本のポップシーンに多くの楽曲を提供しております。
 『Fight for your heart』の音域的な特徴についてですが、かなり高めのキーで作られております。プロとして活動されるミュージシャンでもこのキーで展開される人は少ないです。俳優として活動されている方のデビューシングルとしては、異例とも言える高さではないかと思います。

 テレビ番組では、ダンスを踊りながら歌唱されている三浦春馬さんの姿が印象的でした。私なりの印象ですが、三浦さんはしっかり歌唱されていたのですが、もう半音位下げて(♭1)楽曲制作されても良かったのではないかと感じました(半音下げても相当高いです)。それくらい高いキーであり、三浦さん自身もストイックな方だったのではないかと感じます。



 さて、『Fight for your heart』についてですが、【地声最低音】mid1F#(F#3)~【地声最高音】hiC#(C#5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiC#についてはサビを中心に登場します。曲全体で4回程度です。また、上述しておりますが、最高音に次ぐ高さとしてhiBが頻出します。
 この辺りの音階は男性の音域としてはかなり高めです。一般的な男性の場合はキーを下げた方が歌いやすいです。目安として、原曲キーから4~5つ程度下げて歌唱してみてください(歌い慣れた人の場合)。

 『Fight for your heart』は音域自体はそこまで広くなく、キーの調整はしやすいです。歌い慣れた人であれば、キー調整でちょうどよいところが見つかると思います。
 歌い慣れていない人向けのキー調整も可能ですが、キーを調整したとしても原曲のニュアンスなどを表現するのは練習が必要なのではないかと思います。歌い慣れてた人向けの作品です。

 『Fight for your heart』は音域自体は滅茶苦茶には広くないのですが、キーは高めです。こうした「音域は広くないけど、キーは高い」といった曲は、原曲キーで歌唱すると体力の消耗が激しいです。高音域を歌いこなす力とともに、持久力も要求されます。原曲キーの場合は、かなり高めの難易度だと考えてください。