スポンサーリンク
カテゴリー

『透明声彩』(YuNi)の音域

こんにちは。今回はYuNi(ユニ)さんの『透明声彩』(2018)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。ちなみに、当ブログでバーチャルYouTuberの楽曲を取り上げるのは今回が初めてとなります。


『透明声彩』(YuNi)、Toumei Seisai(YuNi)
『透明声彩』(YuNi)









【地声最低音】mid2C(C4) 

★単純m2C[な][と]ばがこC[ぼ][た]【Aメロ】

★誰かの身体 m2C[う][かした]【Bメロ】

※この場面以外も多く登場します。

【地声最高音】hiC(C5)  

★未hiC[完]hiB[せ]hiA[い]な感A[情]【Bメロ】
★世hiC[界中がみ]hiB[か]hiA[じゃ]ないA[か]【サビ】

※サビではhiCの地声が頻出です


【裏声最高音】hiD(D5) 

★孤hiC地[独ない]hiD裏[の]hiB[ち]C地[で] B[い]C地[ま]【サビ】


 まず、YuNi(ユニ)さんについて少し説明します。YuNiさんは2018年より活動するバーチャルYouTuberです。当初は”歌ってみた”などの投稿をしておりましたが、同年に初のオリジナル曲『透明声彩』をリリースし、人気を博します。2919年には、シングル曲『ココロノック』がアニメ『宇崎ちゃんは遊びたい!』のエンディングテーマ曲に起用され、更に、2020年末には、トイズファクトリーからメジャーデビューも決定しました。トイズファクトリーはミスチルやバンプ、ユニゾン、Eveさんなどが所属しております。
 YuNiさん自身は、「世界初バーチャルシンガー(Vsinger)」とも言われておりますが、これは音楽を中心に据えて活動する初のVtuberということではないかと思います。私自身は、『花は幻』という楽曲も非常に気に入りました。今後の活躍が期待されるVTuber歌手であります。

___

 さて、『透明声彩』(とうめいせいさい)についてです。この楽曲は、2018年にVTuberのYuNiさんによりリリースされたシングル作品です。YuNiさん初のオリジナル作品となります。作詞作曲アレンジをトラックメイカーのYUC’e(ゆーしえ)さんが務めております。YU’Ceさんは『化物語』『アイカツ!』の公式リミックスも担当し、ゲームの歌唱曲なども提供しております。公開されたMVは2020年12月現在、260万回もの再生回数を記録しています。


 『透明声彩』はアップテンポのデジタルポップナンバーです。歌メロはAメロBメロサビと馴染みやすい形になっております。歌メロの音域はそこまで広くありません。ただ、キー自体は低くないですので、音域が広くない分、サビで中高音域が頻出します。よって、原キーの場合は中高音域をしっかり歌いこなすが求められるといえます。キーが広くない分、キー調整はしやすいです。



 さて、『透明声彩』の音域についてですが、【地声最低音】mid2C(C4)~【地声最高音】hiC(C5)、【裏声最高音】hiD(D5)で歌メロディーが構成されております。一般的な女性の音域の範囲内といえます。

 まず、地声最高音hiCはサビで多く登場します。この辺りは一般的な女性のお音域の範囲内であります。hiCの登場回数としてはサビを中心に多めになりますので、人によっては少しキーを下げた方が歌いやすいかもしれません。

 『透明声彩』は音域自体はそこまで広くなく、キー調整はしやすいです。最高音自体もそこまで高くないですので、歌い慣れていない人向けの調整も可能です。私なりの分析ですが、練習曲としては使いやすいです。
 一方で、Bメロなどは少しリズムが取りにくいですので、しっかり聴き込んでおくとよいです。私自身YuNiさんの作品をいくつか視聴してみたのですが、YuNiさんの人気作のなかで、この『透明声彩』は比較的手を付けやすいのではないかと思います。アレンジも明るめですので、カラオケなどでも歌いやすいと思います。興味を持たれた方はチャレンジしてみてください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする