スポンサーリンク
カテゴリー

『Message』(福山雅治)の音域

こんにちは。今回は福山雅治さんの『Message』(1995)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。
 キーが高くない曲ということで、今回取り上げました。また、同曲は、福山さんの楽曲としては低音が強調されてないので、その点でも選曲の基準となりました。


『Message』(福山雅治)、Message(Masaharu Fukuyama)
『Message』(福山雅治)









【地声最低音】mid1C#(C#3) 

★ねえ不思議だよこんなことあm1D[るなん]m1C#[て] 【Aメロ】

★ほらm1D[む]ねの鼓動痛いよ

【地声最高音】mid2E(E4)  

m2E[絶対き]m2D[み]が好きだよ 軽く言葉交すだE[け]【サビ】

☆もっと君だm2E[け]m2F#[ウォ]ウウォE[オー]【Cメロ】

※m2Eは各サビで頻出します。mid2F#はフェイクですので今回は除外してます。



 まず、『Message』(メッセージ)についてです。この楽曲は、1995年に男性シンガーソングライターの福山雅治さんによりリリースされたシングル作品です。ベストアルバムなどにも収録されております。同曲は、映画『BIRTHDAY PRESENT』の主題歌となりました。

 『Message』はミディアム~アップテンポのバンド曲です。AメロBメロサビといった馴染みやすい形で歌メロが作られており、また曲調も明るく歌いやすいです。歌詞も非常に共感的であり、今の時代にも通じやすいのではないかと思います。
 『Message』の音域的な特徴についてですが、1990年以降の男性ボーカルとしてはそこまで高くないキーで歌メロが作られています(mid2Eが連続するので、少し歌いにくいかもしれませんが)。

 福山雅治さんの作品は、キー自体がそこまで高くなく、高音域が出ない人でも選曲されることが多いようです。ただ、福山さんのような低声域が活きた発声は、意外とハードルが高く、上手くいかないといった人も多いのではないかと感じます。私自身は声質がやや高めなので、『桜坂』、『家族になろうよ』などを歌ってもあまりハマりません

 一方で、『Message』についてですが、低音域がそこまで強調されておらず、歌詞も曲調も初恋のような初々しさがあります。①キーがそこまで高くない②福山さんの歌が合いにくい人でも比較的マッチしやすい(と私が考えた)といった理由で、今回、この楽曲を取り上げました。



 さて、『Message』についてですが、【地声最低音】mid1C#(C#3)~【地声最高音】mid2E(E4)で歌メロディーが構成されております。おおよそ、一般的な男性の音域の範囲内です。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音mid2Eはサビで多く登場します。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内ですが、登場回数としてはかなり多めです、。場合によっては少しキーを調整してもよいです。一方で、原曲キーでもチャレンジしやすいのではないかと思います。少しずつ歌い慣れてください。
 ちなみに、Cメロのフェイクでmid2F#が一度登場します。ここは慣れないうちは無理して歌わなくてもよいと思います。

 『Message』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整の融通も利きやすいです。歌い慣れていない人向けの調整も可能だと思います。同曲は、福山さん特有の低音が強調されたフレーズも少なく、比較的ストレートな歌唱でも合いやすいです。
 
 同曲は、全体的に明るめの楽曲であり、福山さんのボーカルに近い歌唱をしなくても手を付けやすいです。キー自体もそこまで高くないですので、興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 銀河涼 より:

    この曲、福山さんの曲でもかなり好きです。楽なのでカラオケで疲れた時などに歌いますね。

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    私自身も好きです。
    『桜坂』とかが自分にはあまり合わなくて
    探したら、この曲が見つかりました。
    歌い慣れた人には結構使いやすい曲ですよね。

  3. 銀河涼 より:

    >>2
    福山さんの他の曲ですと『melody』や『it’s only love』も歌いやすいですね。私は最近(といってもここ10年くらい)の曲よりも、90年代に出してる曲が好きです笑

  4. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>3
    分かります。その辺りも比較的取っ付きやすいですね。
    90年代半ば辺りのブレイク期の福山さんは
    比較的普遍性のあるポップなナンバーが見られた気がします。
    00年代前後以降、低音域が意識された作風が増えましたよね。

  5. レオ より:

    ONE OK ROCKの
    「cry out」

    「アンサイズニア」の調査をお願いしたいです!