スポンサーリンク
カテゴリー

『死ぬのがいいわ』(藤井風)の音域

こんにちは。今回は藤井風さんの『死ぬのがいいわ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。
 
 当ブログで、藤井風さんの楽曲を取り上げるのは、『優しさ』(過去記事)を取り上げて以来、2回目となります。


『死ぬのがいいわ』(藤井風)、Shinu noga Iiwa(Kaze Fujii) 
『死ぬのがいいわ』(藤井風)









【地声最低音】lowF#(F#3) 

★飲ませていただき lowG#[Mon][day]lowF#【Aメロ】
★あなたとこのままおサラバするよlowG[り]【前半サビ】

lowF#[Yeah] I ain’t nothin but ya lowG#[ba][by]F#【2番Aメロ】

【地声最高音】mid2G(G4)  

m2E[わ]m2G[た][し]E[さ]いごは E[あ]G[な][た]E[い]【後半サビ】

※同曲は【楽曲前半のサビ】から【後半のサビ】でキーが1オクターブ変化


【裏声最高音】hiB(B4) 

★死ぬのm2E[が]hiB裏[い]hiA[い]E[わ]【後半サビ】

※後半サビのコーラスでは裏声hiDが登場します。


 まず、『死ぬのがいいわ』についてです。この楽曲は、2020年に男性シンガーソングライターの藤井風さんによりリリースされたアルバム『HELP EVER HURT NEVER』に収録されております。アルバムの1曲ですが、リード曲などではありません。

 余談ですが、J-POPのシングル曲やアルバムのリード曲は歌唱難易度が高めになりがちで、特にキーが高くなりやすいです。
 そうした中で、リード曲でないアルバム曲やカップリング曲は、キーが高くなく歌の練習などに使いやすいことも多いです(逆にアルバム曲が難しくなる歌手もいます)。歌の練習をする際、アルバムの目立たない1曲等を選択肢に入れてみてもよいと思います。

 さて、『死ぬのがいいわ』はミディアムテンポのR&Bナンバーです。トラップビートが用いられており、歌メロもリズミカルです。
 歌メロのキーについてですが、楽曲の前半はかなり低めのキーで歌メロが展開されます。楽曲の後半からは、サビのキーが1オクターブ上がります。厳密には違うと思うのですが、ニュアンスとしては、Vaundyさんの『不可幸力』のような楽曲構成と近いです。




 さて、『死ぬのがいいわ』の音域についてですが、【地声最低音】lowF#(F#3)~【地声最高音】mid2G(G4)、【裏声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。とりわけ低音部分が一般的な男性と比べて低いです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音lowF#はAメロで複数回登場します。lowF#辺りは一般的な男性の音域よりもかなり低めであり、楽曲の特性上、ここを避けることも難しいです。少しずつ練習を重ねてください。同曲は、楽曲開始から2分半位まで低音が何度も登場します。よって、低音域の練習には良い教材だと思います。
 低音域が苦手な男性や、女性は1オクターブ上を歌うのも選択肢です(原曲のニュアンスと変化する点は目を瞑ってください)。

 一方、地声最高音mid2Gは後半のサビで多く登場します。ラストのサビだけの登場ですので回数は多くないです。この辺りは一般的な男性の音域の範囲内といえますので、少しずつ練習を重ねてください。高音が苦手な方は少しキーを下げても良いです。

 『死ぬのがいいわ』は音域自体が広めであり、特に低音部分が低いため、キー下げの余地は殆どありません。キー調整をする際は、高音が苦手かつ低音が得意な方が、微調整するといった形になるのではないかと思います。
 難易度自体が高いわけではないと思いますが、低音部分の目立つ前半と、中高音域の後半でパートが分かれるため、初心者には少し手を付けにくく、ビギナーの練習曲としてもあまり向かないと思います。私なりの印象としては、低音域が得意な方などはお奨めしやすいです。また、低音域に絞って練習するというのもよいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. やま より:

    お疲れ様です。
    とてもオシャレな楽曲ですね!最低音付近は急降下する感じなんですね!初めて聞きましたが、早速ハマりましたw
    最近は、この藤井風さんや優里さん、ネット発アーティストの活躍がすごいですよね笑
    両親は無名だったアーティストがサブスク等から有名になっていることを受けて、近年でJ-POPがめちゃくちゃ変わったことに感心してます笑
    長文失礼しました。

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    コメントありがとうございます。
    藤井風さんカッコいいですよね。
    まだ、取り上げた曲数が少ないですので
    また取り上げたいです。
    ホントにここ3年位はヒットの形が凄く変わったように感じます。
    ストリーミングの普及が大きな要因ですが、
    その他に、ライブが出来ないという影響もあるかもしれません。
    これからも色んなヒットが生まれそうで、楽しみです。