カテゴリー

『絶叫セレナーデ』( sumika ) の 音域

こんにちは。今回はsumikaの『絶叫セレナーデ』(2020)を取り上げたいと思います。よろしくお願いします。今回はリクエストによる選曲です。


『絶叫セレナーデ』(sumika)
『絶叫セレナーデ』(sumika)の音域







【地声最低音】mid1D(D3) ※歌い出しの瞬間的な音

m2D[ストップ] m1F[ま]れっ[て][わ]m2D#D[て]も]【Aメロ】
★夏m1Gm1F[フレ[ー]バー] ダンス1GF[フィ[ー]バー] ブレイク[アウト]
★渚m2Fm2D[に]揺]れてm1D2D[揺]ら]れて【2番Bメロ】


【地声最高音】hiB(B4) ※終盤で1回のみ

m2G#F#[まま]ま] G#F#hiBG#[待っ]てい[たく]ねぇ]【ラストサビ】


【補足】mid2D#(一部略)mid2G#を含むフレーズ一覧

★真夏m2Fm2D[の]よ]るには[な]って 刹那の感F[情]火花【Bメロ】
★派m2DD#[手[に]打っ]ていD#[こう]ぅ]
★(m2G#[OH] m2F#[OH] OH [OH] G#[OH] [OH] OH)【サビ】
m2D#[ヘイヘイみ]だれは[な]びになm1F#[れ]
m2D#[バンバン燃]やせm2F#m2G#[感情[を]ぉ]
m2G#F#[ステップ]ステップ][ロいm2G#[そんな]スピードじゃ
m2F#[待っ]てい[らんm2G#[ねぇ]
★Do m2D[it] Do [it] Do [it] m2F#D#[プライ]マ]ル]【2番Bメロ】
m2F#-m2ED#[波]高]く]うねりを[生み]【Dメロ】
★(リミットなら)追い越m2F#m2D#[し]て]
m2ED#[の]うの]うと m2G#F#E[の]うの]うと]じゃ]
m2D#[嫌][嫌][嫌][嫌][嫌] D#m2E[get [down]×3 [行E[こう]か]

 まず、『絶叫セレナーデ』についてです。この楽曲は、2020年にロックバンドsumikaによりリリースされたシングル作品です。配信限定のシングルとしてリリースされました。アルバムとしては、翌年に発表された『AMUSIC』に初収録されました。同アルバムには、『願い』(過去記事)『センス・オブ・ワンダー』(過去記事)、『ハイヤーグラウンド』などのシングル曲が収められております。

 さて、『絶叫セレナーデ』は、井上堅二さん原作・吉岡公威さん作画の同名漫画を原作とした実写映画『ぐらんぶる』の主題歌として書き下ろされました。ちなみに、sumikaは、同映画の挿入歌『唯風と太陽』も提供しており、両A面の配信シングルとして発表されております。


 『絶叫セレナーデ』はアップテンポのバンド曲です。バンドサウンドを中心に要所でホーンセクションなども用いられております。歌メロについては、AメロBメロサビと親しみやすい展開をしますが、一部音程が取りにくそうな場面などもある(上に表記した☆のフレーズなど)ため、カラオケでは注意したいです。作詞作曲はボーカル&ギターの片岡健太さん、編曲はsumikaと村上基さんによりなされました。

 『絶叫セレナーデ』の音域的な特徴についてです。同曲は、男性の音域としては、高めのレンジで歌メロが作られております。低音域に余地があるため、一般的には少しキーを下げた方が歌いやすいと思います。
 同曲は、全体を通してmid2D#~mid2F#(サビではmid2G#など)を中心とした中高音域が多く登場します。反面、低音については、mid1F~mid1G辺りがよく見られます(男性曲としては低音も高い)。こうしたこともあり、相対的に中高音が得意な男性の方がマッチしやすいといえます。

 ちなみに、女性が同曲を歌唱する場合、通常はキーを上げた方が歌いやすいです。今回は低音としてはmid1F辺りが複数回登場し、女性としては低音が多い印象です。原キーでも歌える人も一定数おられるかもしれませんが、一般的には原キーから2~3つ程度上げた方がより歌いやすいのではないかと私は分析しております。



 最後に『絶叫セレナーデ』の音域についてですが、【地声最低音】mid1D(D3)~【地声最高音】hiB(B4)で歌メロディーが構成されております。一般的な男性の音域と比べ、高めです。以下、見ていきます。

 まず、地声最低音mid1Dは2番Bメロで登場します。ただ、このmid1Dについては歌い出しの瞬間的な音であるため、多少音程がズレてもミスは目立ちにくいのではないかと私は推測しております。低音域としては、mid1F~mid1G辺りが比較的多く登場するため、この辺りがしっかり歌えることが低音の1つのカギになりそうです。今回は相対的に低音域が高いといえます。

 次に、地声最高音hiBはラストサビで登場します。登場回数は1回のみです。このhiBに次ぐ地声高音としては、mid2G#がピークとなる場面が全体で15回程度登場します(サビのOH OHは除く)。また、曲全体を通してmid2D#~mid2F#辺りも多く登場します。こうしたことから男性の音域としては高く、通常はキーを下げた方が歌いやすいと私は推測しました。一つの目安ですが、原曲キーから2~3つ程度下げてみてください。


 『絶叫セレナーデ』は低音域に余地があり、キー下げはしやすいです。今回の楽曲は終盤以外はmid1F~mid2G#辺りを中心にメロディーが作られております。そのため、キー調整の融通は利きやすく、歌い慣れた人であれば、ある程度自分が得意とするレンジに調整することができそうです。
 同曲は全体的にしたしやすい歌メロで作られております。一方、Bメロ⇒サビで転調が行われたり、Dメロの一部で音程が取りにくそうな場面もあります。音程などが取りにくく感じた時は注意してください。

 『絶叫セレナーデ』を原曲キーで歌唱する場合、mid2D#~mid2G#(終盤はhiB)といった中高音域をしっかり歌いこなせる力が求められます。今回は全体的にmid2D#~mid2F#辺りが多く、サビではmid2G#なども多く見られます。一方、低音域はmid1F,mid1G辺りが中心であり、男性曲としては低音が高いん消です(ただし、それなりにアップダウンがある)。
 こうしたことを踏まえると、「標準より高め~高音域が得意な男性」などが原曲キーに合いやすいと私は判断しました。ちなみに、「高音域が非常に得意な男性」についてはいくらかキーを上げるのもよいかもしれません。


【まとめ】

①AメロBメロサビと盛り上がるが、相対的に中高音が多い
②原キーだと「標準より高め~高音域が得意な男性」に合いそう
③キー調整は比較的しやすい(終盤だけは少し高く感じるかも)
④メロは比較的わかりやすいが、音程が取りにくそうな場面もあるため注意

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする