スポンサーリンク
カテゴリー

『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』(サンボマスター)の音域

こんにちは。今回はサンボマスターの『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』(2005)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』(サンボマスター)、Sekai ha Sore wo Ai to Yobundaze(Sambomaster)
『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』(サンボマスター)









【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★君の目の前でm1C#[あ]たためてた事話すのさ【Aメロ】

※ここよりもmid1F#を低音の基準とすると良い


【地声最高音】hiB(B4)  

hiA[せめて]F#[れかと][たい]A[た]hiB[いん][だ]【Aメロ】

★世界じゃそれをm2F#[愛と呼]hiB[ぶん]hiA[だぜ]【サビ】
★歌F#[い]hiA出]hiB[すん]F#[だ]

★何も変m2F#[わ]hiA[らな]hiB[いん][だぜ]【2番Aメロ】
hiA[奴らが]何をしたっA[て]hiB[いうん][だ]

hiA[LOVE &][ PEACE!]hiB【ラスト】


【補足】mid2F#(一部のみ)~hiAを含むフレーズ一覧

★朝が来m2F#[る]hiA[まで]【Aメロ】 

m2F#[きの]うのあなたが偽だと言F#[う]hiA[な][ら]【Bメロ】
hiA[きの]m2F#[う]A[けし][を]A[捨て][ちま]うだ[け]A[だ]

m2F#[あ]hiA[たらしい][日々を]F#[な]A[ぐのは]【サビ】
★ぼm2F#[く]hiA[ら][ぜ]かたF#[し]A[か][合]
★今までの過去なんてhiA[なかっ]m2F#[たかの][う]

★かhiA[な]m2F#[い]言葉では オーイェ 【2番Aメロ】
hiA[愛と平和!]【Cメロ】

※☆のフレーズの1回目と2回目【和】の部分は瞬間的にhihiAが出ていますが、重要度は低いと思いますので、今回は割愛しております。

_____

 まず、サンボマスターについて少し説明します。サンボマスターは2000年に結成、2003年にメジャーデビューしたロックバンドです。ジャンルとしては、パンク、パワーポップ、ミクスチャーなどに属します。シャウトが多用された力の溢れるパンクが魅力の1つです。また、私自身は歌詞が非常に耳に残るバンドだとも感じております。知名度の高い作品としては、『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』、『できっこないを やらなくちゃ』などが挙げられます。私自身は、今年リリースされた『花束』も非常に耳に残っております


 さて、『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』についてです。この楽曲は、2005年にサンボマスターによりリリースされたシングル作品です。アルバム『僕と君の全てをロックンロールと呼べ』や、ベストアルバムなどにも収録されております。
 同曲は、テレビドラマ『電車男』の主題歌に起用されました。ドラマのヒットに伴い、楽曲のみならずサンボマスターも非常に知られるバンドとなっていきます。

 『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』はアップテンポのパンクロックナンバーです。Aメロではやや哀愁が漂うボーカル等ですが、Bメロサビではシャウト気味にボーカルが展開されるなどがパワフルです。歌唱する際は、音程も大切ですが、力強い、シャウト気味の発声などが上手く表現できるかもカギになります。そうしたこともあり、hiA,hiBなど高めの音階が頻出します。
 



 さて、『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりも高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiBは特にサビで多く登場します。また、hiAなども頻出です。サンボマスターはキーも高いのですが、シャウトを多用するボーカルも魅力的なバンドです。よって、原曲のような表現をする場合は、ただ音程を取るだけでなく、シャウトやがなりなどを意識した方が良いと思います。私なりのイメージですが、音程は多少ズレても良いと思います。
 hiBなどは一般的な男性の音域よりも高めなので、キーを下げた方が歌いやすいです。ただ、キーを下げるにしても力強いシャウトが重要になります。よって、しっかり歌い慣れておく必要があります。
 
 『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』は図で示すよりも低音域に余裕があり、キー調整はしやすいです。ただ、原曲のような表現をするためには、力強いボーカルやシャウトなどが重要になるので、その辺りをしっかり意識したいところです。原曲のような表現にこだわらないのであれば、ある程度融通は利きやすいのではないかと思います。

 『世界はそれを愛と呼ぶんだぜ』は原曲のような表現をするのは難易度が高いのですが、パワフルであり、ある程度歌いこなせるのであれば、カラオケなどでも盛り上がりやすいと思います(ある程度歌いこなすにも努力が必要です)。歌詞も非常に魅力的です。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。







スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする