スポンサーリンク
カテゴリー

『Salamander』(ELLEGARDEN)の音域

こんにちは。今回はELLEGARDENの『Salamander』(2006)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回は自選曲です。


『Salamander』(ELLEGARDEN)
『Salamander』(ELLEGARDEN)









【地声最低音】mid1D(D3) 

m1D[Just] make it loud D[Just] make it loud【Aメロ】

※m1Fにも聞こえるのですが、今のところm1Dとしておきます

【地声最高音】hiA(A4)  

hiA[Just] m2G[let]m2F[it] hiC裏[slide] 【サビ】
hiAm2G[Wa][sting] m2FG[ti--me]
hiA[Just] m2G[keep] m2F[it] goin’ F[and] GF[go][in’]
★ (And just let it slide) hiA[yeah]

※サビで頻出


【裏声最高音】hiC(C5) 

hiA[Just] m2G[let]m2F[it] hiC裏[slide] 【サビ】

※サビで複数回登場


【補足】mid2Emid2F辺りを含むフレーズ

★Now I m2E[hear] m2F[it] snows【Cメロ】


 まず、『Salamander』(サラマンダー)についてです。この楽曲は、2006年にロックバンドELLEGARDEN(エルレガーデン)によりリリースされたシングル作品です。アルバム『ELEVEN FIRE CRACKERS』に収録されております。ベストアルバムにも収録されました。ELLEGARDENの作品の中でも人気の1曲です。
 この『Salamander』および、『ELEVEN FIRE CRACKERS』を最後に、エルレは約10年間の活動休止期間に入ります。両者ともエルレの最高売上を記録していたシングル・アルバムだけに人気が絶頂の中での休止となりました。

 『Salamander』はアップテンポのハードコア・パンク曲です。歌メロはAメロサビCメロで作られ、シンプルです。ただ、同曲の歌詞は全て英語詞で書かれているため、その点でカラオケなどのハードルになるかもしれません。




 さて、『Salamander』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiA(A4)、【裏声最高音】hiC(C5)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域よりもやや高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最高音hiAはサビで、何度も繰り返し登場します。回数としては多めです。また、一般的な男性の音域よりも少し高めになります。よって、キーを2つ程度下げた方が歌いやすいです。

 『Salamander』は低音部分に余裕がり、キー調整は可能です。カラオケなどによっては最低音がmid1Fにも設定されているため、大きなキー調整に抵抗がなければ、歌い慣れていない人向けに調整することも可能だと思います。ただ、ボーカル細美武士さんのような表現をするためには、しっかり練習しておく必要があります。

 先にも述べましたが、『Salamander』は歌詞が全て英語詞であるため、その点がハードルになるかもしれません。エルレの人気曲には日本語詞が中心の曲もありますので、英語が苦手な方はそちらを検討してみてください。
 ミスチルやback number、ポルノグラフィティなどが歌いこなせる方は、原曲キーでも挑戦しやすいと思います。








スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. K より:

    こんにちは、いつも参考にさせてもらっています。
    salamanderみたいな、裏声が頻出するけど地声部分もhiAを超えてくるような曲が苦手で、段々裏声がカスカスになってきちゃうのが悩みですw
    以前取り上げられていたBUMPのアカシアとかは地声部分そんなに高くなくて割と声が出るんですがね…裏声は練習するしかないですかね??

  2. もりっしー(ブログ管理人) より:

    >>1
    普通に練習するだけじゃなくて
    「テンポを落として練習する」とか
    考えてみても良いかもです。
    私個人の経験なのですが、
    原曲のテンポだと地声裏声の転換がぎこちなくなるけど
    アカペラで少しゆっくりめに練習すると上手く出やすい
    ということがありました。
    そういうところで感覚をつかんで、原曲のテンポに少しずつ合わせていくのも
    アリだと思います。
    テンポを変えるだけで、結構歌いやすくなることがあります。