こんにちは。今回は平井 大さんの『Stand by me, Stand by you.』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。

 今回は歌唱解説動画として、「しらスタ」の運営で知られるおしらさんの動画を添付いたします。ウィスパーボイスや洋楽っぽい歌唱についての解説などがなされております。興味を持たれた方はそちらもご参考下さい。


『Stand by me, Stand by you.』(平井 大),Stand by me, Stand by you.(Dai Hirai)
『Stand by me, Stand by you.』(平井 大)









【地声最低音】mid1D#(D#3)  

★気づけばキミのうm1D#[での][で寝][た](Aメロ)


【地声最高音】hiA#(A#4)  ※ラストで1回だけ

★ hiA#[I wil]l A#[sta]nd by you A#[uh] uh uh(ラスト)

※細かく表記するとゴチャつきますので、m2G等は省略します
※ここを除くと、mid2G#が最高音


【裏声最高音】hiC(C5) ※ラストで1回だけ

★ I will hiA#[ステェ]hiC裏[ェン] m2G[バイ]m2G#[ユ]G[ゥ]F[ゥ]ゥ

※ここ以外ではhiA#が裏声最高音


【補足】mid2FhiA#を含むフレーズ一覧

★探してm2F[い]m2G[た]F[ん]だずっと【Bメロ】
★ m2F地[ここ]からhiA#裏[は]m2G#{じ]m2G{め]F[よう]

★こm2F[れ]は m2G[ななじゅう]ご億分の一人F[と]【サビ】
★ひとm2F[り]が出会hiA#裏[ぁっ]G#[て]m2G#地-G[恋]G#[落]ち]
★そして当たり前のようにm2F[キス]する
★ボクは生m2G[ま]m2F[れ]F[き]

★憧れm2F[てい]m2G[た]m2G#[ん]G[だ]F[ず]っと【2番Bメロ】
★またいm2G[いっ]m2F[しょ]F[な]G[ろう][ぅ]ぅ【2番サビ】

★ありきm2G[た]m2G#[り][は][し]]【ラストサビ】


 まず、『Stand by me, Stand by you.』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターの平井大さんによりリリースされたシングル作品です。デジタルシングルとなります。平井大さんは2020年5月より2週間に1曲のペースで新曲を配信リリースしており、その1曲として『Stand by me, Stand by you.』がリリースされた運びとなります。
 新曲ということもあり、アルバムには未収録で、フィジカルリリースも今のところはありませんが、平井大さんのYouTubeチャンネルで公開されているMVは2か月で1000万回もの再生回数を記録しております(2020年11月現在)。注目度が高まっている楽曲といえます。

 さて、『Stand by me, Stand by you.』についてですが、ミディアムテンポのR&Bナンバーです。歌メロについては、AメロBメロサビといった形で作られており馴染みやすいです。ボーカルは所々でウィスパーボイス(息の量が多い地声)が用いられております。

 歌メロの音域についてですが、地声最高音hiA#・裏声最高音hiCはともにラスト・アウトロの英語の場面で登場します。よって、カラオケでアウトロを省略する人などは、今回の地声・裏声最高音はあまり考慮しなくても良いと思います。
 このアウトロの部分を除くと、歌メロのレンジは【最低音mid1D#~地声最高音mid2G#,裏声最高音hiA#】になります。歌い慣れていない人などはアウトロを除いて、練習しても良いと思います(図のピンク色の部分が地声音域)。 





 さて、『Stand by me, Stand by you.』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D#(D#3)~【地声最高音】hiA#(A#4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiA#はラストのサビの終盤、英語の部分で登場します。登場回数は1回だけです。この辺りは、アウトロにもなるので、人によっては演奏を停止したりするかもしれません。また、ライブでもアーティストがアレンジを加えたりすることの多い場面です。よって、個人的にはあまりこだわらなくても良いと思います。
 通常のサビ等ではmid2G#が多く登場します。キー調整をする際は、このmid2G#を基準にするとよいです。この辺りでも一般的な男性の音域よりは若干高めですので、人によってはキーを少し下げても良いと思います。

 『Stand by me, Stand by you.』は低音部分に余裕があるため、キー調整は可能です。ただ、図で示すよりも低音はキツめなので、キー調整の余地はあまり多くないと私は分析しております。歌い慣れた人であれば調整は可能ですが、ビギナーなどは低音部分がしんどくなるかもしれませんその点は留意しておいてください。

 『Stand by me, Stand by you.』は難曲というわけではないですが、ウィスパーボイスなどテクニカルな表現が多く見られ、歌い慣れた人であっても学びが多いのではないかと思います。音域的にも比較的手に付けやすいですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。