スポンサーリンク
カテゴリー

『桜木町』(ゆず)の音域

(2020/11/26)最高音の場面に一部ミスがありましたので、修正しました。

 こんにちは。今回はゆずの『桜木町』(2004)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『桜木町』(ゆず)、Sakuragichou(Yuzu)
『桜木町』(ゆず)









【地声最低音】mid1F(F3) 

★あの日の約束はもう 叶わない夜空のm1F[ほ]し(Aメロ)
★気づいた時はいつもおいてけぼりにm1F[な]って[た]
m1F[きせ]つ変わり今も君の事 想い出してしまうm1F[け]れど(Bメロ)


【地声最高音】hiC(C5)  ※曲全体で16回

★さよなhiA[ら] hiC[も]A[う] 【サビ】
★待ち合わせ場所いつhiC[も]hiA[の] 
★さhiA-hiA#[く[ら][ちょ]う]に きhiA#[みは]hiC[も]A#[う]A[来]ない


【裏声最高音】hiC(C5) ※Cメロで1回

★あの日の二人がそこhiA[に]はいhiC裏[る]


【補足】hiAhiA#の注意点

★ 今日も街に溶けてm2F[行]m2G[く](Bメロ・サビ前)

★あhiAhiA#[[ら][い]あし[た]]歩き出A[し](サビ)

★変わり続けてhiA[く] 見慣れてたA[ま]hiA#[ち]A[な]みも(Cメロ)


 まず、『桜木町』についてです。この楽曲は2004年にフォークデュオゆずによりリリースされたシングル作品です。アルバム『1 〜ONE〜』をはじめ、ベストアルバム等にも収録されています。
 楽曲の舞台となった桜木町駅は、ゆずが学生時代やストリート時代を過ごした場所でもあります。旧東急東横線の桜木町駅廃止に伴い、思い出などを描いた曲として制作されました。MVには女優の石原さとみさんが出演しており、結婚発表のタイミングでゆずの公式チャンネルでMVが公開されました。

 『桜木町』はミディアムテンポのポップナンバーで、恋人との別れが歌われております。編曲は、松任谷正隆さんが担当しております。ゆずはこの曲以前は、プロデューサー寺岡呼人(JUN SKY WALKER(S)所属)さんとタッグを組んできましたが、初の外部の編曲家になります。

 『桜木町』の音域についてですが、男性には非常に高いレンジであり、高音担当の岩沢厚治さんのボーカルが非常に活きております。hiCが曲全体で15回以上登場しますので、一般的にはキーを下げた方が歌いやすいです。



 さて、『桜木町』の音域についてですが、【地声最低音】mid1F(F3)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高いです。以下、見てきます。

 まず、地声最高音hiCはサビで登場します。登場回数は16回で、かなり多めです。この辺りは一般的な男性の音域よりも高く、回数も尋常ではないので、キーを下げた方が歌いやすいです。一般的な男性の場合、原曲キーから4~5つ程度を目安に下げてみてください。また、デュオの楽曲ですので、2人で歌唱するのも良いと思います。

 『桜木町』は低音部分に余裕がありますので、キーの調整は可能です。ただ、歌い慣れていない人向けの調整は、やや行いにくいかもしれません。その点は留意しておいてください。ゆずは他に歌いやすい曲があると思いますので、そちらと並行して練習すると良いと思います。

 『桜木町』はゆずの作品の中でも岩沢さんの高音域が活きている楽曲の1つであります。原曲キーの場合は女性の方が歌いやすいかもしれません。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. んが より:

    桜木町は岩沢さんメインなので高いんですよね。カラオケでもいつも大変です。
    他のゆずの曲の音域も調べて頂けると嬉しいです。

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>2
    コメントありがとうございます。
    ゆずは、今後も時々取り上げます。
    良い曲多いですよね。

  3. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    ゆずは北川さんメインの方がキー低いですよね。
    サヨナラバスとかはよく歌います。

  4. 太郎 より:

    待ち合わせ場所いhiC[つ]hiA[も]の
    ⬆︎の部分は「も」の部分がhiCだと思いますがどうでしょうか?

  5. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>5
    すみません。今、外から返信してます。
    後で細かく確認しますが、これは私のミスの可能性が高いです。
    記述ミスですね。
    ご指摘感謝します。ありがとうございます。